「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

5 PICS

【5 PICS・音楽⑦】あの名曲を5枚の絵にしました。曲名は?

2022.11.14

Pocket
LINEで送る

Q 5枚の絵であの名曲を表現しました。曲名は何でしょう?

まずはノーヒントで挑戦!






※答えは後日↓↓↓に掲載します。
※これらの絵はあくまでも個人的なイマジネーションであり、聴く人それぞれによって感じ方や見え方は異なります。
※このコンテンツは2022年11月11日に出題されました。

出題/解説:中野充浩
イラスト:いともこ
企画:ワイルドフラワーズ
©WILDFLOWERS INC. All rights reserved.

★答え
「翼の折れたエンジェル」中村あゆみ


福岡から単身上京し、昼は道路交通整理や貴金属店でのアルバイト、夕方は定時制の高校、夜はディスコ通いしていた中村あゆみ。そんなある日、彼女の部屋に空き巣が入る。途方に暮れて心細くなった彼女が駆け込んだ先はとある飲食店。そこにいたのがシンガーソングライターでプロデューサーの高橋研。

カラオケで何曲か歌ったところ、その独特のハスキーヴォイスに魅せられた高橋。「ロックが歌える若い女性歌手」のヴィジョンに中村が重なった瞬間だった。そして1984年9月、高校3年生の時に「Midnight Kids」でデビュー。全国のライブハウスを地道に巡る日々が始まる。そこで歌われ、次第に人気となったのが「翼の折れたエンジェル」。

この曲は18才だった中村あゆみの3枚目のシングルとして1985年4月21日にリリース。作詞作曲は高橋研。同年5月発売のセカンドアルバム『Be True』に収録。カップヌードルのCMに起用されたこともあり大ヒット。

冒頭からいきなり映像が思い浮かぶ世界観もさることながら、「13、14、15、16、17、18」と中村のハスキーヴォイスで歌われる部分があまりにも印象的。10代の儚い恋愛関係と擦り切れた感情を見事に表現していて、多くの中高生たちの心を奪った。紛れもなくエイティーズを代表する名曲。
中村あゆみオフィシャルサイト



■難解で複雑化するコンテンツ業界に、誰にでも楽しめる“超シンプル”な世界を。
5 PICSのバックナンバーはこちらから

5 PICSとは?

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

    関連記事が見つかりません

[5 PICS]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ