「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

石浦 由高

1959年神奈川県横浜市生まれ。ライター/エディター。
アメリカに遊学、「Writing(執筆学)」を修める。長年、音楽と暮らす内、時代ととも生まれた歌詞の意味を読み解くことに、尽きせぬ楽しさを覚えるという。ワイン好き。

石浦 由高 が最近聴いてるアルバム

石浦 由高 の記事一覧

TAP the ROOTS

ブルーにこんがらがって(前編)

「10年の人生を、2年かけて書き上げた曲」 ステージの上で、ディランは「Tangled Up in Blue」(「ブルーにこんがらかって」)について、そう説明し…

TAP the ROOTS

悪魔を憐れむ歌~小説から蘇った悪魔

クリーンなイメージのビートルズに対して退廃的なバッドボーイ、ストーンズという図式を決定づけた曲のひとつが「Sympathy for the Devil」(「悪魔…

TAP the ROOTS

ドライヴ~R.E.M.が切り開いた新たなロックンロール

「いわゆるパンク以前、私に響いた曲がいくつかあった。そのうちのひとつがデヴィッド・エセックスの『Rock On』だ」 R.E.M.のマイケル・スタイプは2009…

TAP the ROOTS

オールド・ラヴ~過ぎ去りし恋

1988年、エリック・クラプトンとパティ・ボイドは9年に及ぶ結婚生活に終止符を打つ。 この頃、アルバム『ジャーニー・マン』を制作していたクラプトンは友人のブルー…

TAP the ROOTS

ワンダフル・トゥナイト~酒に溺れるほどの恋

ライラという美女に恋焦がれ、酒に溺れて狂人となっていく青年カイスの物語は、12世紀のペルシャ詩人、ニザーミーの作品だ。 この物語を下敷きに、自らの恋心を歌にした…

TAP the ROOTS

ザ・リバー~絶望の淵に立つ男

「この曲は僕にとってブレイクスルーとなった。初めてのストーリー・ソングだ。それが『Nebraska』につながっていった。」 ブルースが1980年にリリースしたた…

TAP the ROOTS

ライク・ア・ローリング・ストーン/ボブ・ディラン

ボブ・ディランが1965年に発表した「Like A Rolling Stone」。 “転がる石のように”というタイトルは、「Lost Highway」という曲か…

TAP the PIC

ウィンター

静かに耳を傾けてみましょう。…

TAP the PIC

ニュー・イヤーズ・デイ

「戦場に軍隊を並べることの愚かさについて歌ったんだよ」 アイルランドのロックバンド、U2の出世作となったアルバムといえば『War』(1983年)。 これは「Ne…

TAP the PIC

ティーン・スピリット

“カートはティーン・スピリットみたいな匂いがする” ( Kurt Smells Like Teen Sprit ) ある晩、ビキニ・キルのリードボーカルだったキ…

TAP the PIC

チキンマン

昨夜、フィリーのチキンマンが爆殺された しかも奴らはそいつの家まで爆破したんだ ブルース・スプリングスティーンの「Atlantic City」は、“チキンマン&…

TAP the PIC

エルダーベリーワイン

エルダーベリーとはアジアからヨーロッパにかけて生息する木で、和名はニワトコという。 その花と実は古代ローマ時代から様々な病気に効く薬として親しまれ、発酵させると…

21 / 22<<...1819202122

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ