「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

石浦 由高

1959年神奈川県横浜市生まれ。ライター/エディター。
アメリカに遊学、「Writing(執筆学)」を修める。長年、音楽と暮らす内、時代ととも生まれた歌詞の意味を読み解くことに、尽きせぬ楽しさを覚えるという。ワイン好き。

石浦 由高 が最近聴いてるアルバム

石浦 由高 の記事一覧

TAP the ROOTS

刑務所の服役者が熱狂した絵本作家の一曲

 ジョニー・キャッシュがサン・クェンティン刑務所でライブを行ったのは、1969年の2月のことである。ナッシュヴィルはまだ冬の真っただ中にあった。 「その当時、ナ…

TAP the ROOTS

彼女の背中に永遠の愛を彫った男の歌

♪ 真実の愛はけっして消えることはない 真実の愛はけっして消えることはない。。。 ♪  ポップ・ソングの中にはさまざまな職業の主人公が登場する。  だが、タトゥ…

TAP the ROOTS

フィービ・スノウが思いを寄せた「ポエトリー・マン」とは何者だったのか

 エンターテイナーだった父メリル・ローブと、モダン・ダンスの父と呼ばれたマーサ・グレアムの舞踏団でダンサーをしていた母リリ・ローブの間に生まれたフィービ・アン・…

TAP the ROOTS

他人のために書かれた歌を見事に歌いきったブロンディの「コール・ミー」

 イタリア出身の音楽プロデューサー、ジョルジオ・モロダーは、今年で78歳になる。ジョン・レノンと同じ1940年に生まれた彼は、23歳の時、シンガーとしてデビュー…

TAP the ROOTS

ビリー・ジョエルとウィーン、そして父の言葉

♪ スピードを落とすんだ   クレイジー・チャイルド   青春特有の野心がみえみえだ   それに、それほど利口だというのなら   何故に、それほど怯えてるんだい…

TAP the ROOTS

「ピアノマン」の舞台となったとあるバーの物語

 1971年に発表したファースト・アルバム『コールド・スプリング・ハーバー』は失敗だった。ビリー・ジョエルは失意に沈み、鬱になり、マネージャーだったエリザベス・…

TAP the ROOTS

自由を愛し、俳優やミュージシャンに愛されたレストランで生まれたイーグルスの「至上の愛」

 サンタモニカ・ブールヴァード沿いにあるそのレストランは、ダン・タナスという。ダン・タナの店、という意味だ。  ダン・タナスは、イーグルスが『オン・ザ・ボーダー…

TAP the ROOTS

人間性を奪われることへの怒りを歌ったホージア

♪ 教会に連れていってくれ 君の嘘の神殿で 僕は犬のように崇拝するだろう 僕は自分の罪を口にし 君はそのナイフを研ぐのだ ♪ 「大人になっていく過程の中で、僕は…

TAP the ROOTS

スプリングスティーンとサッカーの本田圭佑を結ぶひとつのキーワード

 2012年3月6日に発売されたブルース・スプリングスティーンの17作目となるアルバム「レッキング・ボール」は、その年のローリング・ストーン誌のベスト・アルバム…

TAP the ROOTS

ヒッピーの聖地へと向かう途中で生まれたレッド・ツェッペリンの「カシミール」

「私のお気に入りの1曲だ。詩的に、とてもポジティヴな歌だ」  ロバート・プラントはレッド・ツェッペリンが1975年に発表した「フィジカル・グラフィティ」に収録さ…

TAP the ROOTS

「幻惑されて」に幻惑されたレッド・ツェッペリン

 2010年、ひとりの男がジミー・ペイジを提訴した。レッド・ツェッペリンのファースト・アルバムに収録され、初期の代表曲となった「幻惑されて」が、彼の権利を侵害し…

TAP the ROOTS

ロバート・プラントのブルースマンへの愛がつまった「胸いっぱいの愛を」

 ロバート・プラントの父親が何故、ティーネイジャーになったばかりの息子をクラブに連れていったのかはわからない。だがそれは、1960年代初頭の話で、ロバートはそこ…

5 / 21<<...34567...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ