「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

中野 充浩

中野充浩(なかの みつひろ)
「コンテンツ/メディア開発プロデューサー」「事業開発プロデューサー」「東京ポップカルチャー研究家」「都市生活コラムニスト」
文筆家/編集者/企画家/脚本家/作詞家/コピーライター/選曲家

●著書に『デスペラード』(1995年/ソニー・マガジンズ)、『バブル80'sという時代 1983-1994TOKYO』(1997年/アスペクト)、『うたのチカラ』(2014年/集英社)、脚本に『となりのボブ・マーリィ』(1995年/東映)など。

1968年神戸市生まれ、大阪と東京で育つ。1989年、学生時代より文筆家として活動。同世代のライフスタイルに関するノンフィクション・コラム・エッセイを数多くの雑誌で企画・取材・執筆。
・『PLAYBOY日本版』『週刊プレイボーイ』『BART』(集英社)
・『POPEYE』(マガジンハウス)
・『Esquire日本版』『i-D JAPAN』(UPU)
・『バァフアウト!』(ブラウンズブックス)ほか
他に短編小説、映画・TVドラマ・Vシネマの脚本(東映ほか)、ラジオ番組の企画構成やナビゲーター(J-Wave)など。

2000年より10年間、出版社の編集部/広告部、メディア系ベンチャーに勤務。編集者、メディア開発やコンテンツ企画のプロデューサーとして活動。
主な仕事(一部業務委託)
・フリーマガジン/カスタム出版の開発監修
「デジマガ」(マツモトキヨシ) *フリーマガジンの草分け
「めざましマガジン」(フジテレビ) *業界初番組連動
「ジョイーレ」(ユニマット)
「ポケメロJOYSOUND」(エクシング)
「R25」(スターアライアンス)ほか
・デジタルサイネージ型店舗設置メディアの開発運営とコンテンツの企画監修(マツモトキヨシ/ローソン/ガスト)
・コンビニと連動した新雑誌の開発監修(角川書店)
・ティーン向けファッション誌の編集(英知出版)
・モバイルコンテンツの企画編集(角川書店)
・クロスメディア広告の営業企画(主婦の友社/リクルート)
・ナイトスポット連動型ファッションショーの企画運営(主婦の友社)
・公開オーディションイベントの企画運営と総合プロデュース(ローソン)

2010年より良質な音楽や映画を紹介するWebメディア『TAP the POP』『Music Imidas』の運営及び1000本以上のコラムを執筆。また、雑誌・書籍での執筆、プロジェクト単位で事業開発や企画プロデュース業務を行う。

2020年からは「マンガで遊ぶ」をテーマにした日本発の新たなポップカルチャー事業、日本の未来を担う全国の高校生世代に向けた「お金×EdTech」事業を始動。また、中小企業やベンチャー企業のブランディング活動も行う。「自分(たち)の畑を耕して作物を実らせる」領域と「他社の畑に出向いて作物を実らせる」領域を往復する日々。

●note(コラム・エッセイ・小説)
https://note.com/neuromancer

★お知らせ
*Webマガジン『Tokyo Wise』で「Tokyo Pop Culture Graffiti〜Tokyoに描かれた時代と世代の物語 1983-2015」を連載中。
http://tokyowise.jp/category/rensai/tokyopopculture

*『TAP the POP』で「TAP the SCENE〜評論はしない。大切な人に好きな映画について話したい」を連載中。
http://www.tapthepop.net/category/scene

*日本テレビ『教師役の陣内孝則が推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ』監修・出演(2019年8月/2020年5月再放送)

*日本テレビ『角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ』監修協力・出演(2020年8月)

【事業開発分野】
日本発ポップカルチャー事業の開拓、キャリア教育/金融教育の改革、EdTech及びeラーニングの活性、それに伴う人財の発掘と育成、東京と地方間・企業間シナジーの創出、子と親から考える日本の親孝行(cotooya*商標登録)など。

【企画プロデュース分野】
Webメディア/ブログ、オウンドメディア/会員制メディア、デジタル/動画コンテンツ、ソーシャルメディア/ライブ配信、プラットフォーム/スマホアプリ、雑誌/フリーマガジン、出版物/印刷物、書籍/コミック、テレビ/ラジオ番組、映画/ドラマ、イベント/講演、空間/店舗活用、キャラクター/グッズ、商品開発/ゲーム開発、企業/店舗ブランディング、SNSインフルエンサー/全国高校生マーケティング、人財紹介/プロジェクトチーム編成など。

【執筆分野】
1980〜2010年代の東京の都市文化・若者文化・ポップカルチャー全般及びその変遷、世代と時代と東京の関わり、バブル世代や高校生の動向をはじめ、洋楽・洋画・TVドラマ・ベンチャー企業・人財採用・都市生活・ステップファミリーにも詳しい。他に小説や脚本、漫画や絵本の原作など。

********************************************
お仕事の依頼・相談、取材・出演に関するお問い合わせはこちらまで
nakano@tapthepop.net
********************************************

*『TAP the POP』での中野充浩による音楽・映画・書籍に関するコラムやデータ記事はこちらから。1000本以上配信中!!
↓ ↓ ↓

中野 充浩 が最近聴いてるアルバム

中野 充浩 の記事一覧

TAP the SCENE

コットンクラブ〜ギャングが経営した伝説のナイトクラブとジャズを描くコッポラ監督作品

フランシス・フォード・コッポラ監督の『コットンクラブ』(The Cotton Club/1984)は、1920年代後半から30年代前半にかけて人気を誇った伝説の…

TAP the BOOK

イアン・スチュワートが亡くなった時にキースが贈った言葉〜キース・リチャーズ語録②

前回の【キース・リチャーズ語録①〜バンドを去ったミック・テイラーに届いたキースからの電報】に続くキースの名言集第2弾。 ロックスターのイメージを創り上げた男の人…

TAP the BOOK

バンドを去ったミック・テイラーに届いたキースからの電報〜キース・リチャーズ語録①

キース・リチャーズの自伝本『ライフ』は、ツアー中のドライブ途中で起こる警察とのいざこざや裁判沙汰で幕開く。ミュージシャンのバイオグラフィーの始まりとしては画期的…

TAP the SCENE

エド・ウッド〜“史上最悪の監督”が撮った“史上最低の映画”が素晴らしい

長い映画の世界では「永遠の名作」や「最高傑作」と称される作品が時々生まれるが、一方で「観る価値もない駄作」「史上最低」と呼ばれるものも数多く作られてきた。大根役…

TAP the SCENE

スカーフェイス〜ラッパーたちの間でバイブル化したトニー・モンタナの壮絶な生き様

公開当時は興行成績や評価から見放されたにもかかわらず、時間の経過とともにカルト的な人気を確立する作品がある。有名なところでは『ブレードランナー』などはその最たる…

TAP the SCENE

Dearダニー 君へのうた〜43年遅れで届いたジョン・レノンからの手紙

1980年12月8日、ジョン・レノンが亡くなった。享年40。前人未到の「40代のロックスター」として精力的な活動が注目された矢先の悲劇は、世界中に衝撃が走った。…

Extra便

ジョン・レノンが亡くなる数時間前に最後の写真を撮っていたアニー・リーボヴィッツ

アニー・リーボヴィッツ──彼女の名前を聞いて一体何を思い浮かべるだろう? あらゆるミュージシャンの表情をとらえたロックなカメラマン。 映画スターや経済人たちセレ…

TAP the SCENE

グッド・ウィル・ハンティング〜ビート世代の風景を受け継いだガス・ヴァン・サント監督作

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(Good Will Hunting/1997)には忘れられないシーンが3つある。 一つはエンドロールに映る真っ直ぐに伸…

TAP the SCENE

シザーハンズ〜ティム・バートン監督の孤独な思春期が投影されたストレンジ・ワールド

1990年に、リスペクトしていたカルト・ムービーの帝王ジョン・ウォーターズの『クライ・ベイビー』で映画初主演となっジョニー・デップ。同年にはもう一つ、彼のキャリ…

TAP the STORY

ロイ・オービソン〜泣いた男たちの果樹園

「どっちにしても君は歌が下手だし、弱々しい声だから、聴衆がよく聞こえるようにマイクに近づいて歌うことだな」 デビューのきっかけとなったサンレコードを辞めて他のレ…

Extra便

ロイ・オービソン〜“ビッグ・オー”と永遠の少年たち

「1975年に『Born To Run』を作るためにスタジオ入りした時、僕はボブ・ディランのような詩を書き、フィル・スペクターのようなサウンドを作り、デュアン・…

TAP the SCENE

アマデウス〜 衝撃の告白「モーツァルトを殺したのは私だ。あいつは私の憧れだった」

クラシック音楽の話題を口に出すと、上品だとか教養だとかいまだにそんな印象を持っている人が意外に多い。ピアノやバレエを子供に無理矢理習わせるというのもこれに近いと…

5 / 85<<...34567...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ