中野 充浩

文筆家/編集者/脚本家/プロデューサー

1989年、学生時代より文筆家として活動。小説やエッセイ、同世代に関するノンフィクションやコラムを雑誌で執筆。映画やドラマの脚本、番組の企画構成なども手掛ける。2000年より10年間出版社の編集部/広告部に勤務。現在は、企画プロデュース集団/コンテンツファクトリーを立ち上げ準備中。

主な著書に『デスペラード』(1995年)、『バブル80'sという時代』(1997年)、『うたのチカラ』(2014年)など。

【お知らせ】
*Webマガジン『Tokyo Wise』にて、「Tokyo Pop Culture Graffiti〜Tokyoに描かれた時代と世代の物語 1983-2015」を連載中。
http://tokyowise.jp/category/rensai/tokyopopculture

【企画/プロデュース分野】
Web及びデジタルメディア/コンテンツ、スマホアプリ、雑誌/フリーマガジン、書籍/絵本/コミック、映像/動画、TV/ラジオ番組、ゲーム、雑貨、キャラクター、ビジュアルデザイン、イベント/ワークショップ、企業制作物/カスタム出版、広告/マーケティング、社会貢献性の高い新規事業など。

【執筆/創作分野】
東京80〜10年代周辺のポップカルチャー全般、世代と時代と東京の検証、高校生文化、自身世代動向、音楽と映画と文学、メディア、小説、エッセイ、トラベローグ、ノンフィクション、脚本、作詞など。

お仕事の依頼はTAP the POPまで
info@tapthepop.net

中野 充浩 が最近聴いてるアルバム

中野 充浩 の記事一覧

TAP the SCENE

歌え! ロレッタ愛のために〜シシー・スペイセクがロレッタ・リンを演じた音楽映画の名作

ミュージシャンや歌手の人生を扱った映画の中でも、『歌え!ロレッタ愛のために』(Coal Miner’s Daughter/1980)は特に有名で名作…

TAP the COLOR

12月のナンバーワンアルバム②〜AC/DC/スヌープ・ドッグほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第225回〜BROWN〜 1990年代以降、ビルボードのアルバムチャ…

TAP the BOOK

イアン・スチュワートが亡くなった時にキースが贈った言葉〜キース・リチャーズ語録②

前回の【キース・リチャーズ語録①〜バンドを去ったミック・テイラーに届いたキースからの電報】に続くキースの名言集第2弾。 ロックスターのイメージを創り上げた男の人…

TAP the SCENE

アリ〜マルコム・Xやサム・クックに鼓動したモハメド・アリ

2016年6月3日、74歳で亡くなったモハメド・アリ。ボクサーでありながら、スポーツの域を超えて多くの人々に勇気を与えてリスペクトされた男。彼の人生を描いた本や…

TAP the BOOK

バンドを去ったミック・テイラーに届いたキースからの電報〜キース・リチャーズ語録①

キース・リチャーズの自伝本『ライフ』は、ツアー中のドライブ途中で起こる警察とのいざこざや裁判沙汰で幕開く。ミュージシャンのバイオグラフィーの始まりとしては画期的…

TAP the SCENE

リアリティ・バイツ〜“厳しい現実”と直面したX世代と忘れ得ぬ名曲「Stay」

1991年に刊行された『ジェネレーションX〜加速された文化のための物語たち』は、1961年生まれのカナダ人作家ダグラス・クープランドによる小説で、欧米のポップカ…

TAP the CHART

ビング・クロスビーがNo.1ヒットを連発した1944年、グレン・ミラー逝く

「TAP the CHART」第95回は、1944年を取り上げます。まずはシングルの年間チャートTOP 20から。 【1944年のBillboard年間チャート…

Extra便

ジョン・レノンが亡くなる数時間前に最後の写真を撮っていたアニー・リーボヴィッツ

アニー・リーボヴィッツ──彼女の名前を聞いて一体何を思い浮かべるだろう? あらゆるミュージシャンの表情をとらえたロックなカメラマン。 映画スターや経済人たちセレ…

TAP the SCENE

ロード・トゥ・メンフィス〜伝説のブルーズマンたちの帰郷

2003年。アメリカでは「BLUES生誕100年」と称して、CD・書籍・番組・ラジオ・コンサートといったメディアミックスを通じて“魂の音楽”を伝えるプロジェクト…

TAP the SCENE

ワイルド・スタイル〜HIP HOPの原風景が描かれた伝説のマスターピース

ある音楽ジャンルの歴史を人間の年齢に例えた場合、今のロックは、すでに60歳を過ぎて間もなく年金生活の仲間入りといったところだろうか。1950年代半ばに産声を上げ…

TAP the SCENE

デビルズ・ファイヤー〜“悪魔の音楽”と言われたBLUESの魔力とは?

2003年。アメリカでは「BLUES生誕100年」と称して、CD・書籍・番組・ラジオ・コンサートといったメディアミックスを通じて“魂の音楽”を伝えるプロジェクト…

TAP the SCENE

ザ・エージェント〜ある日突然会社を解雇されたエリートが生きる歓びを感じて口ずさんだ歌とは?

もしも今勤めている会社を突然解雇されたら、あなたならどうするか? もしも高給な仕事に就き、毎日金儲けやビジネスのことばかり考えていたのに、ある日突然すべてを奪わ…

TAP the STORY

ロイ・オービソン〜泣いた男たちの果樹園

「どっちにしても君は歌が下手だし、弱々しい声だから、聴衆がよく聞こえるようにマイクに近づいて歌うことだな」 デビューのきっかけとなったサンレコードを辞めて他のレ…

TAP the COLOR

12月に去ったレジェンド①〜ロイ・オービソン/ジョン・レノンほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第224回 12月になると、むしょうにジョンやビッグ・オーの歌声が聴…

TAP the COLOR

12月のナンバーワンアルバム①〜ハート/ノー・ダウトほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第223回〜RED〜 1990年代以降、ビルボードのアルバムチャート…

TAP the SCENE

ゴッドファーザー&サン〜BLUESがルーツ(根)でそれ以外はすべてフルーツ(果実)だ

2003年。アメリカでは「BLUES生誕100年」と称して、CD・書籍・番組・ラジオ・コンサートといったメディアミックスを通じて“魂の音楽”を伝えるプロジェクト…

TAP the SCENE

ベルベット・ゴールドマイン〜マーク・ボランやデヴィッド・ボウイがいたグラマラスな日々

1971年のロンドン。それまでのヒッピー時代への決別の意を込めてエスニックな衣装を脱ぎ捨てたマーク・ボランは、サテンやラメの衣装に身を包んでフォーク音楽から転換…

TAP the SCENE

アマデウス〜 衝撃の告白「モーツァルトを殺したのは私だ。あいつは私の憧れだった」

クラシック音楽の話題を口に出すと、上品だとか教養だとかいまだにそんな印象を持っている人が意外に多い。ピアノやバレエを子供に無理矢理習わせるというのもこれに近いと…

TAP the SCENE

レッド、ホワイト&ブルース〜アメリカで葬られたBLUESが60年代にイギリスで蘇った

2003年。アメリカでは「BLUES生誕100年」と称して、CD・書籍・番組・ラジオ・コンサートといったメディアミックスを通じて“魂の音楽”を伝えるプロジェクト…

Extra便

アルバム復活の時代は来るのか?〜世界のベストセラーアルバムリスト

今年初旬のグラミー賞の授賞式でプリンスが「“アルバム”って覚えてる?」と皮肉を放って歓声と拍手を浴びていたが、前回のコラム【アデルの輝きと歌の力──時代を超えた…

スポンサーリンク

5 / 32<<...34567...>>
Pagetop ↑