「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

中野 充浩

「東京ポップカルチャー研究家」「都市生活コラムニスト」「事業開発プロデューサー」
文筆家/編集者/脚本家/作詞家/コピーライター/選曲家

中野充浩(なかの みつひろ)
1968年神戸市生まれ、大阪と東京で育つ。1989年、学生時代より文筆家として活動。同世代に関するノンフィクション・コラム・エッセイを、『PLAYBOY日本版』『週刊プレイボーイ』『BART』(集英社)『ポパイ』(マガジンハウス)『エスクァイア日本版』『i-Dジャパン』(UPU)『バァフアウト!』(ブラウンズブックス)などの雑誌で執筆。短編小説、映画・TVドラマ・Vシネマの脚本(東映ほか)、ラジオ番組の企画構成(J-Wave)なども手掛ける。

2000年より10年間、出版社の編集部/広告部、メディア系ベンチャーに勤務(一部業務委託)。主な仕事にフリーマガジン/カスタム出版の開発監修(マツモトキヨシ*フリーマガジンの草分け「デジマガ」/フジテレビ*業界初番組連動「めざましマガジン」/ユニマット)、デジタルサイネージ型店舗設置メディアとコンテンツの開発運営(マツモトキヨシ/ローソン/ガスト)、新雑誌の開発制作(角川書店)、クロスメディア広告の営業企画(主婦の友社/リクルート)、ナイトスポット連動型ファッションショーや公開オーディションイベントの企画運営(主婦の友社/ローソン)など。

現在はWebメディアの運営や雑誌・書籍での執筆・編集のほか、プロジェクト単位で事業開発や企画プロデュース業務を行う。また、日本の未来を担う全国の高校生世代に向けた新しいタイプの教育事業を始動。

●著書に『デスペラード』(1995年/ソニー・マガジンズ)、『バブル80'sという時代』(1997年/アスペクト)、『うたのチカラ』(2014年/集英社)、脚本に『となりのボブ・マーリィ』(1995年/東映)など。

●note
https://note.com/neuromancer

★お知らせ
*Webマガジン『Tokyo Wise』にて、「Tokyo Pop Culture Graffiti〜Tokyoに描かれた時代と世代の物語 1983-2015」を連載中。
http://tokyowise.jp/category/rensai/tokyopopculture

*日本テレビ『教師役の陣内孝則が推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ』監修・出演(2019年8月/2020年5月再放送)

【事業開発分野】
キャリア教育/金融教育の改革、EdTech及びeラーニングの活性、それに伴う人財の発掘と育成、東京と地方間・企業間シナジーの創出、子と親から考える日本の親孝行(cotooya*商標登録)など。

【企画プロデュース分野】
Webメディア/会員制メディア、企業/店舗ブランディング、ティーン/中高生マーケティング、イベント/講演、キャラクター/グッズ、商品開発/店舗設計、雑誌/フリーマガジン、書籍/コミック、映像/動画、テレビ/ラジオ番組など。

【執筆分野】
1980〜2010年代の東京の都市文化・若者文化・ポップカルチャー全般及びその変遷、世代と時代と東京の関わり、バブル世代や高校生の動向をはじめ、洋楽・洋画・TVドラマ・ベンチャー企業・都市生活・ステップファミリーにも詳しい。他に小説や脚本、漫画や絵本の原作など。

********************************************
お仕事の依頼、取材・出演の依頼はこちらまで
nakano@tapthepop.net

中野 充浩 が最近聴いてるアルバム

中野 充浩 の記事一覧

TAP the SCENE

メランコリア〜地球に異常接近する巨大惑星と世界が終わりを告げる時

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』や『アンチクライスト』など、今やデンマークが世界に誇る巨匠となった映画作家ラース・フォン・トリアー。そんな彼が自らの鬱体験を含みな…

TAP the SCENE

ペーパー・ムーン〜9才のテータム・オニールが父親と共演したロードムービーの名作

『ラスト・ショー』(1971)や『おかしなおかしな大追跡』(1972)で成功を収めたピーター・ボグダノヴィッチ監督のもとには、ハリウッドからの仕事が殺到していた…

TAP the SCENE

ジャージー・ボーイズ〜音楽への愛に満ち溢れた「君の瞳に恋してる」

「絆」とか「友情」という言葉をよく耳にする。しかし口にするのは簡単で、実際に深刻なトラブルに見舞われた時、そんな台詞を交わした当人たちには亀裂が生じることがほと…

TAP the SCENE

ナイト・オン・ザ・プラネット〜トム・ウェイツの歌声が心地いいジム・ジャームッシュ作品

ジム・ジャームッシュ監督の長編第5作となった『ナイト・オン・ザ・プラネット』(NIGHT ON EARTH/1992)のエンドクレジットには、トム・ウェイツの「…

TAP the SCENE

バニシング・ポイント〜スピードに取り憑かれた男たちは、いつも人のために嘆こうとした

スピードに取り憑かれた男たちがいる。真っ先に思い出すのは、アイルトン・セナ。自動車レースの最高峰F1を「感動的な人生ドラマ」に変えた人。有名なのは、過去のチャン…

Extra便

売れ始めても英雄マディ・ウォーターズの使いっ走りをやめなかったピーター・ウルフ

12歳の時、52丁目の伝説的ジャズ・クラブ「バードランド」に入り浸るようになったんだ。あの頃は18歳以上の付き添いが一人いれば、その手の店でも平気で入れた。俺は…

Extra便

農園で働く男はロバート・ジョンソンの代わりに録音して“マディ・ウォーターズ”になった

それは1941年の8月31日の日曜日のこと──ワシントンDCの国会図書館でフォークソング記録の管理をしていた民俗学者アラン・ロマックスは、朝早く何の予告も抜きで…

TAP the STORY

ジョージ・ジョーンズ〜ディランもキースも愛した史上最高のカントリー歌手

人生には様々な試練と直面する機会がある。人は愚かにもそれを繰り返す。あるいは避けられない出来事も用意されている。しかし、逆境を糧にし、どこかにささやかな希望を見…

TAP the SCENE

ラウンド・ミッドナイト〜酒と煙草と真夜中のモダン・ジャズ

20世紀の幕開けと共に生まれ、それまで陽気なダンス・ミュージックだったジャズが、1940年代のビ・バップ登場によって鑑賞芸術となり、以降〜1960年代までジャズ…

TAP the SCENE

マンハッタン〜ウディ・アレンは「音楽一つで都会の表情が変わる」ことを教えてくれた

ウディ・アレンの映画を観るといつも感じることがある。都会で暮らしていることがちょっとだけ嬉しくなるのだ。 と言ってもウディ自身が「不必要な精神問題を次々と作り出…

TAP the SCENE

ビッグ・ウェンズデー〜人生で大切なものを失ったことがある人たちへ

生きていれば誰もに十代という日々があるように、生きていれば誰もが年を重ねながらその意味を少しずつ知っていく。何か大切なものを失いながら。避けがたい何かと直面しな…

TAP the SCENE

パープル・レイン〜真のスーパースター誕生の瞬間を描いたプリンスの自伝的映画

2016年はデヴィッド・ボウイやイーグルスのグレン・フライなど大物ミュージシャンが相次いで亡くなったが、その度に彼らの過去の代表作やベスト盤を購入する人が多かっ…

5 / 85<<...34567...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ