佐藤 剛

1952年岩手県盛岡市生まれ、宮城県仙台市育ち。プロデューサー/作家。
音楽業界誌『ミュージック・ラボ』を経て、1977年から86年の解散まで甲斐バンドのマネージメントを行う。
その後にTHE BOOM、プライベーツ、宮沢和史、喜納昌吉とチャンプルーズ、ヒートウェイヴ、中村一義、有里知花、スーパーバタードッグ、ハナレグミ、小野リサ、由紀さおり、マルシアなどをプロデュース。
舞台「久世光彦 マイ・ラスト・ソング~あなたは最後に何を聞きたいか~」、「Sing with TORIRO 三木鶏郎と異才たち」、美空ひばり二十三回忌イベント「HIBARI 7 DAYS」などのプロデュースと演出を手がける。
著書はノンフィクション『上を向いて歩こう』(岩波書店/小学館文庫)『黄昏のビギンの物語』(小学館新書)、最新作は『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』(文藝春秋)。

佐藤 剛 が最近聴いてるアルバム
小林亜星プロデュース「ロマンティックをもう一度~Asei meets Atsuko」天満敦子 (アーティスト, 演奏)

佐藤 剛 の記事一覧

TAP the SONG

阿久悠と中島みゆきによる「世迷い言」~”ヨノナカバカナノヨ”と日吉ミミが歌った回文歌謡曲

「世迷い言」は昔から伝わってきた「竹藪焼けた(タケヤブヤケタ)」や、「タイ焼き焼いた(タイヤキヤイタ)」などの回文を使った歌謡曲で、テレビドラマの挿入歌として作…

TAP the SONG

音楽と笑いでブームを巻き起こしたクレージーキャッツの”変な歌”①植木等の「スーダラ節」

1960年代初頭からテレビで人気が上昇してたクレージーキャッツだが、最初の爆発は植木等の歌った「スーダラ節」の大ヒットから始まった。 そこから「ドント節」「五万…

TAP the SONG

革命的なブームを巻き起こしたクレージーキャッツの”変な歌”③「無責任一代男」

1961年の「スーダラ節」から始まったヒット曲によって植木等ブームが到来し、クレージーキャッツが疾風怒濤の快進撃を始めた1962年、記念すべき映画『日本無責任時…

TAP the SONG

「九月が終わったら、起こして」~父を亡くした少年の思い出を歌ったグリーン・デイのヒット曲

グリーン・デイのヴォーカル、ビリー・ジョー・アームストロングの父はジャズ・ミュージシャンだった。 しかし音楽では暮らしが成り立たず、トラックのドライバーで生計を…

TAP the SONG

「九月になったのに」~歌や音楽でしか伝えられないボロボロの天使たちの叫び

竹中直人は中学3年生の頃、ラジオから流れた歌を聴いてRCサクセションの大ファンになり、熱心にライブへ足を運ぶようになった。 RCサクセションは竹中にとって、ヤマ…

TAP the SONG

画期的なカップヌードルの誕生、画期的なCMソングを書いた阿久悠と小林亜星

1971年に売出しが予定されていた世界初のカップラーメン、日清食品の「カップヌードル」のCMソングの依頼が来た時、作曲家の小林亜星は「阿久悠という斬新な詞を書く…

Extra便

DYGL~日本の各地へ、アジアの各国へ、そして欧米にも普通に出かけていくバンドの時代

DYGL(デイグロー)のファースト・アルバム『Say Goodbye to Memory Den』には、どれも小気味いいストレートなロックが全4曲収録されている…

Extra便

山川啓介が太陽に託したメッセージ「悲しみの夜がつづいても  君は負けずに朝を待て」

長野県の出身だった作詞家の山川啓介の本名は井出隆夫、早稲田大学第一文学部に在学中からミュージカルの制作などに携わり、卒業後は作曲家のいずみたくのもとでレコードや…

TAP the SONG

石原裕次郎の「粋な別れ」に込められていた、浜口庫之助が選んだ人生への思い

浜口庫之助は1987年に52歳の若さで亡くなった石原裕次郎について、著書「ハマクラの音楽いろいろ」のなかでこのように述べている。 人間の一生には、花の部分と、実…

TAP the STORY

かつての栄光の歌手という道が始まった~坂本九の27歳

エルヴィス・プレスリーに憧れてロックンロールに目覚めた坂本九が、バンドボーイを振り出しに米軍キャンプやジャズ喫茶でのライブで経験を積み、「日劇ウェスタンカーニバ…

TAP the SONG

石原裕次郎に頼まれて浜口庫之助が作った「夜霧よ今夜も有難う」

1966年に山中湖畔のゴルフ場で作曲家の浜口庫之助が石原裕次郎と会ったのは、まったく偶然のことだった。 浜口はその日、山梨県警の本部長と公正取引き委員会の知人と…

Extra便

追悼~レッキング・クルーの一員、そして偉大なるシンガーとなったグレン・キャンベル

アメリカの実体を捉えたはじめてのカントリー・ソング…

TAP the BOOK

無名の少年たちだったジャニーズを特訓してレギュラーに抜擢~伝説のディレクター末盛憲彦

ジャニーズがショービジネスの世界にデビューしたのは、NHK総合でオンエアされていたテレビ番組への出演だった。 日本のテレビ史に語り継がれる先駆的な音楽バラエティ…

TAP the DAY

一本の鉛筆があれば戦争はいやだと私は書く、一本の鉛筆があれば八月六日の朝と私は書く

その歌が誕生したのは平和をテーマにした音楽祭が、広島で新しく始まったことがきっかけだった。 幼少時に父が徴兵された美空ひばりは、四人の幼子を抱えた母と一緒に戦火…

TAP the DAY

1970年8月5日に発売された1枚のレコード『はっぴいえんど』

1970年の夏、エレックレコードから 6月 1日に発売された吉田拓郎のシングル盤「「イメージの詩」と、B面の「マークⅡ」が口コミから評判になって、深夜放送など一…

TAP the STORY

どんとの27歳~絶頂の日に起こった転落事故

どんと(久富隆司)は1962年8月5日、岐阜県大垣市で生まれている。 尾崎紀世彦の「また逢う日まで」が発売になったのは1971年3月5日、ヒットしたのはその年の…

TAP the SONG

T・レックスの初来日公演時に日本でレコーディングされた「20センチュリー・ボーイ」

1968年の秋から東芝音楽工業の洋楽部に配属された新入社員の石坂敬一は、アシスタント・ディレクターとして仕事を始めたとき、まずは印象に残る日本語のタイトル、邦題…

TAP the SONG

「狼なんか怖くない」~阿久悠がピンク・レディーの「S・O・S」から発展させて書いた石野真子のデビュー曲

伝説のオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系)に出場した石野真子は高得点で合格、1978年3月25日に「狼なんか怖くない」でデビューすることになった。…

TAP the SONG

阿久悠の”ない・ソング”3部作~「朝まで待てない」「ざんげの値打ちもない」「どうにもとまらない」

1967年11月10日にシングル盤「朝まで待てない」でレコード・デビューしたザ・モップスは、日本で最初にサイケデリック・サウンドを打ち出したバンドだった。 その…

TAP the SONG

追悼・山川啓介~矢沢永吉に「チャイナタウン」をひとり往くハードボイルドな男を見た作詞家

キャロルが解散した1975年の秋に発表された1stアルバム『I LOVE YOU、OK』は、かつてのファンのあいだでは賛否両論を巻き起こした。 粗削りながらもエ…

スポンサーリンク

2 / 2312345...>>
Pagetop ↑