「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

佐藤 剛

1952年岩手県盛岡市生まれ、宮城県仙台市育ち。プロデューサー/作家。
音楽業界誌『ミュージック・ラボ』を経て、1977年から86年の解散まで甲斐バンドのマネージメントを行う。
その後にTHE BOOM、プライベーツ、宮沢和史、喜納昌吉とチャンプルーズ、ヒートウェイヴ、中村一義、有里知花、スーパーバタードッグ、ハナレグミ、小野リサ、由紀さおり、マルシアなどをプロデュース。
舞台「久世光彦 マイ・ラスト・ソング~あなたは最後に何を聞きたいか~」、「Sing with TORIRO 三木鶏郎と異才たち」、美空ひばり二十三回忌イベント「HIBARI 7 DAYS」などのプロデュースと演出を手がける。
著書はノンフィクション『上を向いて歩こう』(岩波書店/小学館文庫)『黄昏のビギンの物語』(小学館新書)、最新作は『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』(文藝春秋)。

佐藤 剛 が最近聴いてるアルバム
小林亜星プロデュース「ロマンティックをもう一度~Asei meets Atsuko」天満敦子 (アーティスト, 演奏)

佐藤 剛 の記事一覧

TAP the DAY

「街に緑を、若者に広場を、そして大きな夢を」、1974年の郡山ワンステップフェスティバル

1974年の夏、福島県郡山市で11日間に渡って開催されたワンステップフェスティバルは、「街に緑を、若者に広場を、そして大きな夢を」、そんなテーマを掲げた地元の若…

TAP the STORY

阿久悠の27歳~僕が作詞家になれたのはビートルズのおかげです

僕が作詞家になれたのはビートルズのおかげです。 ビートルズの出現で六〇年代半ばにエレキギターの楽器革命が起こりました。 それまで楽器はプロでなければ扱えなかった…

TAP the SONG

「イパネマの娘」のソングライターたちに今も誇りを抱くリオデジャネイロ市民

ブラジルで最も偉大な音楽家として敬愛されたアントニオ・カルロス・ジョビン、愛称トム・ジョビンは1994年に67歳で心臓発作のためニューヨークで死去した。 そのと…

TAP the SONG

「津軽海峡・冬景色」~なぜ日本の歌の主人公は北へ北へと目指すのか?

覚えやすいことが必要な歌謡曲では、まず印象的なイントロのアタックが重要だ。 そして歌詞においては歌い出しの一行が勝負である。 「津軽海峡・冬景色」はわずか一行で…

Extra便

追悼・大橋巨泉~小学生の細野晴臣がいつも聴いていたラジオ『昨日のつづき』

中学時代から俳句をたしなんでいた大橋克己は、高校生のときに俳号で「巨泉」を名乗り始めて、それがそのままペンネームと芸名になった。 1950年代の後半から大学生の…

Extra便

海外進出の夢に挑戦してきたザ・ピーナッツの軌跡

渡辺プロダクションという会社を設立した時から、渡邊晋社長と美佐副社長は「日本の音楽を世界に」という夢を掲げていた。 だから日本国内におけるビジネスの足場が固まっ…

Extra便

追悼・永六輔さん~いずみたくとのコンビでも「見上げてごらん夜の星を」や「いい湯だな」などのスタンダード・ナンバーを遺した才人

20世紀はラジオやテレビといったメディアが発展し、レコードの普及などによって音楽と文筆業の領分は大きく拡がりました。 そんな時代のパイオニアだったのが放送作家で…

TAP the SONG

「北帰行」~日本の叙情的な名曲はなぜ北へ北へと向かうのか?②

「面白い歌があるぞー、新宿のうたごえ喫茶だぞ-って馬渕さんが言いながら、昼間に二人でぶらぶらお茶を飲みに行って聴いた。で、あぁ、良い歌だ、良い歌だって、レコーデ…

Extra便

ビートルズ来日公演から50年、約束を守って今年も日本にやってくるリンゴ・スター

1966年6月29日早朝、羽田空港に降り立ったビートルズの一行はパトカーに先導されてヒルトン・ホテルに到着後、ホテルと武道館の往復以外は警官隊によって厳重に警戒…

TAP the DAY

藤圭子 ~日本語でブルースを体現するロック世代の女性シンガーが誕生した

藤圭子がデビューした1969年、日本の音楽シーンには明らかな傾向があった。 カルメン・マキの「時には母のない子のように」を筆頭に、ちあきなおみの「雨の慕情」、加…

Extra便

ビートルズ来日公演~観客席の少年少女たちには確かに届いていた音楽

ファン待望のビートルズ来日公演の初日、コンサートは6月30日午後7時35分に始まり、8時5分に終了した。 ビートルズはアンコールもなく武道館を後にした。  終演…

TAP the SONG

「北帰行」~歌のなかで主人公はなぜ北へ北へと向かうのか?①

日本の叙情的な歌謡曲の主人公は、なぜか北へ北へと行きたがる。 傷ついた心の持ち主のふるさとがみんな北国にあるかのように、傷心の男や女は歌のなかで北へ帰る。 「北…

24 / 45<<...2223242526...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ