「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

佐藤 剛

1952年岩手県盛岡市生まれ、仙台市育ち。音楽プロデューサー/作家。
音楽業界誌『ミュージック・ラボ』を経て、1977年から86年の解散まで甲斐バンドのマネージメントを行う。その後にTHE BOOM、プライベーツ、宮沢和史、喜納昌吉とチャンプルーズ、ヒートウェイヴ、中村一義、有里知花、スーパーバタードッグ、ハナレグミ、小野リサ、由紀さおり、マルシアなどをプロデュース。
舞台「久世光彦 マイ・ラスト・ソング~あなたは最後に何を聞きたいか~」、「Sing with TORIRO 三木鶏郎と異才たち」、美空ひばり二十三回忌イベント「HIBARI 7 DAYS」などのプロデュースと演出を手がける。
著書はノンフィクション『上を向いて歩こう』(岩波書店/小学館文庫)『黄昏のビギンの物語』(小学館新書)、『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』(文藝春秋)、最新作は『ウェルカム!ビートルズ』(リットーミュージック)。
現在はRomancer Cafe にて『阿久悠と歌謡曲の時代』を連載中。 https://romancer.voyager.co.jp/cafe

佐藤 剛 が最近聴いてるアルバム
『To The End Of This World 』Ai Kuwabara the Project

佐藤 剛 の記事一覧

Extra便

「できることなら、この胸を切り裂いて、どんな気持ちで歌を作ったのか、見せてやりたいよ」忌野清志郎

バリー・マクガイアの「明日なき世界」で始まり、ジョン・レノンの「イマジン」で終わる洋楽のカバー・アルバム『COVERS』は、RCサクセションと契約していたレコー…

TAP the SONG

ジョン・ボン・ジョヴィがアジアの歌姫、テレサ・テンから受け継いで歌う「月亮代表我的心」

世界で最も有名なロックバンドのひとつボン・ジョヴィが、新しいアルバム『バーニング・ブリッジズ』を世界同時発売したのは8月21日のことだ。 だがその日の夜、中華人…

Extra便

甲本ヒロトが大好きで、バド・パウエルとセロニアス・モンクに憧れる14歳の少女MAPPY

小学生の頃から始めたインスタグラムでファッション・センスが話題になっているMAPPY(マッピー)は、2001年5月24日生まれの中学2年生。 インスタグラムで公…

Extra便

2人だけで結成されたホワイト・ストライプスの真骨頂、カントリーをガレージ・ロックにした「ジョリーン」

アメリカの音楽サイト「Diffuser.com」はかねてより、<ベックのベスト・ソングTOP10>や<レディオヘッド ベストソング TOP10>といったリストを…

Extra便

二階堂和美のアルバム『にじみ』と、ツアー「にじみの旅」から始まった道に咲いた花

2011年7月にオリジナル盤が出た二階堂和美のアルバム『にじみ』は、昨年の11月に行われた「TAP the POPが選んだ2010年代のベスト・アルバム50」に…

TAP the DAY

山下達郎と浜田省吾が同じ野音のステージに立った、1975年の「サマーロックカーニバル」

1975年の7月26日、東京・日比谷野外音楽堂では、「サマーロックカーニバル」というロック・コンサートが開かれた。 出演したのはシュガー・ベイブ、サンハウス、愛…

Extra便

追悼・相倉久人 大瀧詠一とのナイアガラ対談で発表された「分母分子論」

1983年の11月から12月にかけて雑誌『FMファン』での対談で、大瀧詠一の「分母分子論」は発表された。 それはジャズ評論家の相倉久人を先生として、生徒の大瀧が…

TAP the SONG

「マイ・ウェイ」はクロード・フランソワとフランス・ギャルの恋から生まれたフランスの歌だった

オリジナルを書いたのはフランスのスター歌手だった…

Extra便

『くまのプーさん』の家で「ジョンとヨーコのバラード」を聴いていたブライアン・ジョーンズ

ロンドン郊外のサセックス州ハートフィールドにあるコッチフォード農場は、『くまのプーさん』で有名な作家のA.A.ミルンが住んでいたことで知られていた。 その農場と…

TAP the SONG

『風街であひませう』で「SWEET MEMORIES」を歌った小山田壮平&イエロートレイン

松本隆の言葉の世界に2015年を代表するクリエイターたちが集ったトリビュートアルバム、『風街であひませう』に収められた小山田壮平&イエロートレインの「SWEET…

TAP the SONG

RCサクセションの「トランジスタ・ラジオ」から聴こえてきたホットなメッセージ

1964年の春に中学生になったぼくの小遣いは、4月から500円にまで引き上げられた。 これで月に一枚はシングル盤を買えるようになったが、言いかえれば月に一枚だけ…

Extra便

なかにし礼が失意の底で遺言歌として書いた「さくらの唄」は美空ひばりの絶唱となったが‥‥

美空ひばりの27回忌を迎える前の日、東京・港区にある日本コロムビアのスタジオで、マスターテープから起こしたばかりの状態にあるハイレゾ音源で、名曲の数々を聴かせて…

47 / 56<<...4546474849...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ