「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

佐藤 剛

1952年岩手県盛岡市生まれ、仙台市育ち。音楽プロデューサー/作家。
音楽業界誌『ミュージック・ラボ』を経て、1977年から86年の解散まで甲斐バンドのマネージメントを行う。その後にTHE BOOM、プライベーツ、宮沢和史、喜納昌吉とチャンプルーズ、ヒートウェイヴ、中村一義、有里知花、スーパーバタードッグ、ハナレグミ、小野リサ、由紀さおり、マルシアなどをプロデュース。
舞台「久世光彦 マイ・ラスト・ソング~あなたは最後に何を聞きたいか~」、「Sing with TORIRO 三木鶏郎と異才たち」、美空ひばり二十三回忌イベント「HIBARI 7 DAYS」などのプロデュースと演出を手がける。
著書はノンフィクション『上を向いて歩こう』(岩波書店/小学館文庫)『黄昏のビギンの物語』(小学館新書)、『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』(文藝春秋)、最新作は『ウェルカム!ビートルズ』(リットーミュージック)。
現在はRomancer Cafe にて『阿久悠と歌謡曲の時代』を連載中。 https://romancer.voyager.co.jp/cafe

佐藤 剛 が最近聴いてるアルバム
『To The End Of This World 』Ai Kuwabara the Project

佐藤 剛 の記事一覧

TAP the SONG

ロック時代の幕を開けた曲、ロック・アラウンド・ザ・クロック

必ずしもこれが世界で最初のロックンロール・ナンバーだったというわけではない。 だが、ロック時代の幕を開けた曲として後世に語り継がれているのは、ビルボードで1位に…

Extra便

オノ・ヨーコさんの英語詞で生まれ変わった21世紀の「上を向いて歩こう」

2014年2月に東京で開かれたオリー・マーズのライブに、オノ・ヨーコさんから「Look At The Sky」に関するこんなメッセージが届けられた。 「上を向い…

TAP the SONG

エルトン・ジョン「Your Song(僕の歌は君の歌)」

1967年6月27日、ロンドンのリバティ・レコーズのスタジオでは、<有能なタレントとソングライターを求む>という広告に応募してきた20歳のレジ・ドゥワイトが、ピ…

TAP the SONG

日本人が知らない間にロシアで大ヒットしていたザ・ピーナッツの「恋のバカンス」

冬季オリンピックが開かれているソチは、美しい砂浜が広がる海岸で海水浴が楽しめることから、ロシアでは貴重なリゾート都市として発展した。 夏のバカンスで賑わう海辺の…

TAP the SONG

アメリカよりも日本で受けたナンシー・シナトラのB面ヒット曲「サマー・ワイン」

20世紀を代表する偉大な歌手の1人であるフランク・シナトラの娘、ナンシー・シナトラは10代で歌手デビューしたが、なかなかヒットには恵まれなかった。 しかしソング…

TAP the SONG

怒りを爆発させたブルースが書いた「Dancing in the Dark / ダンシン・イン・ザ・ダーク」

1984年3月のとある日の明け方、ブルース・スプリングスティーンはニューヨークのホテルの1室で1人、ギターを抱えて曲を作っていた。 制作中のアルバム『Born …

TAP the SONG

ジミ・ヘンドリックスの「All Along The Watchtower / 見張塔からずっと」

1967年11月、ボブ・ディランはバイク事故による休養と沈黙を経て、アルバム『John Wesley Harding』をリリースする。 その頃、ジミ・ヘンドリッ…

TAP the SONG

ジョニ・ミッチェルの哲学的な歌詞、「Both Sides Now / 青春の光と影」

1967年3月の初頭、ジョニ・ミッチェルは後にノーベル賞を受賞する作家、ソール・ベローの「Henderson the Rain King(雨の王ヘンダソン)」を…

TAP the SONG

キャロル・キングとジェイムズ・テイラーをつなぐ「君の友達(You’ve Got A Friend )」

キャロル・キングの代表作「君の友達(You’ve Got Friend)」は、ジェイムズ・テイラーが歌って全米1位に輝いた曲である。 君が落ち込んで…

Extra便

小林幸子~赤レンガに響き渡った岩谷時子への想い~

女性作詞家のパイオニアだった岩谷時子が、97歳の生涯を終えて天国へ旅立ったのは、2013年の10月27日だった。 歌手になって50年という節目の年にふさわしい新…

TAP the SONG

ナット・キング・コールが日本語で歌ってくれた「L-O-V-E(ラブ)」

末期ガンの“キング”が世界中に届くことを願った最後の歌…

TAP the SONG

フォスターが書いたアメリカに伝わる究極の哀歌が21世紀になって歌われ始めたのは何故か?

ここ最近になって世界でも日本でも、さまざまなシンガーによって歌われているのが、「ハード・タイムス(Hard Times Comes Again No More)…

51 / 52<<...4849505152

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ