佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。唄うたい/ライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

TAP the NEWS

エリック・クラプトンとクロスロード(十字路)・前編〜火の玉ロックに心奪われた13歳の少年〜 

ロバート・ジョンソンが“ブルースの神髄”と引き換えに魂を悪魔に売ったという伝説がある。 神業とも言われるギターテクニックを習得するために悪魔と取引きを交わした彼…

季節(いま)の歌

冬が来る前に〜40年間歌い続けてきた二人の絆と、想い出の坂道〜

山々が赤や黄色に染まる秋。 紅葉の美しさが少しずつ色褪せてゆき…日本には冬の足音が近づいてきます。 そして木枯らしが吹く頃に、冬の訪れとなる「立冬」を迎えます。…

TAP the NEWS

浅川マキが愛した名曲〜ビリー・ホリデイの“奇妙な果実”を聴きながら〜

■浅川マキのアルバムをイギリスの名門レーベルがリリース(ARBANより) ジャズやブルースから影響を受けた歌声と黒い衣装で“アンダーグラウンドの女王”と称され、…

TAP the NEWS

岩谷時子を偲んで〜初めての訳詞経験、あの「愛の讃歌」の誕生秘話〜

2年前の10月27日、昭和の日本音楽史において“女性作詞家のパイオニア”と呼ばれた岩谷時子が97歳で天国へ旅立った。 彼女は「日本のシャンソンの女王」と称された…

季節(いま)の歌

ハロウィンの歌〜あのマリリン・マンソンもカヴァーした異形の(!?)劇中歌〜

ハロウィンですね。 その語源は、Hallow(神聖な)+een(even=evening)。 万聖節ではAll Hallow’sと言い、その前日であ…

季節(いま)の歌

恋人よ〜究極の“別れの歌”の誕生秘話、伝説のグループに在籍した才人の死〜

日一日と深まってゆく秋。 皆さんは“秋の歌”といえば、どんな楽曲を思い浮かべますか? それぞれの想い出と共に“季節(いま)の歌”は存在することでしょう。 「実り…

TAP the NEWS

漣健児の偉業〜日本語ポップスの源流を作った男、その訳詞スタイルとは!?〜

1960年代、当時のアメリカンポップスをリアルタイムで400曲以上も日本語化した男がいた。 彼の名は漣健児。 日本のニューミュージック界を牽引してきたミュージシ…

TAP the DAY

ショパンの命日に寄せて〜恋をして、失恋を経験して、あの名曲が生まれた!〜

10月17日は“ピアノの詩人”ことフレデリック・フランソワ・ショパンの命日です。 珠玉のピアノ曲を数多く残したショパンは、晩年まで暮したパリの地で39歳を迎えた…

TAP the NEWS

「スペイン革のブーツ」と「木綿のハンカチーフ」

ボブ・ディランと太田裕美。 ローリング・ストーン誌が選ぶ“歴史上最も偉大な100人のソングライター”において第1位となった男と、1976年に日本で(山口百恵をお…

TAP the NEWS

The Times They Are A-Changin’〜変わりゆく時代、変わることのない歌のチカラ〜

19歳になったボブ・ディランは、ミネソタ大学を中退して単身ニューヨークに移住する計画を立てていた。 1961年1月20日、テレビのブラウン管に映し出されたジョン…

TAP the NEWS

A Place in the Sun〜黒人たちに希望をあたえたスティーヴィー・ワンダーの歌声〜

あの東日本大震災から二年後のことだった。 日本車(トヨタ) のシリーズCM“Re BORN”にスティーヴィー・ワンダーの名曲が起用された。 希望に満ちたそのメロ…

季節(いま)の歌

グレープフルーツ・ムーン〜誰もいなくなった閉店後の仕事場で作曲をしていたトム・ウェイツ〜

Grapefruit moon, one star shining Shining down on me Heard that tune, and now I&…

TAP the DAY

9/21は国際平和の日〜ボブ・ディランの名曲に耳を傾けながら〜

「一年に一度でもいいから、戦争や紛争、あらゆる暴力を止めたい」 イギリスで俳優をしていたジェレミー・ギリは、ある日、ニュースを眺めていたとき疑問に思った。 「な…

街の歌

Che sarà・後編〜琴線に触れるイタリアのメロディー、日本人は“超訳”がお好き!?〜

イタリアでこの歌「Che sarà(ケ・サラ)」が発表された1971年、日本では学生運動や安保闘争の火が燻っていた。 当時、にしむらよしあきが自身の政治思想を基…

TAP the NEWS

ヤードバーズの運命を変えた曲・後編〜エリック・クラプトンの脱退と引き換えにバンドが掴んだものとは?〜

ヤードバーズの3rdシングルとして初代マネージャー兼プロデューサーのジョルジオ・ゴメルスキーが用意したのは、ストーンズの不良性とビートルズの親しみやすさを掛け合…

TAP the NEWS

ヤードバーズの運命を変えた曲・前編〜3大ギタリストを輩出したバンドの創成期〜

「世界には掛け値なしに素晴らしいバンドが4つある。ヤードバーズはそのうちの1つだ。」 そのヤードバーズをはじめ、T・レックス、ジャパン、ワム!を渡り歩いてきた“…

街の歌

Che sarà・前編〜イタリア移民の不安と希望を哀愁のメロディーに乗せて〜

この歌は、イタリアの北西部リグリーア州インペリア県にある小さな町で毎年開催されているサンレモ音楽祭で1971年に準優勝を受賞したポップナンバーで、いわゆるカンツ…

TAP the NEWS

A La Volonté du Peuple 〜平和と自由を求める民衆の歌声が聞こえるか?〜

フランス語──2012年映画版『レ・ミゼラブル』より   「A La Volonté du Peuple」 作詞:アラン・ブーブリル  A la volonté…

TAP the NEWS

我が窮状〜稀代のスーパースター沢田研二の反骨精神、歌に込めた切なる願い(メタファー)とは?

麗しの国 日本に生まれ 誇りも感じているが  忌まわしい時代に 遡るのは 賢明じゃない 英霊の涙に変えて 授かった宝だ この窮状 救うために  声なき声よ集え …

TAP the DAY

ビートルズの敏腕マネージャーが死んだ日

「何でもやったし、すごく一所懸命働いたよ。ファンが1人もいない時に、屋根の上から大声で宣伝した。頭がおかしいと思われても、ずっと叫び続けたよ。」 これは“ビート…

スポンサーリンク

16 / 22<<...1415161718...>>
Pagetop ↑