佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。唄うたい/ライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

TAP the DAY

サミー・デイヴィスJr.を偲んで①〜片目を失った“史上最高のエンターテイナー”の生い立ちと、成功への軽やかなステップ〜

1990年5月16日、サミー・デイヴィスJr.は64歳でこの世を去った。 もともと葉巻を片手にステージに立つほどのヘヴィースモーカーだったことから喉頭癌を患い、…

TAP the DAY

サミー・デイヴィスJr.を偲んで②〜“史上最高のエンターテイナー”がステージで歌い続けた落ちぶれたダンサーの歌〜

歌、ダンス、モノマネ、巧みなトーク、そしてトランペット、ドラム、ビブラフォンの演奏、映画やテレビでの演技など、様々な“芸”を極め「Mr.エンターテインメント」と…

TAP the NEWS

ブライアン・イーノの偉業〜グラムロック創成期を彩り、アンビエント音楽の礎を築き、Windows 95の起動音を作った男〜

ブライアン・イーノ。 1948年5月15日、彼はイギリスのサフォーク州のウッドブリッジで生まれた。 作曲家、プロデューサー、音楽評論家として多方面で活躍している…

季節(いま)の歌

5月の別れ〜陽水の唄に耳を傾けながら“詩の起源”を辿る〜

風の言葉に諭されながら 別れゆくふたりが 5月を歩く 木々の若葉は強がりだから 風の行く流れに 逆らうばかり 鐘が鳴り花束が目の前で咲きほこり 残された青空が …

TAP the NEWS

キース・ジャレット〜クラシックからボブ・ディランの楽曲までジャンルを超えた音楽表現をする孤高のジャズピアニスト〜

キース・ジャレット。 一般に“ジャズピアニストの巨人”の一人として広く認識されている彼だが、実はピアノだけにとどまらず、ソプラノサックス、パーカッション、ハープ…

街の歌

ブルー・ライト・ヨコハマ〜横浜からヨコハマへと街の色を変えた一曲〜

1968年のクリスマス(12月25日)にその歌はリリースされた。 当時、二十歳だった歌手・いしだあゆみにとって26作目のシングルだった。 なんと!発売日に10万…

TAP the NEWS

アイアン&ワイン〜アメリカンロック&フォークの伝統を受け継ぐ“最も重要なアーティスト”として注目される男の魅力とは!?〜

“アイアン&ワイン”ことサム・ビームという男をご存知だろうか? 彼は今、アメリカンロック&フォークの伝統を受け継ぐ最も重要なアーティストとして注目される存在だ。…

TAP the DAY

ウィリー・ネルソン83歳〜永遠のアウトロー魂、多くのミュージシャンたちからリスペクトされている男の魅力〜

「彼は素晴らしいミュージシャンだ。生き方も、人柄も素晴らしい。彼は作った曲を、実に正しい形で世に残している。」(トニー・ベネット) 「ウィリーが様々な音楽に広い…

TAP the NEWS

音故知新⑥〜そしてパンクロックが生まれた〜

「PUNK IS ATTITUDE!NOT STYLE!」 これはイギリスを代表するパンクバンド、ザ・クラッシュのジョー・ストラマーが常々口にしていた言葉だ。 …

TAP the DAY

Post Pop Depression〜69歳になったイギー・ポップが“最後の作品になるかも知れない”と語る新作アルバム〜

「レミーが逝った。ボウイが逝った。彼は最後の唯一無二のスターなんだ!」(ジョシュ・オム) 先月、イギー・ポップがソロ名義としては17枚目となる新作アルバム『Po…

TAP the NEWS

マデリン・ペルーの魅力〜アメリカで生まれてフランスの道端でバスキング、トム・ウェイツからビートルズまで“国境やジャンルを越えて”歌いつづける人〜

18歳で名門アトランティックレコードにその才能を見い出され、デビュー後には“21世紀のビリー・ホリデイ”“ポスト・ジョニ・ミッチェル”と呼ばれた女性シンガーソン…

TAP the DAY

河島英五を偲んで〜没後15年目に歌で“再会”を果たす娘・亜奈睦との絆〜

「酒と泪と男と女」「野風増」「時代おくれ」など数多くの名曲・名唱を遺し、惜しくも 2001 年 4 月 16 日この世を去ったシンガーソングライター河島英五(享…

TAP the NEWS

Hello!〜“ローリングピアノマン”リクオが奏でる希望と再生のストーリー〜

この春“ローリングピアノマン”ことリクオが自身のレーベルHello Records を設立し、記念すべき第一弾のアルバム『Hello!』をリリースした! そこに…

街の歌

Sweet Virginia〜70年代のストーンズが生み出した“味わい深い”ワインのような歌〜

Wading through the waste stormy winter 荒れ果てた厳しい冬を切り抜けてきた And there’s not a…

TAP the NEWS

音故知新⑤〜ジャズの源流を辿る旅〜

ジャズの起源・発祥については諸説あり、現在でもはっきりとは断定されていない。 一般的に多くの文献では19世紀末から20世紀初頭が起源とされており、アメリカ・ルイ…

TAP the DAY

The Entertainerを聴きながら〜“ラグタイムの王”と呼ばれたスコット・ジョプリンの偉大なる功績〜

アメリカの名優ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが主演した映画『スティング』(1973年)といえば、第46回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、編集…

TAP the NEWS

音故知新④〜“ロックンロール”と“ロック”の分岐点〜

そもそも「ロック」という言葉が「ロックンロール」と区別されて使われるようになったのはいつからだろうか? 諸説ある中で、アメリカでは“1965年7月25日にロック…

TAP the DAY

楽屋での初対面から「父と娘」になった、ロックスターとハリウッド女優

本日、3月26日はアメリカが生んだ“ロックンロールバンドの最高峰”エアロスミスのボーカリスト、スティーヴン・タイラーの誕生日です。 彼はハリウッド女優として活躍…

TAP the STORY

レスター・ヤング 27歳〜ビリー・ホリデイとの出会い、死が二人を分かつまで続いたプラトニックな関係〜

1937年、レスター・ヤングは27歳の時にビリー・ホリデイ(21歳)と出会う。 彼が当時在籍していた“カウント・ベイシー・オーケストラ”に、彼女もたびたび参加す…

TAP the DAY

First Step〜飛躍の一歩にはならなかったフェイセズのデビューアルバム〜

3月21日は英国ロック史に残るスーパーバンドFaces(フェイセズ)のデビューアルバム『ファースト・ステップ』がリリースされた日である。 今から46〜47年前に…

スポンサーリンク

16 / 25<<...1415161718...>>
Pagetop ↑