佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。唄うたい/ライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

TAP the DAY

ラルフ・スタンレー89歳〜ブルーグラスの巨星が歌う、死神との押し問答〜

ラルフ・スタンレーという人をご存知だろうか? 本日89歳を迎える“燻し銀”のようなミュージシャンで、アメリカ開拓時代のアパラチア山岳地帯で発祥した音楽“ブルーグ…

TAP the NEWS

ジム・クロウチ物語③〜最愛の妻との出会い、夫婦デュオ、挫折の日々を乗り越えて〜

1963年11月29日、ジム・クロウチは未来の妻イングリッド・ジェイコブソンとフィラデルフィアで開催されたイベント会場で出会う。 その3年後の1966年に二人は…

街の歌

メンフィス・テネシー〜チャック・ベリーが書いた小咄(こばなし)のような歌〜

様々な街・都市を舞台に紡がれた魅力的な曲をご紹介するコーナー<街の歌>が今回ピックアップするのは“ロックンロールの創始者の一人”と崇められるチャック・ベリーの名…

TAP the NEWS

ジム・クロウチ物語②〜なぜか愛された“悪い奴”リロイ・ブラウンの足跡を追う〜

シカゴの南半分はこの街の中でも最悪の場所さ あそこへ行くときは気をつけた方がいいぜ リロイ・ブラウンという名の奴に ヤツときたら“厄介者”なんてものじゃ済まない…

季節(いま)の歌

My Funny Valentine〜聖バレンタインデーに聴く珠玉のスタンダードとビリー・ジョエルの名曲〜

2月14日はSt. Valentine’s dayです♪ 今日はバレンタインデーにちなんで「My Funny Valentine」をご紹介します。 …

TAP the STORY

一本の電話〜最後のレコーディング

奇跡のような最後のレコーディングは、あの一本の電話から始まった。…

TAP the NEWS

ジム・クロウチ物語①〜遅咲きのデビューからの大ヒット、そして皮肉な運命〜

この歌はアメリカ南フィラデルフィア生まれのシンガーソングライター、ジム・クロウチが1973年にリリースした曲だ。 十代の頃から音楽の道を志していた彼は、道路工事…

TAP the DAY

コオロギから生まれたカブトムシ〜稀代のロックンローラー、バディ・ホリーの才能と功績

ジョージ・ルーカス監督の映画『アメリカン・グラフィティ』の中に“バディホリーが死んでロックンロールは終わった”というセリフがある。 ──1959年2月3日、それ…

街の歌

カリフォルニア〜カナダ出身のジョニ・ミッチェルが歌った、ありのままの自分を受け入れてくれる場所〜

フランスのパリの公園に座って新聞を読んでいる 酷いニュースばかり… 彼等は平和のことなど考えていないのよ 平和はひと握りの人が考えていた夢にすぎないのよ まだ見…

TAP the NEWS

ティム・ハーディンの光と影〜若き日のボブ・ディランと人気を二分した男の悲劇的な終末〜

1960年代、ニューヨークの街は多くのアーティストを生み出した。 学生たちを中心にフォークミュージックは一大ブームを迎え、街中のカフェで多くのミュージシャンたち…

TAP the NEWS

エドモンド・フィッツジェラルド号の難破〜ボブ・ディランにファンと公言させた男が紡いだ“本当にあったニュース”の歌〜

その船の名はエドモンド・フィツジェラルド号。 1958年にアメリカで製造され、「最大の貨物船」と言われて当時のアメリカの勢いを象徴する存在だった。 1975年1…

季節(いま)の歌

冬の星座〜19世紀に生まれたアメリカの歌に日本語詞をのせたのは浅田飴(あさだあめ)創業者の三男だった〜

          木枯らしとだえて さゆる空より 地上に降りしく 奇(くす)しき光よ ものみないこえる しじまの中に きらめき揺れつつ 星座はめぐる ほのぼの…

TAP the DAY

森山良子が極めた温かい歌声〜“和製ジョーン・バエズ”として売り出された19歳の少女〜

1月18日は歌手・森山良子が生まれた日です。 1967年に「この広い野原いっぱい」でデビューした彼女は、来年で50周年を迎えるという。 今日は彼女のデビュー当時…

TAP the NEWS

Drift Away〜自由!さすらい!ロック黄金期を讃える歌〜

Oh, give me the beat, boys, and free my soul さあビートをくれ!俺の魂を自由にしてくれ! I want to get…

季節(いま)の歌

リンゴの唄〜敗戦直後の日本人の心に“希望のそよ風”を運んだ奇蹟の歌〜

それは今からちょうど70年前の1月の出来事だった。 敗戦直後…悲しみと絶望にうちひしがれていた日本人の心に“希望のそよ風”を運んだ一曲の歌が発売された。 赤いリ…

Extra便

デヴィッド・ボウイ追悼~センセーションとクリエイションを極めた男~

2016年1月10日、デヴィッド・ボウイが旅立った。 日本時間では、1月11日15時30分に更新されたFacebookの公式アカウントで「18ヶ月におよぶ癌との…

TAP the NEWS

若者達に捧げられた歌〜すべて時代のせいにして〜

♪「すべて時代のせいにして」/泉谷しげるwith 藤沼伸一(TV番組スタジオLIVE) 若いときはすべてが他人(ひと)のせい こうなってしまったのも親のせい ひ…

TAP the NEWS

若者たち・後編〜運命の巡り合わせを感じずにはいられない再ヒット〜

このリメイク版ドラマ『若者たち』(2014年放送)の本編で、人気俳優の妻夫木聡と蒼井優がこの曲を歌うシーンが流れ、その瞬間、歌詞検索サイト歌ネットではオリジナル…

TAP the NEWS

若者たち・前編〜打ち切りとなった硬派なドラマが生んだ名曲の誕生秘話〜

君の行く道は 果てしなく遠い だのになぜ  歯をくいしばり 君は行くのか そんなにしてまで 君のあの人は 今はもういない だのになぜ  なにを探して 君は行くの…

TAP the NEWS

人の心を動かす歌〜ヨイトマケの唄

父ちゃんのためなら エンヤコラ 母ちゃんのためなら エンヤコラ もひとつおまけに  エンヤコラ 今も聞こえる ヨイトマケの唄 今も聞こえる あの子守唄 工事現場…

スポンサーリンク

16 / 24<<...1415161718...>>
Pagetop ↑