佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。唄いたい/ライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

TAP the DAY

プロコル・ハルムの名曲「青い影」にまつわるいくつかの逸話〜

ビートルズが伝説の名盤『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』を発表した1967年、同じイギリスで一曲の名曲が…

季節(いま)の歌

四月になれば彼女は〜ポール・サイモンのセンスが光る2分足らずの秀作〜

この「April Come She Will(四月になれば彼女は)」は、サイモン&ガーファンクルの2ndアルバム『Sounds of Silence』(1966…

TAP the NEWS

愛のファンタジー〜アラフィフ世代が思わず“胸キュン”してしまう珠玉の旋律〜

1980年、クロード・ピノトー監督によるフランンス映画『ラ・ブーム』が公開された。 本国のフランスでは入場者数400万人を超える大ヒットを記録し、“社会現象”と…

TAP the DAY

こどもの歌〜NHKの長寿番組『みんなのうた』が果たした役割〜

子供の歌を紹介する音楽番組と言えば…まずNHK『みんなのうた』を思い浮かべる人が多いのではないだろうか? 日本放送協会(NHK)が、1961年に放送をスタートさ…

TAP the DAY

マディ・ウォーターズを偲んで〜伝説のブルースマンと呼ばれた男の偉大な功績と足跡〜

ロックンロールの創始者と言われたあのチャック・ベリーは、生前にこんな貴重なエピソードを語っている。 それはまだ彼が世に出る前(デビュー前)の出来事だったという。…

TAP the NEWS

Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band〜ライブ活動をやらないと宣言したビートルズ〜

今日、僕は新聞を読んだのさ オー・ボーイ いっぱしの地位に上り詰めた幸運な男の話 ニュースは悲しいもののはずだったが 僕は笑うしかなかった その写真を見たからね…

TAP the STORY

フランク・シナトラ27歳〜エンターテインメント界の帝王“ザ・ヴォイス”と呼ばれた男が誕生した瞬間〜

1942年12月30日。 ベニー・グッドマン楽団のライブとビング・クロスビー主演のミュージカル映画『スター・スパングルド・リズム』がニューヨークのパラマウント劇…

TAP the DAY

カウント・ベイシーを偲んで〜“伯爵”の愛称で親しまれた偉大なジャズミュージシャンの功績と足跡〜

グレン・ミラー、ベニー・グッドマン、デューク・エリントンと並びビッグバンド界を代表するバンドリーダー/ピアニストとしてジャズシーンに大きな功績を残した男、カウン…

TAP the DAY

デクスター・ゴードンを偲んで〜伝説のジャズメンが辿った映画のような人生の浮き沈み〜

作家の村上春樹は著書『ポートレイト・イン・ジャズ』(新潮文庫)の中で、デクスター・ゴードンについてこんな風に綴っている。 「デクスター・ゴードンは、僕にいつも樹…

TAP the NEWS

女性アーティストたちの才能が開花した70年代

ジョニ・ミッチェル、リンダ・ロンシュタット、カーリー・サイモン、キャロル・キング、エミルー・ハリス、ボニー・レイット、オリビア・ニュートンジョン、ホイットニー・…

街の歌

パープルタウン〜八神純子の才能と実力、人気絶頂期の光と影〜

「デビューして丸2年、いい曲を作ろうと思って無我夢中でした。でも、ふと気づいた時に“いい曲を作らなきゃいけない”というプレッシャーに押しつぶされそうになっている…

TAP the STORY

ジョニー・サンダース27歳〜ニューヨークパンクのカリスマがロンドンで過ごした季節〜

セックス・ピストルズ、クラッシュ、ガンズ&ローゼス、そして日本では忌野清志郎、甲本ヒロトなど数多くのアーティストに多大な影響を与えた孤高のカリスマ、ジョニー・サ…

TAP the STORY

美輪明宏 27歳〜日本初となった“奇跡のリサイタル”その成功までの道〜

1962年、当時27歳だった美輪明宏(当時・丸山明宏)は“日本初”となる全オリジナル楽曲による自主公演を計画し、その準備のために奔走していた。 そして翌年の11…

TAP the DAY

エディ・コクランを偲んで〜ロックンロール草創期の大スターが遺した功績と足跡〜

1950年代、アメリカでは幾人かの“ロックスター”が誕生した。 その中でも70年代までスターであり続けたのは、エルヴィス・プレスリーただ一人だけだった。 50年…

TAP the DAY

酒と泪と男と女〜“孤高の音楽家”河島英五という生き方〜

昭和を代表するこの名曲「酒と泪と男と女」は、1975年にリリースされた河島英五とホモ・サピエンスのデビューアルバム『人類』に収録されたのが初出。 作詞作曲は河島…

TAP the NEWS

気絶するほど悩ましい〜本物志向のCharが切り拓いた“歌謡ロック”という新ジャンル〜

1960年代に“天才ギター少年”として音楽関係者の間にその名を轟かせていた日本人がいた。 彼の名はChar(チャー)。 当時まだ十代の半ばだったという。 195…

Extra便

パーシー・スレッジ追悼〜希代の名曲「男が女を愛する時」の誕生秘話〜

ビートルズが初来日し、武道館で行われた歴史的なコンサートに日本中の若者達が熱狂した1966年。 そのコンサートよりも数ヶ月前に、海の向こうのアメリカやカナダの音…

TAP the NEWS

洗練された楽曲が生まれた時代、シンガーソングライターたちが台頭した70年代

ジェイムズ・テイラー、エルトン・ジョン、キャロル・キング、ギルバート・オサリバン、ビリー・ジョエル、ジョン・デンバー…そしてブルース・スプリングスティーン。 彼…

季節(いま)の歌

春咲小紅〜矢野顕子という“ブレない音楽家”をお茶の間に浸透させたCMソング〜

ホラ 春咲小紅 ミニミニ見に来てね わたしのココロ ふわふわ舞い上がる いつ咲くかしらと待ちぼうけ 指折り数えて いたかしら お返事出します微笑みの どこかにボ…

TAP the NEWS

人間の証明のテーマ〜ジョー山中の歌声を世に知らしめた運命の一曲〜

Mama, Do you remember the old straw hat you gave to me I lost the hat long ago, …

スポンサーリンク

2 / 1912345...>>
Pagetop ↑