佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。唄いたい/ライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

TAP the DAY

マリア・カラスを偲んで②〜映画出演、人生最後の恋、ラストステージ…そしてパリでの寂しい晩年〜

1969年、46歳を迎えた彼女は、心の痛手を振り切るかのように映画『王女メディア』(1970年公開)の撮影に挑んでいた。 それは、自身のキャリアにおいて初となる…

TAP the DAY

マリア・カラスを偲んで①〜過食症、年の差婚、大富豪との恋、自殺未遂…波瀾万丈の歌人生〜

1977年9月16日13時30分、パリの自宅の浴室で一人の女性歌手がこの世を去った。 家政婦によれば、彼女は正午頃に目を覚まして朝食をとり、ふらつく足取りで浴室…

TAP the DAY

ビル・エヴァンスを偲んで〜マイルスとの出会い、パートナーや実兄との死別、悲劇の最期〜

「ビル・エヴァンスの演奏には、いかにもピアノという感じの静かな炎のようなものがあった。」(マイルス・デイヴィス) 1980年9月15日午後3時30分、ジャズピア…

季節(いま)の歌

Celebrate Summer〜マーク・ボランが死の直前に放ったシングル曲は“夏を祝福する歌”だった〜

1977年、グラムロックの創始者マーク・ボランはこの世を去った。 「自分は有名になるために悪魔に魂を売ったので30歳までは生きられないと思う」 生前、本人が度々…

季節(いま)の歌

SEPTEMBER〜“キャンパス・ポップス”という新たな言葉を生み出した竹内まりやの出世作

からし色のシャツ追いながら 飛び乗った電車のドア いけないと知りながら 振り向けば隠れた 町は色づいたクレヨン画 涙までそめて走る 年上の人に会う 約束と知って…

TAP the NEWS

およげ!たいやきくん〜リリース直前に起こった異例の歌手差し替え!?そして前代未聞の大ヒット!!!

まいにち まいにち ぼくらはてっぱんの うえで やかれて いやになっちゃうよ あるあさ ぼくは みせのおじさんと けんかして うみに にげこんだのさ はじめて …

TAP the NEWS

Happy Birthday To You〜世界で一番歌われている曲の原曲は“おはようの歌”だった

「この曲を知らない人はいない」と言っても過言ではだろう。 世界で一番歌われている曲としてギネスワールドレコーズに載り、音楽著作権で史上最も稼いだ曲の第1位に選出…

季節(いま)の歌

September〜アース・ウィンド・アンド・ファイアーが放ったダンスナンバーの金字塔

覚えてるかい 9月21日の夜のこと 知らんぷりしてた僕らの気持ちを愛が変えたんだ 雲を追い払うようにね 僕たちの心は高鳴っていた 魂の歌に合わせて 僕たちが踊っ…

TAP the NEWS

ガーランド・ジェフリーズの名盤〜ニューヨークで生まれた混血アーティストによる“80’sストリートロック”の金字塔〜

ニューヨークのブルックリンが生んだシンガーソングライター、ガーランド・ジェフリーズをご存知だろうか? 1943年、黒人と白人のハーフの父親とプエルトリカンの母親…

季節(いま)の歌

太陽がくれた季節〜70年代の若者の姿を瑞々しく描いた人気ドラマの主題歌

君は何を今 見つめているの 若い悲しみに 濡れたひとみで 逃げてゆく白い鳩 それとも愛 君も今日からは 僕らの仲間 飛びだそう 青空の下へ 君は何を今 待ちつづ…

TAP the NEWS

たどりついたらいつも雨ふり〜吉田拓郎が書き下ろしたザ・モップスの代表曲

疲れ果てて いることは 誰にもかくせは しないだろう ところがオイラは 何のために こんなに疲れて しまったのか 今日という日が そんなにも 大きな一日とは 思…

TAP the DAY

ペッパー警部〜ピンク・レディーの快進撃

1976年の8月25日にピンク・レディーは「ペッパー警部」でデビューした。 斬新な歌詞と覚えやすいメロディー、セクシーな衣裳と大胆な振り付けで70年代後半の歌謡…

TAP the DAY

Alison〜ウディ・アレンの映画のような傑作ラブソング

63歳を迎えたエルヴィス・コステロ。 彼の本名はデクラン・パトリック・アロイシャス・マクマナスという。 1954年8月25日、ロンドンで生まれた彼のステージネー…

TAP the NEWS

浜田ケンジ独占ロングインタビュー〜笑福亭鶴瓶の説教!?路地裏でコソコソやるな!表通りに店出さんかい!!

一生懸命歌う事です。 続けたくても続けれない人や、一線から退いた友達を沢山見てきました。 僕は“やりたい事をやって生きて行く”と思ってやってたんですが、それは勘…

街の歌

Blue Kentucky Girl〜カントリーの女王たちが唄い継いだ名曲

カントリーミュージック。 それはアメリカ合衆国南部で発祥した音楽である。 「アパラチアンミュージック」「マウンテンミュージック」「ヒルビリー」「カントリー&ウエ…

TAP the NEWS

遠藤賢司の名曲カレーライス〜日常の中に描かれた三島由紀夫の切腹自殺

君も猫も僕も みんな好きだよ カレーライスが 君はトントン じゃがいもにんじん切って 涙を浮かべて たまねぎを切って バカだな バカだな ついでに自分の手も切っ…

TAP the DAY

Rocky Mountain High〜ジョン・デンバーが自伝的な歌に込めた大自然への想い

2016年から国民の祝日として8月11日が“山の日”になった。 日本の議員連盟による制定により「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ということで祝日になっ…

TAP the DAY

CASE OF BOØWY〜限界点を超えた伝説の全曲演奏GIG

1987年の夏、人気絶頂だったBOØWYが神戸と横浜で2夜限り特別公演を行なった。 CASE OF BOØWYと名打たれたそのステージでは当時のバンドの持ち曲す…

TAP the NEWS

青春の影〜チューリップの運命を大きく変えた一曲

この歌は、財津和夫(当時26歳)が在籍したチューリップが1974年の6月5日にリリースした楽曲である。 前年に大ヒットを記録した「心の旅」からアイドル路線を走っ…

街の歌

Born in Chicagoを聴きながら…ホワイトブルースの先駆者ポール・バターフィールドの足跡を辿る

この歌は、アメリカを代表するホワイトブルースの先駆者ポール・バターフィールドが率いたバンドの記念すべきデビュー曲だ。 一部の洋楽ファンの間では「日本において過小…

スポンサーリンク

2 / 2212345...>>
Pagetop ↑