佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。唄うたい/ライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

季節(いま)の歌

Lullaby of the Leaves(木の葉の子守歌)〜アメリカのポピュラー音楽の礎を築いた“ティン・パン・アレー” から生まれた名曲

何万という星が見下ろす南部の空の下で 僕をゆりかごに眠らせて歌っておくれ 木の葉よ…子守唄を歌っておくれ 天の青さで僕を覆い ひとつ、ふたつ夢を見させておくれ …

TAP the NEWS

故郷(ふるさと)〜100年以上歌い継がれてきた日本人の心の風景

兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川 夢は今もめぐりて 忘れがたき ふるさと おそらく老若男女を問わず、日本人だったら誰でも一度は耳にしたことのある曲の一つだろう。…

TAP the DAY

キャブ・キャロウェイを偲んで〜大恐慌の嵐が吹き荒れたアメリカで黒人エンターテイナーとして最大級の人気を博した男の軌跡〜

1930年代、大恐慌の嵐が吹き荒れたアメリカで“黒人エンターテイナー”の代名詞的な存在だったキャブ・キャロウェイ。 “ズート・スーツ”なる膝まである長い上着と、…

街の歌

A Foggy Day〜霧の都ロンドンをテーマにした名曲の誕生秘話

秋といえば霧。 そして霧といえば…霧の都ロンドン。 そのロンドンの“霧”の正体をご存知だろうか? 19世紀のイギリスは産業革命によってもたらされた工業化により、…

TAP the NEWS

心の旅〜チューリップを一躍人気アーティストにした楽曲の誕生秘話

ああだから今夜だけは 君を抱いていたい ああ明日の今頃は 僕は汽車の中 旅立つ僕の心を知っていたのか 遠く離れてしまえば 愛は終るといった もしも許されるなら …

TAP the DAY

りりィを偲んで〜十代で天涯孤独となった少女が歌った圧倒的なリアリティー

1972年に1stシンングル「にがお絵」でデビューを果たしたりりィ。 福岡県出身の20歳のハーフ美人だった。 独特のハスキーボイスが話題となり、1973年7月5…

TAP the STORY

レナード・コーエン27歳〜輝き始めた希代の詩人

自由を追い求め…恋多き人生を歩んできた男、レナード・コーエン。 彼が“詩人”としてのキャリアをスタートさせたのは大学時代だった。 カナダの名門公立大学に通いなが…

TAP the NEWS

ミロール〜売春宿で育った伝説のシャンソン歌手エディット・ピアフの代表曲

おいでよ ミロール かけなさいよ 足のばしてさ なにもかも お任せな ミロール 不思議そうな 顔しないでさ あんたは顔見知りさ ミロール 港みなと渡りあるく 私…

季節(いま)の歌

Autumn In New York(ニューヨークの秋)〜天才作曲家ガーシュウィンの愛弟子が書いた秋の名曲

ジャズのスタンダードナンバーとして人気の高いこの名曲「Autumn In New York(ニューヨークの秋)」は、作曲家ヴァーノン・デュークが作詞も手掛けた作…

TAP the STORY

鮮烈なブルーを放った女神〜ジョニ・ミッチェル27歳〜

♪「All I Want」/ジョニ・ミッチェル ローリング・ストーン誌『The 500 Greatest Albums of All Time』において、女性ソ…

TAP the NEWS

ライオンは寝ている〜南アフリカ・ズールー族に伝わる古い民謡が突然変異!?を遂げて全米1位となった

大きな大きなジャングルで 今夜ライオンは眠っている 大きな大きなジャングルで 今夜ライオン 眠っている 平和なこの村の近くで 今夜ライオンは眠っている 平和なこ…

季節(いま)の歌

紅葉(もみじ)〜日本の着物に喩えられた美しい詩は、碓氷峠にあった小さな駅から見える風景だった

文部省唱歌作家で“名コンビ”とされている高野辰之(作詞家)と岡野貞一(作曲家)。 「故郷(ふるさと)」、「春が来た」、「朧月夜(おぼろづきよ)」など、彼らの名前…

TAP the STORY

マリア・カラス27歳〜白髪の実業家との結婚、過食症の克服、そしてスカラ座デビューから黄金期の幕開け

伝説のオペラ歌手マリア・カラス。 エキゾティックな美貌と強靱な声、そして緊張感あふれる劇的な表現。 オペラ史上において、彼女ほど人気とカリスマ性を持つ人物は後に…

TAP the NEWS

ロビンソン〜歌詞の内容とは無関係な曲名、そして気負わなかったことによって吹いた“追い風”

新しい季節は なぜかせつない日々で 河原の道を自転車で 走る君を追いかけた 思い出のレコードと 大げさなエピソードを 疲れた肩にぶらさげて しかめつら まぶしそ…

街の歌

東京〜まだ“遠距離恋愛”という言葉がなかった時代に描かれた名曲の誕生秘話

この歌が発売された1974年(昭和49年)と言えば「巨人軍は永久に不滅です」という名台詞を残して長嶋茂雄が現役引退をした年である。 セブンイレブンの第1号店が東…

TAP the DAY

アート・ブレイキーを偲んで〜ピアニストからドラマーへの突然の転身、親日家、後進たちに刻み続けるハートビート(鼓動)〜

アート・ブレイキー。 脈々と続くジャズ史において、輝かしくその名前を刻んだ名ドラマーである。 1919年10月11日 、アメリカ合衆国のペンシルベニア州ピッツバ…

街の歌

悲しい色やね〜大阪弁、女言葉で綴られた名曲はこうして生まれた

にじむ街の灯を ふたり見ていた 桟橋に停めた 車にもたれて 泣いたらあかん泣いたら せつなくなるだけ Hold me tight 大阪 Bay blues 「俺…

TAP the NEWS

アメージング・グレイス〜奴隷商人から牧師に転進した男が書いた悔恨と感謝の歌

アメージング・グレース(なんと甘美な響きよ) 私のようなろくでなしでさえも、救ってくださった 私はかつて道に迷っていたが、いま見つけ出された 私の目は真実が見え…

季節(いま)の歌

道化師のギャロップ〜あの運動会の定番曲は児童劇のために作曲されたものだった!?

スポーツの秋ということで…誰もが一度は耳にしたことのある“運動会の定番曲”をご紹介します。 運動会の起源はヨーロッパにあるとされるが、日本で行われだしたのは明治…

街の歌

カントリーロード〜70年代のアメリカを代表する大ヒットソングの誕生秘話〜

誰もが一度は胸に抱く都会への憧れ。 進学、就職、または夢を追いかけて…故郷から旅立ってゆく人々。 その多くの者達が、ある時期必ず想うことがある。 「故郷へかえり…

スポンサーリンク

5 / 25<<...34567...>>
Pagetop ↑