佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。ライター/シンガーソングライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

■PV「唄うたい」(YouTubeライブ動画)
https://www.youtube.com/watch?v=1j0ZiOPVGWQ

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

news_160710

TAP the NEWS

Bridge over Troubled Water〜この国、この世界の明日に“希望の橋”が架かりますように〜

君がもし、疲れ果てて 自信もなくなって 涙もこぼれ落ちてくるようだったら 僕がその涙をふいてあげよう 僕がそばにいるからね 人生が大変で辛いとき それから、友達…

David-Bowie-Symposium-1050x802

TAP the DAY

七夕の日に“スターマン”を聴く〜星になってしまった男、デヴィッド・ボウイを偲んで〜

今日は七夕。 日本では今夜、たくさんの子供達が夜空を見上げて星を眺めることだろう。 「子供達に心を使わせよう」 「子供達みんなにブギーをさせよう」 2016年1…

news_150201

TAP the NEWS

All Of Me〜ジャズ界の巨人や歌姫たち、そしてメロコアの雄や日本のアイドルまでが歌った失恋ソング〜

♪「All Of Me」/ ルイ・アームストロング All of me why not take all of me Can’t you see I…

machinouta_160703

街の歌

オリビアを聴きながら〜六本木・芋洗坂での一人暮らしから生まれた珠玉のメロディー〜

お気に入りの歌 一人聴いてみるの オリビアは淋しい心 なぐさめてくれるから ジャスミンティーは 眠り誘う薬 私らしく一日を 終えたいこんな夜 出会った頃はこんな…

story_151101

TAP the STORY

ジム・モリソン27歳〜“終わりの歌”が放つ永遠の閃光〜

何もかもが、これで終わる これで終わりだ、美しき人よ これで終わり…ただ一人の友よ、終わりなんだ 自由は君を傷つける 君は決して僕にはついて来ない その微笑みも…

news_160703

TAP the NEWS

2016 TAP the NEWS上半期〜人気記事&推し記事ダイジェスト〜

2016年の折り返し地点です。 今週はTAP the NEWSが 2016年上半期で公開した27本の記事の中で、特にご好評をいただいたシーリーズコラム“音故知新…

dolphy2

TAP the DAY

奇妙な宇宙船に乗って旅立っていった男〜ジャズ界の鬼才エリック・ドルフィーを偲んで〜

「A great solo on Take the A Train」/エリック・ドルフィー 今日は、ロサンゼルス生まれのジャズ・サックス奏者エリック・ドルフィー…

img_4

TAP the NEWS

伝説の歌姫・越路吹雪③〜生肉と餅と“虎”のおまじない〜

“日本のシャンソンの女王”と呼ばれた稀代の歌手、越路吹雪。 彼女にはいくつもの浮世離れした逸話が残っており、その“伝説”は今も語り継がれている。 今回は伝説の歌…

story_160625

TAP the STORY

レディー・ガガ27歳〜世界で最も稼ぐ二十代となった彼女が経験した裏切りと、シアトリカルな創造力〜

2013年、レディー・ガガは27歳にしてアルバム『ARTPOP』で新境地を切り拓いた。アルバムのリリースイベントをニューヨークのブルックリン海軍工廠(Brook…

1401x788-132979117

TAP the DAY

ロックギターの“改革者”ジェフ・ベック〜ストーンズからの誘い、そしてビートルズのプロデューサーを迎えて作った名盤〜

ジェフはとても変わった男だった。 彼の最大の趣味は車で、特にホットロッドカーに興味があり、車の下に潜り込んでオイルを交換し、体中油だらけになることが最も楽しんで…

13428600_1100961686642989_7458304013818925538_n

TAP the DAY

レイ・デイヴィスの詩世界〜稀代の皮肉屋と呼ばれた男のロマンティシズムと純情〜

レイ・デイヴィス。 言わずと知れたイギリスを代表するロックバンド、キンクスのフロントマンである。 今日は1944年6月21日に生まれた彼の誕生日を記念して、あら…

imanouta_160619

季節(いま)の歌

アカシアの雨がやむとき〜日本の歌謡曲の潮流を変えた歌、その時代背景と誕生秘話〜

アカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい 夜が明ける 日がのぼる 朝の光のその中で 冷たくなったわたしを見つけて あの人は涙を流してくれるでしょうか ア…

5dc0893f77d7e03087310ef1edee8edb

TAP the NEWS

伝説の歌姫・越路吹雪②〜酒と煙草と大めし食らい〜

“日本のシャンソンの女王”と呼ばれた稀代の歌手、越路吹雪。 彼女にはいくつもの浮世離れした逸話が残っており、その“伝説”は今も語り継がれている。 今回は伝説の歌…

day_160613

TAP the DAY

ベニー・グッドマンを偲んで〜アメリカ音楽史上初めて黒人と白人を同じバンドで演奏させたスウィングジャズの立役者〜

作家の村上春樹は著書の中でベニー・グッドマンについてこんな風に綴っている。 肌の色なんかよりは、その時代その時代の優れたミュージシャンをリクルートし、新しい息吹…

news_160612

TAP the NEWS

伝説の歌姫・越路吹雪①〜痩せっぽちでノッポの落ちこぼれ〜

越路吹雪。 彼女は、日本の元号が「昭和」になる前の「大正」の13年(1924年)に生まれた。 戦中から戦後は宝塚男役スターとして活躍し、1951年に宝塚を退団し…

ornette_coleman_1

TAP the DAY

オーネット・コールマンを偲んで〜新しいジャズ=フリージャズを創り出した革命家の偉業〜

2015年の6月11日の朝、従来のジャズの演奏スタイルを覆した“ジャズの革命家”がニューヨークのマンハッタンで死去した。 家族の代理人によれば、死因は心不全。8…

160605_news

TAP the NEWS

喝采〜ちあきなおみが歌った“悲しみの名曲”の誕生秘話〜

いつものように 幕があき 恋の歌うたう私に 届いた報(しら)せは 黒いふちどりが ありました あれは三年前 止めるあなた駅に残し 動きはじめた汽車に ひとり飛び…

putland_michael_033_keith_richards___ron_wood_577 のコピー

TAP the DAY

愛されつづけるロン・ウッド〜憧れのローリング・ストーンズに加入したターニングポイント〜

「ロニーとはストーンズに入る前から一緒にプレイしているんだ。ヤツと一緒にやるのは楽しくてね。ある時から“ロニーはストーンズに入るべきだ”と思うようになった。ヤツ…

news_160529

TAP the NEWS

二人の母、二人の妻、そして二人のレノン・後編

ジョンレノン。 彼には二人の母がいた。 彼は二人の妻と結婚した。 そして彼は二人の息子をこの世に残した。 ジュリアとミミ。 シンシアとヨーコ。 ジュリアンとショ…

story_160528

TAP the STORY

ビリー・ジョエル27歳〜“特別な街”に戻って紡いだ“特別な一曲”〜

日常のわずらわしさから逃れようと 休暇に出かける人達もいる マイアミビーチからハリウッドへひとっ飛びだ でも俺はグレイハウンドバスに乗り込んで ハドソン川を渡る…

スポンサーリンク

5 / 17<<...34567...>>
Pagetop ↑