佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。ライター/シンガーソングライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

■PV「唄うたい」(YouTubeライブ動画)
https://www.youtube.com/watch?v=1j0ZiOPVGWQ

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

day_160922

TAP the DAY

別れのブルース〜日本初の“ブルース歌謡”の誕生秘話と、淡谷のり子が経験した特攻隊員たちとの悲痛な別れ〜

特攻隊の慰問にいったときのこと。 白鉢巻をした兵隊さんがいっぱいいるんですよ。 ちょっと横を向いたら2~30人もいたでしょうか. 中には子供みたいな兵隊さんもい…

0000184 のコピー

TAP the NEWS

ルビーの指環物語・前編〜29歳で経験した大病、石原裕次郎の一声、担当プロデューサーの戦略〜

くもり硝子の向こうは風の街 問わず語りの心が切ないね 枯葉ひとつの重さもない命 貴女を失ってから… 「指環」と書いて“ゆびわ”と読ませたこの昭和歌謡を代表するミ…

marc_bolan

TAP the DAY

耽美な歌〜オスカー・ワイルドの美学に共鳴したグラムロック〜

「けばけばしい俗物だ!」 「病的で有害だ!」 そんな罵声を浴びながら誕生したグラムロックの歴史は、T・レックスの1sシングル「Ride A White Swan…

day_160916_02

TAP the DAY

マリア・カラスを偲んで②〜映画出演、人生最後の恋、ラストステージ…そしてパリでの寂しい晩年〜

1969年、46歳を迎えた彼女は、心の痛手を振り切るかのように映画『王女メディア』(1970年公開)の撮影に挑んでいた。 それは、自身のキャリアにおいて初となる…

day_160916_01

TAP the DAY

マリア・カラスを偲んで①〜過食症、年の差婚、大富豪との恋、自殺未遂…波瀾万丈の歌人生〜

1997年9月16日13時30分、パリの自宅の浴室で一人の女性歌手がこの世を去った。 家政婦によれば、彼女は正午頃に目を覚まして朝食をとり、ふらつく足取りで浴室…

original

TAP the DAY

ビル・エヴァンスを偲んで〜マイルスとの出会い、パートナーや実兄との死別、悲劇の最期〜

「ビル・エヴァンスの演奏には、いかにもピアノという感じの静かな炎のようなものがあった。」(マイルス・デイヴィス) 1980年9月15日午後3時30分、ジャズピア…

news_160911

TAP the NEWS

カルメン・マキ物語〜高校中退、寺山修司アングラ劇団との出会い、紅白歌手、そしてロックへの転向〜

「高校をやめてどうするの!?」 1968年のある日、彼女の母は語気を強めて言った。 カルメン・マキことマキ・アネット・ラブレイスは当時まだ17歳の高校二年生だっ…

imanouta_160911

季節(いま)の歌

すみれSeptember Love〜まさに“新しい波(ニューウェイヴ)”を起こした土屋昌巳の才能と功績〜

この「すみれ September Love」は、土屋昌巳(当時30歳)率いる一風堂が1982年7月21日に発売した6枚目のシングルである。 当時、最先端のスタイ…

news_160904

TAP the NEWS

八田ケンヂの歌魂〜よりシンプルかつストレートで“メッセージ色の強い”ソングライティング〜

「ヒューマン」 何でもありじゃねぇ!ルールがあるのさ! 人として生きる 魂のルールが! オレたちの中の良心に恥じるな! オレたちの中の愛に恥じるな! アイアム …

800__P2093262

街の歌

無縁坂〜母の人生を坂道に喩えながら綴ったさだまさしの名曲〜

母がまだ若い頃 僕の手をひいて この坂を登るたび いつもため息をついた ため息をつけば それで済む 後だけは見ちゃだめと 笑ってた白い手は とてもやわらかだった…

掘下さゆりA写・切取-1024x682

TAP the NEWS

堀下さゆりの子育てソング〜一児の母となって紡いだ “ママさんあるある”応援歌〜

今日も一日頑張りました 一人で育児奮闘しました 髪振り乱して顔も洗えず 気づけば一日終わってました 可愛いあの子はやっとねんね すやすや天使のような顔して これ…

story_160827

TAP the STORY

ミック・ジャガー27歳〜悪魔的なカリスマ性、そして最初の妻ビアンカとの出会い〜

ローリング・ストーンズにとって60年代は、ブライアン・ジョーンズの死とオルタモントの悲劇という“衝撃的な出来事”と共に幕を閉じた。 そして1970年の夏、ミック…

_R3S2015

TAP the NEWS

友川カズキ物語〜デビューまでの道のり、映画“戦メリ”の主役を蹴った過去、怒れる詩人としての信念〜

1980年代の初頭、映画監督・大島渚はある無名のシンガーソングライターを呼び出した。 それは新作映画への出演依頼だった。 しかも主役という大抜擢。 共演者はデヴ…

day_160816_2

TAP the DAY

マドンナ青春物語・後編〜たった35ドルから始まったニューヨーク生活、神よりも有名になる!そして掴んだ夢への切符〜

80年代から約35年経った今も進化をし続け、トップの座に君臨し続ける “クイーン・オブ・ポップ”マドンナ。 58歳を迎えた今も、そのカリスマ性と創造性は衰えるこ…

day_160816_1

TAP the DAY

マドンナ青春物語・前編〜母の死、父への愛憎、とにかく目立ちたい!剃らない脇毛と突然の大学中退〜

80年代から約35年経った今も進化をし続け、トップの座に君臨し続ける “クイーン・オブ・ポップ”マドンナ。 58歳を迎えた今も、そのカリスマ性と創造性は衰えるこ…

ndh2

TAP the DAY

戦争の親玉〜終戦記念日に聴いておきたい歌〜

終戦記念日です。 日本では一般的に8月15日とされている。 1945年(昭和20)8月10日、日本は米英中3国によるポツダム宣言受諾を申し入れ、15日無条件降伏…

news_160814

TAP the NEWS

ガーランド・ジェフリーズの名盤〜ニューヨークで生まれた混血アーティストによる“80’sストリートロック”の金字塔〜

ニューヨークのブルックリンが生んだシンガーソングライター、ガーランド・ジェフリーズをご存知だろうか? 1943年、黒人と白人のハーフの父親とプエルトリカンの母親…

____

TAP the NEWS

山崎ハコ物語〜10代でデビュー、40代で事務所倒産、そしてホームレスに近い極貧生活…それでも歌がなければ生きれなかった〜

何のために今まで そして今からも 生きているのか わかったような気がします いいんです 報われぬとも 願いは叶わぬとも この思いは 本当の私だからです 今 私は…

imanouta_160807

季節(いま)の歌

RCサクセションのヒット曲〜サマーツアーの歌詞に秘められたソウルフルな“隠し味”とは!?〜

RCサクセションが1982年の6月にリリースした12枚目のシングル「サマーツアー」にまつわる逸話をご紹介します♪ この楽曲のクレジットは忌野清志郎と仲井戸麗市の…

day_160806

TAP the DAY

ビックス・バイダーベックを偲んで〜白人ジャズを確立した男が駆け抜けた“酒とJazz”の日々〜

作家の村上春樹は著書の中で、ビックス・バイダーベックについてこんな風に綴っている。 ビックスの偉大な才能を知るには、たった二曲を聴くだけで十分だ。 “…

スポンサーリンク

5 / 18<<...34567...>>
Pagetop ↑