「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。唄うたい/ライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

TAP the NEWS

誰かにこっそり教えたいサム・フィリップス〜名プロデューサー、Tボーン・バーネットとの夫婦愛〜

♪「How to dream」/サム・フィリップス We search the sky, planets chasing the stars 私たちは惑星を見つ…

街の歌

大阪で生まれた女〜30分を超える歌物語をヒット曲に導いたのはロック界の大物だった!〜

1979年、当時25歳だったBOROはシングル「大阪で生まれた女」で歌手デビューを果たす。 きっと40代から50代の大阪人にとっては、今でも思い入れの強い楽曲の…

街の歌

テネシーワルツ物語・後編〜江利チエミが愛した歌、彼女を愛した高倉健〜

戦後間もない1947年頃、日本にはアメリカの文化が怒濤のように流れ込んできた。 当時の若者たちは、アメリカの映画に熱中し、アメリカのポップ音楽に耳を傾けていた。…

TAP the NEWS

さよなら、アンジェリーナ〜ジョーン・バエズの歌と共に辿るフォークの歴史〜

♪「Farewell Angelina」/ジョーン・バエズ Farewell, Angelina The bells of the crown Are bein…

TAP the NEWS

童話から生まれた歌・後編〜父親になってプーさんと再会したケニー・ロギンス

森の泉は本当の自分の姿を映し出すと言う。 恐る恐る覗いてみると… そこには一人の子供が映っていました。 それは、自分の子供の頃の顔とそっくりな少年でした。 19…

街の歌

テネシーワルツ物語・前編〜鼻歌とマッチ箱から生まれた永遠の名曲〜

カントリー、ポップス、ジャズ、ブルース、R&B…そして西洋、東洋、女性、男性を問わず数え切れないほどの歌手がカヴァーしてきた「Tennessee wa…

TAP the NEWS

童話から生まれた歌・前編〜クマのプーさんが導いたケニー・ロギンスの成功〜

■アリス150周年!本国イギリスではイベントが目白押し!(by.Sバイエスより) 今年はルイス・キャロル作の最初の『Alice in Wonderland(不思…

TAP the NEWS

親子の歌〜Father and Son〜

5月5日は「子供の日」。 今年の「母の日」は5月10日。 そして「父の日」は6月21日です。 新緑眩しいこの季節、親子の絆を深める記念日が続きます。 今から約4…

TAP the NEWS

大手レコード会社の大誤算!?〜イギー・ポップが野菜畑で語った新境地とは〜

■イギー・ポップ、ジャーヴィス・コッカーに経済や音楽哲学を語る(rockin’on RO69より) 日常的には俺たちの日々の暮らしを支配しているお金の仕組みがあ…

街の歌

新宿の歌〜長渕剛が描いた“昭和から平成へ”変わりゆく街と人情〜

続けざまに苦しそうなせきばらいをしてた 西新宿の飲み屋の親父が昨日死んだ 「俺の命もそろそろかな」って吸っちゃいけねえタバコふかし 「日本も今じゃクラゲになっち…

TAP the NEWS

その歌は貧しい人々のために唄われた・後編〜アメリカの名作『怒りの葡萄』と、ウディ・ガスリーという男〜

■富裕層と貧困層の食事を並べてみた「持てる者と持たざる者」の目に余る格差(The Huffington Postより) 写真家のヘンリー・ハーグリーブス氏とケイ…

TAP the NEWS

その歌は貧しい人々のために唄われた・前編〜ディランの歌、反骨の血、その源流を辿る〜

■世界で最も貧しい国の男たち“サプール”が全力でオシャレする理由(しらべぇより) 大半の国民が1日1ドル以下で生活をするこの国で、アルマーニやプラダといった一流…

58 / 65<<...5657585960...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ