「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

吉田 ボブ

1997年千葉県松戸市生まれ、東京在住。
マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画『THIS IS IT』をきっかけに音楽に目覚める。
現在、早稲田大学文化構想学部に在学中。学生誌「WASEDA LINKS」では編集長を務めた。

吉田 ボブ が最近聴いてるアルバム

吉田 ボブ の記事一覧

ミュージックソムリエ

PUNPEEが創り上げた一本の映画のようなCDアルバム 〜『MODERN TIMES』〜

「アルバムって覚えてる?」 これは生前のプリンスが、2015年のグラミー最優秀アルバム賞のプレゼンターとして放った言葉だ。 実際2015年頃を境にして、ストリー…

ミュージックソムリエ

『シン・ゴジラ』で生まれ変わったゴジラの音

庵野秀明によって12年ぶりにリニューアルされた映画『シン・ゴジラ』は、1950年代に初めてゴジラを観た人々と同じぐらいの衝撃を僕たちにも与えた。 個人的には小学…

ミュージックソムリエ

音楽で加速する物語『ベイビー・ドライバー』

2017年の映画作品において『LA LA LAND』や『SING』など、音楽が物語の中心となった作品が世界中で大ヒットを記録した。 これらの映画において音楽はた…

ミュージックソムリエ

受け継がれるメロディとアレンジ 〜小沢健二とSEKAI NO OWARI〜

2017年、本格的に音楽活動を再開した小沢健二。彼は2月にシングル「流動体について」をリリースし、音楽番組にも精力的に出演する。さらにはFUJI ROCK FE…

ミュージックソムリエ

「郷土料理のような音楽」を目指す、never young beach

過去のロックやポップスに新しい要素を取り込み、自分たちのオリジナティに昇華させることによって新たな音楽は生まれてきた。イギリスのオアシスやアークティック・モンキ…

ミュージックソムリエ

HYUKOHが生み出したアジアの新しいロック

新しいポップ・ミュージックは海外から入ってきたものが、その国の風土や文化と混ざり合った時に誕生する。 ビートルズの音楽も自分たちのバックボーンと、アメリカのロッ…

ミュージックソムリエ

カサビアンによるオルタナティヴ・ロックの体現

オルタナティヴ・ロックという言葉が開発されたのは1980年代のことである。の音楽産業はディスコ・ミュージックやヘヴィ・メタルといった音楽が、ビルボード・チャート…

ミュージックソムリエ

ゴリラズという新しいバンドの形を生み出したデーモン・アルバーンとジェイミー・ヒューレット

アーティストの「魅せ方」というのは、楽曲と同じぐらい大切にされてきた。きらびやかな衣装で腰を振りながら歌うエルヴィス・プレスリーもそうであったし、全員スーツ姿で…

ミュージックソムリエ

音から生まれる物語 ~ 音楽と切り離せないクエンティン・タランティーノの映画

ここ数年、映像と音楽がマッチした映像作品が世界中で再び脚光を浴びている。 映画『LA LA LAND』の大ヒットを始め、日本でもアニメ『君の名は。』がその主題歌…

ミュージックソムリエ

映画「サブマリン」から変わり始めたアークティック・モンキーズのロック

一躍イギリスを代表するロックバンドになったアークティック・モンキーズの新たな始まりは、アレックスのソロ活動であった。彼は同世代のミュージシャン、マイルズ・ケイン…

ミュージックソムリエ

ロックを新しいものにしたアークティック・モンキーズの衝撃

ビートルズやストーンズが黒人音楽から多大な影響を受け、ロックをポピュラーなものにしたように、ポップミュージックは今まであったものを時代に合うようにアップデートし…

ミュージックソムリエ

さらにドーンと行く男たち 〜エレファントカシマシ〜

今年30周年を迎えたエレファントカシマシ。他のミュージシャンとは一線を画すような活動を続けながらも、日本を代表するロックバンドであり続けているバンドである。 僕…

4 / 512345

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ