dolphy2

TAP the DAY

奇妙な宇宙船に乗って旅立っていった男〜ジャズ界の鬼才エリック・ドルフィーを偲んで〜

「A great solo on Take the A Train」/エリック・ドルフィー 今日は、ロサンゼルス生まれのジャズ・サックス奏者エリック・ドルフィー…

9bac47fe2ac45f217e12e24a17ff10f0

TAP the DAY

マイケル・ジャクソンの命日に残された率直な言葉に向き合ってみてはどうだろうか

2009年6月25日に亡くなった後も多くのファンを魅了するマイケル・ジャクソンは、常に自分自身の経験を踏まえながら、人権の平等や人種差別の撤廃を訴え続けた人だっ…

1401x788-132979117

TAP the DAY

ロックギターの“改革者”ジェフ・ベック〜ストーンズからの誘い、そしてビートルズのプロデューサーを迎えて作った名盤〜

ジェフはとても変わった男だった。 彼の最大の趣味は車で、特にホットロッドカーに興味があり、車の下に潜り込んでオイルを交換し、体中油だらけになることが最も楽しんで…

johnnycash_1956

TAP the DAY

粘り強い押し売りによってレコード・デビューを果たしたジョニー・キャッシュ

1954年、兵役を終えてドイツから戻ってきたジョニー・キャッシュは、当時交際していたヴィヴィアンと結婚すると音楽の盛んな町、テネシー州メンフィスで新たな生活をス…

13428600_1100961686642989_7458304013818925538_n

TAP the DAY

レイ・デイヴィスの詩世界〜稀代の皮肉屋と呼ばれた男のロマンティシズムと純情〜

レイ・デイヴィス。 言わずと知れたイギリスを代表するロックバンド、キンクスのフロントマンである。 今日は1944年6月21日に生まれた彼の誕生日を記念して、あら…

day_160613

TAP the DAY

ベニー・グッドマンを偲んで〜アメリカ音楽史上初めて黒人と白人を同じバンドで演奏させたスウィングジャズの立役者〜

作家の村上春樹は著書の中でベニー・グッドマンについてこんな風に綴っている。 肌の色なんかよりは、その時代その時代の優れたミュージシャンをリクルートし、新しい息吹…

ornette_coleman_1

TAP the DAY

オーネット・コールマンを偲んで〜新しいジャズ=フリージャズを創り出した革命家の偉業〜

2015年の6月11日の朝、従来のジャズの演奏スタイルを覆した“ジャズの革命家”がニューヨークのマンハッタンで死去した。 家族の代理人によれば、死因は心不全。8…

niagara

TAP the DAY

大瀧詠一が後進のために残した貴重な財産~ラジオ番組『ゴー・ゴー・ナイアガラ』

はっぴいえんどのメンバーとしてプロ・デビューする大瀧詠一は、バッファロー・スプリングフィールドの音楽がきっかけで、細野晴臣と松本隆と出会って1969年の秋にバン…

david_bowie_berlin

TAP the DAY

ベルリンの壁の向こうから聞こえる歓声を背に歌ったデヴィッド・ボウイ

デヴィッド・ボウイの訃報が流れたのは2016年1月10日、亡くなった翌日のことだった。 ロックンロールの新たな可能性を切り拓いた偉大なスターの死に、多くのアーテ…

シャボン玉ホリデー

TAP the DAY

伝説となったクレイジー・キャッツとザ・ピーナッツの番組『シャボン玉ホリデー』が始まった

1961年6月4日に『シャボン玉ホリデー』が放送開始したときの視聴率は10,1%で、それが9月まで続いていたが、10月から急に16%前後に跳ね上がった。 その理…

putland_michael_033_keith_richards___ron_wood_577 のコピー

TAP the DAY

愛されつづけるロン・ウッド〜憧れのローリング・ストーンズに加入したターニングポイント〜

「ロニーとはストーンズに入る前から一緒にプレイしているんだ。ヤツと一緒にやるのは楽しくてね。ある時から“ロニーはストーンズに入るべきだ”と思うようになった。ヤツ…

TAP the DAY

デューク・エリントンを偲んで〜ジャズ界に偉大な功績を残した“公爵(デューク)”の足跡〜

作家の村上春樹は著書の中で、デューク・エリントンについてこんな風に綴っている。 天才というのは往々にして短気でせっかちで短命なものだが、彼はその才気溢れた人生を…

doobie

TAP the DAY

2つの“顔”がひとつになって復活を果たしたドゥービー・ブラザーズ

1970年代を代表するアメリカのロックバンドの1つ、ドゥービー・ブラザーズ。 およそ10数年の活動の中で毎年のようにメンバーが入れ替わっていたドゥービーズだが、…

day_160516

TAP the DAY

サミー・デイヴィスJr.を偲んで①〜片目を失った“史上最高のエンターテイナー”の生い立ちと、成功への軽やかなステップ〜

1990年5月16日、サミー・デイヴィスJr.は64歳でこの世を去った。 もともと葉巻を片手にステージに立つほどのヘヴィースモーカーだったことから喉頭癌を患い、…

TAP the DAY

サミー・デイヴィスJr.を偲んで②〜“史上最高のエンターテイナー”がステージで歌い続けた落ちぶれたダンサーの歌〜

歌、ダンス、モノマネ、巧みなトーク、そしてトランペット、ドラム、ビブラフォンの演奏、映画やテレビでの演技など、様々な“芸”を極め「Mr.エンターテインメント」と…

day_160513

TAP the DAY

チェット・ベイカーを偲んで〜悲劇の終焉を迎えた色男が歩んだ音楽人生とは?〜

「チェット・ベイカーの音楽には、紛れもない“青春”の匂いがする。ジャズシーンに名を残したミュージシャンは数多いけれど“青春”というものの息吹をこれほどまで鮮やか…

day_160430

TAP the DAY

ウィリー・ネルソン83歳〜永遠のアウトロー魂、多くのミュージシャンたちからリスペクトされている男の魅力〜

「彼は素晴らしいミュージシャンだ。生き方も、人柄も素晴らしい。彼は作った曲を、実に正しい形で世に残している。」(トニー・ベネット) 「ウィリーが様々な音楽に広い…

earthday1

TAP the DAY

忌野清志郎が「スローバラード」ではなく「あこがれの北朝鮮」を歌った波乱のアースデー・コンサート

2003年4月22日のアースデーの夜、日本武道館で開かれたTOKYO FM主催の“アースデー・コンサート”は、まず夏川りみの歌声で始まり、次にミッチーこと及川光…

landscape-1449740897-iggypop-bysukita2

TAP the DAY

Post Pop Depression〜69歳になったイギー・ポップが“最後の作品になるかも知れない”と語る新作アルバム〜

「レミーが逝った。ボウイが逝った。彼は最後の唯一無二のスターなんだ!」(ジョシュ・オム) 先月、イギー・ポップがソロ名義としては17枚目となる新作アルバム『Po…

p01gdfrz

TAP the DAY

エディ・コクランを偲んで〜ロックンロール草創期の大スターが遺した功績と足跡〜

1950年代、アメリカでは幾人かの“ロックスター”が誕生した。 その中でも70年代までスターであり続けたのは、エルヴィス・プレスリーただ一人だけだった。 50年…

スポンサーリンク

4 / 8<<...23456...>>
Pagetop ↑