TAP the DAY

デューク・エリントンを偲んで〜ジャズ界に偉大な功績を残した“公爵(デューク)”の足跡〜

作家の村上春樹は著書の中で、デューク・エリントンについてこんな風に綴っている。 天才というのは往々にして短気でせっかちで短命なものだが、彼はその才気溢れた人生を…

doobie

TAP the DAY

2つの“顔”がひとつになって復活を果たしたドゥービー・ブラザーズ

1970年代を代表するアメリカのロックバンドの1つ、ドゥービー・ブラザーズ。 およそ10数年の活動の中で毎年のようにメンバーが入れ替わっていたドゥービーズだが、…

day_160516

TAP the DAY

サミー・デイヴィスJr.を偲んで①〜片目を失った“史上最高のエンターテイナー”の生い立ちと、成功への軽やかなステップ〜

1990年5月16日、サミー・デイヴィスJr.は64歳でこの世を去った。 もともと葉巻を片手にステージに立つほどのヘヴィースモーカーだったことから喉頭癌を患い、…

TAP the DAY

サミー・デイヴィスJr.を偲んで②〜“史上最高のエンターテイナー”がステージで歌い続けた落ちぶれたダンサーの歌〜

歌、ダンス、モノマネ、巧みなトーク、そしてトランペット、ドラム、ビブラフォンの演奏、映画やテレビでの演技など、様々な“芸”を極め「Mr.エンターテインメント」と…

day_160513

TAP the DAY

チェット・ベイカーを偲んで〜悲劇の終焉を迎えた色男が歩んだ音楽人生とは?〜

「チェット・ベイカーの音楽には、紛れもない“青春”の匂いがする。ジャズシーンに名を残したミュージシャンは数多いけれど“青春”というものの息吹をこれほどまで鮮やか…

day_160430

TAP the DAY

ウィリー・ネルソン83歳〜永遠のアウトロー魂、多くのミュージシャンたちからリスペクトされている男の魅力〜

「彼は素晴らしいミュージシャンだ。生き方も、人柄も素晴らしい。彼は作った曲を、実に正しい形で世に残している。」(トニー・ベネット) 「ウィリーが様々な音楽に広い…

earthday1

TAP the DAY

忌野清志郎が「スローバラード」ではなく「あこがれの北朝鮮」を歌った波乱のアースデー・コンサート

2003年4月22日のアースデーの夜、日本武道館で開かれたTOKYO FM主催の“アースデー・コンサート”は、まず夏川りみの歌声で始まり、次にミッチーこと及川光…

landscape-1449740897-iggypop-bysukita2

TAP the DAY

Post Pop Depression〜69歳になったイギー・ポップが“最後の作品になるかも知れない”と語る新作アルバム〜

「レミーが逝った。ボウイが逝った。彼は最後の唯一無二のスターなんだ!」(ジョシュ・オム) 先月、イギー・ポップがソロ名義としては17枚目となる新作アルバム『Po…

p01gdfrz

TAP the DAY

エディ・コクランを偲んで〜ロックンロール草創期の大スターが遺した功績と足跡〜

1950年代、アメリカでは幾人かの“ロックスター”が誕生した。 その中でも70年代までスターであり続けたのは、エルヴィス・プレスリーただ一人だけだった。 50年…

day_160416

TAP the DAY

河島英五を偲んで〜没後15年目に歌で“再会”を果たす娘・亜奈睦との絆〜

「酒と泪と男と女」「野風増」「時代おくれ」など数多くの名曲・名唱を遺し、惜しくも 2001 年 4 月 16 日この世を去ったシンガーソングライター河島英五(享…

9409015ビートルズの

TAP the DAY

「抱きしめたい」を聴いた瞬間、ビートルズ拒否から快諾に転じたデイブ・デクスター・ジュニア

アメリカのシングルチャートで、ビートルズが1位から5位を独占するという快挙は、ビルボード誌の1964年4月4日号でのことだ。 1位 「Can’t B…

day_160401

TAP the DAY

The Entertainerを聴きながら〜“ラグタイムの王”と呼ばれたスコット・ジョプリンの偉大なる功績〜

アメリカの名優ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが主演した映画『スティング』(1973年)といえば、第46回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、編集…

エイプリルフール

TAP the DAY

GSのザ・フローラルからエイプリル・フールを経て「はっぴいえんど」へ至る道

1968年2月に結成されたGSの「ザ・フローラル」は、日本のモンキーズ・ファンクラブが公募したバンドだった。 ミュージカラーレコードという毛色の変わった会社から…

ViaGettyImages

TAP the DAY

楽屋での初対面から「父と娘」になった、ロックスターとハリウッド女優

本日、3月26日はアメリカが生んだ“ロックンロールバンドの最高峰”エアロスミスのボーカリスト、スティーヴン・タイラーの誕生日です。 彼はハリウッド女優として活躍…

debut_again2

TAP the DAY

3月21日は春分の日だが、いつの頃からか音楽ファンには「大滝詠一の日」になった 

そもそもの発端は1981年3月21日、アルバム『A LONG VACATION(ア・ロング・バケイション)』がリリースされたことから始まっている。 3月21日と…

img-1019642-faces-first-step

TAP the DAY

First Step〜飛躍の一歩にはならなかったフェイセズのデビューアルバム〜

3月21日は英国ロック史に残るスーパーバンドFaces(フェイセズ)のデビューアルバム『ファースト・ステップ』がリリースされた日である。 今から46〜47年前に…

day_160315

TAP the DAY

レスター・ヤングを偲んで〜スイングジャズからモダンジャズへ、時代の橋渡しをした異端児〜

「彼はサックスを斜めに傾けて吹いた。そして興が乗ってくると、それは更に少しずつ水平方向に傾き、最後にはフルートのように真横になった。でも、彼が楽器を高く持ち上げ…

TAP the DAY

ソニー・テリーを偲んで〜盲目のハーピストの人生に“一筋の光”をもたらした運命的な出会い〜

ギターとハーモニカというコンビはブルースに多いパターンである。 この楽器の組み合わせだと、ブルースファンの間ではバディ・ガイとジュニア・ウェルズのコンビが有名だ…

brian&martin

TAP the DAY

ビートルズを世に出したブライアン・エプスタインとジョージ・マーティン、二人が初めて会った日

いくら天賦の才能に恵まれたアーティストであっても、それが人に認められなければ歴史に残る歌は生まれないし、後世に伝わっていくこともない。 そこには人と人との出会い…

fillmore_east

TAP the DAY

伝説のライブハウス、フィルモア・イーストに宿ったビル・グレアムの理念

数々の名演、伝説が生まれたライブハウス、フィルモア・イーストがニューヨークで開店したのは1968年3月8日のことだった。 オーナーのビル・グレアムはサンフランシ…

スポンサーリンク

4 / 8<<...23456...>>
Pagetop ↑