「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the LIVE

あまりに騒がしく、そして生々し過ぎるという理由からお蔵入りとなったサム・クックの『ハーレム・スクエアー・クラブ 1963』

1985年の6月、音楽ファンを驚かせる1枚のライヴ・アルバムがリリースされた。 33歳の若さで亡くなったサム・クックのライヴ・アルバム、『ハーレム・スクエアー・…

TAP the LIVE

15年ぶりのツアーで最高のパフォーマンスを披露したレナード・コーエン

毎年いくつかのアーティストが追加されているロックの殿堂。 2008年に殿堂入りを果たしたのはマドンナ、ベンチャーズ、デイヴ・クラーク・ファイヴ、そしてレナード・…

TAP the LIVE

ボブ・シーガーの名を一躍有名にしたライヴ・アルバムの歴史的名盤『ライヴ・バレット』

かつて自動車産業で賑わったアメリカの工業都市、デトロイト。 モータウン・レコードを筆頭に、様々な音楽を世界に発信してきたこの街で、絶大な支持を得たミュージシャン…

TAP the LIVE

およそ20年ぶりに実現したスティーリー・ダンのツアー、そして栄光の一夜

スティーリー・ダンがツアー活動を封印し、スタジオでの楽曲制作に専念するようになったのは1974年のことだった。 グループの中心であるドナルド・フェイゲンとウォル…

TAP the LIVE

ジェリー・リー・ルイスが放った超弩級の火の玉~『ライヴ・アット・ザ・スター・クラブ、ハンブルク』

「『ライヴ・アット・ザ・スター・クラブ、ハンブルク』はアルバムではない、犯罪現場だ」(『ローリング・ストーン誌』より) ピアノの概念を覆すほどに暴力的でエネルギ…

TAP the LIVE

ブルース・スプリングスティーンをも巻き込んで世界を股にかけた『ヒューマン・ライツ・ナウ』

1986年10月末、ロサンゼルスのホテルでは2人の男がランチをとりながら、ロックスター達を巻き込んだ壮大な計画について話し合っていた。 一人は国際人権NGO、ア…

TAP the LIVE

U2やスティングらが人権のために集まった巨大なキャラバン

ロックスターたちがキャラバンを組み、全米をツアーで横断することとなったのは1986年のことである。 企画を発案したのは創立25周年を目前に控えた人権擁護団体、ア…

TAP the LIVE

『MTVアンプラグド』の原型になったピート・タウンゼントのソロ・パフォーマンス

1989年に始まったテレビ番組、『MTVアンプラグド』。 電気を使った楽器や機材は一切禁止され、ミュージシャンは生の歌とアコースティックの楽器のみでステージに挑…

TAP the LIVE

30年以上も続いているファームエイドはボブ・ディランの一言から始まった

1985年の7月13日に開催された20世紀最大の慈善コンサート、ライヴエイド。 その会場の1つであるJFKスタジアムに出演していたボブ・ディランが、ステージで発…

TAP the LIVE

クイーン~ロック史に輝く起死回生のパフォーマンス

20世紀最大のチャリティ・コンサートといわれるライヴエイド。 数々の超大物ミュージシャンが集う中で、最高の評価を得たのはクイーンだった。 1985年当時、クイー…

TAP the LIVE

刑務所の中庭に響いたB.B.キングの魂を揺さぶる歌声

1970年、B.B.キングは黒人のみならず白人からも熱い支持を集めていた。 きっかけは遡ることおよそ2年、B.B.のもとで会計士をしていた白人のシドニー・サイデ…

TAP the LIVE

50年の節目に再結成したグレイトフル・デッドのフェアウェル・ライヴ

グレイトフル・デッドがサンフランシスコで結成したのは、1965年のことだった。 彼らは伝説のプロモーターとして知られるビル・グレアムがオープンしたライヴハウス、…

5 / 18<<...34567...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ