「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the SCENE

her/世界でひとつの彼女〜スマホ片手に都会で虚しく静かに生きる人たちへ

『her/世界でひとつの彼女』(Her/2013) の主人公セオドア(ホアキン・フェニックス)は、昔は新進気鋭の書き手だったが、今はネット企業に勤めていて代筆ラ…

TAP the SCENE

パープル・レイン〜真のスーパースター誕生の瞬間を描いたプリンスの自伝的映画

2016年はデヴィッド・ボウイやイーグルスのグレン・フライなど大物ミュージシャンが相次いで亡くなったが、その度に彼らの過去の代表作やベスト盤を購入する人が多かっ…

TAP the SCENE

アニー・ホール〜アカデミー賞授賞式の夜、NYでクラリネットを吹いていたウディ・アレン

『アニー・ホール』から僕は監督として成熟し始めたんだ。 「ウディ・アレン」の名を知らない映画ファンはいないだろう。50年以上に及ぶキャリアと70本以上の作品で、…

TAP the SCENE

ビッグ・リボウスキ〜怠惰な男たちをチャンドラーの世界に放り込んだコーエン兄弟作品

何もをやっても、例えそれがどんな駄作であっても、一定の評価を得る人がいる。熱狂的かつ影響力の強いファンに支えられ、持ち上げられるからだ。小説や音楽の分野に限らず…

TAP the SCENE

ロックンロール・ハイスクール〜最初は『ディスコ高校』にされたラモーンズ出演作

映画のタイトルが『ディスコ高校』(Disco High)だって? ディスコ音楽じゃ学校なんて破壊できない。ロックじゃなきゃダメですよ!! アラン・アーカッシュは…

TAP the SCENE

歌え! ロレッタ愛のために〜シシー・スペイセクがロレッタ・リンを演じた音楽映画の名作

ミュージシャンや歌手の人生を扱った映画の中でも、『歌え!ロレッタ愛のために』(Coal Miner’s Daughter/1980)は特に有名で名作…

TAP the SCENE

マルホランド・ドライブ〜“こんなはずではない自分”が作り出す美しく呪われた世界

前回の『ロスト・ハイウェイ』では、『ブルー・ベルベット』『ツイン・ピークス』『ワイルド・アット・ハート』といったデヴィッド・リンチ作品で“やられた”人は決して少…

TAP the SCENE

ロスト・ハイウェイ〜たった1シーンに凝縮されたデヴィッド・リンチの世界

以前、デヴィッド・リンチ作品について触れた時、その独特の世界観に好き嫌いがはっきり分かれると書いた。色彩感覚溢れる映像美、拘り選び抜かれた音楽から、普通ではない…

TAP the SCENE

リービング・ラスベガス〜名曲「Lonely Teardrops」と“無条件”の愛

心の中を占めていた大きな支えが崩れ去った時、人はどうなるのだろう? もし人生に一筋の希望も見出せなくなった時、人は何を決断するのだろう? 滅び行く人間の美学と儚…

TAP the SCENE

ブロウ〜自由を得るために人生を抵当に入れた伝説のドラッグ密輸人

命がけのゲームをやってきた。 だが、俺の前に開かれた道は、月光に照らされた孤独の道だった。 自由を得るために、人生を抵当に入れてしまった。 そう語るのは、ジョー…

TAP the SCENE

マイ・ブルーベリー・ナイツ〜撮影から帰宅直後の朝6時に曲を作ったノラ・ジョーンズ

撮影でネバダ州に向かう飛行機に乗り込む時、私のギターを見て撮影クルーの一人が笑うの。言ってやったわ。「何で笑うの? 私はミュージシャンよ」って。すると彼は「そん…

TAP the SCENE

カッコーの巣の上で〜最後の最後で例えようのない感動が心に広がる不朽の名作

最後の最後になって、例えようのない感動が観る者の心に広がる映画が稀にあるが、『カッコーの巣の上で』(One Flew Over the Cuckoo&#8217…

2 / 2212345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ