「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the SCENE

ファクトリー・ガール〜ウォーホルとディランの狭間で破滅した女神イーディ・セジウィック

『ファクトリー・ガール』(Factory Girl/2006) 現代アートの伝説アンディ・ウォーホル。その黄金期は言うまでもなく、ポップアートや実験映画などでそ…

TAP the SCENE

クロッシング・ガード〜娘を交通事故で亡くした父親の“復讐”を描くショーン・ペン監督作

『クロッシング・ガード』(The Crossing Guard/1995) ブルース・スプリングスティーンの「Highway Patrolman」からテーマを得…

TAP the SCENE

グリーンブック〜黒人天才ピアニストとイタリア系用心棒が“南部”を旅するロードムービー

『グリーンブック』(Green Book/2018) 第91回アカデミー賞の授賞式(2019年2月下旬)。作品賞に輝いたのは『グリーンブック』(Green Bo…

TAP the SCENE

失われた週末〜人はなぜアルコールや薬物やギャンブルに依存するのか?

『失われた週末』(The Lost Weekend/1945) 前回の『酒とバラの日々』(1962)では、アルコールに深く溺れて何もかもを失っていく男と女の姿、…

TAP the SCENE

バニラ・スカイ〜“哀切な現実”と“甘美な夢”の境界線で

『バニラ・スカイ』(VANILLA SKY/2001) 映画館を出た後や観終わった後、しばらくその映画のことが頭から離れないという経験をしたことがある人は意外に…

TAP the SCENE

ゲッタウェイ〜前代未聞のアドリブで伝説になったスティーヴ・マックィーンの代表作

『ゲッタウェイ』(The Getaway/1972) 1968年の主演作『ブリット』で、体制側である刑事役を演じたにも関わらず、“瞬間の演技”ともいうべき孤独感…

TAP the SCENE

ブリット〜映画俳優として真の自信を得た“スティーヴ・マックィーン”の完成作

『ブリット』(Bullitt/1968) もし「一番好きな映画スターは?」と訊かれたら、あなたは誰をベスト3に挙げるだろう。きっと多くの映画ファンがこの名を口に…

TAP the SCENE

レス・ザン・ゼロ〜青春文学と映画に衝撃を与えたカジュアル・ニヒリズムの極致

『レス・ザン・ゼロ』(LESS THAN ZERO/1987) 1980年代後半、日本でもちょっとした話題になったアメリカ発の新しい文学の動きがあった。それは「…

TAP the SCENE

ミステリー・トレイン〜ジョー・ストラマーや工藤夕貴らが出演したジャームッシュ映画

『ミステリー・トレイン』(MYSTERY TRAIN/1989) 『ストレンジャー・ザン・パラダイス』の後、一通の奇妙な手紙がジム・ジャームッシュの手元に届いた…

TAP the SCENE

ダラス・バイヤーズクラブ〜たった一人の男が立ち上げた未承認エイズ治療薬の密売組織

『ダラス・バイヤーズクラブ』(DALLAS BUYERS CLUB/2013) インターネットもなく、まだエイズに対して悪評と誤情報が飛び交っていた1980年代…

TAP the SCENE

愛と呼ばれるもの〜23歳で逝ったリバー・フェニックスの遺作

『愛と呼ばれるもの』(The Thing Called Love/1993) 若くして亡くなった映画スターたちと言えば、真っ先に思い浮かぶのがジェームズ・ディー…

TAP the SCENE

マイ・プライベート・アイダホ〜23歳で逝ったリバー・フェニックスのロードムービー

『マイ・プライベート・アイダホ』(MY OWN PRIVATE IDAHO/1991) 1993年秋、映画界で最も期待されていた若手俳優がドラッグの過剰摂取によ…

2 / 2512345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ