「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the STORY

ブライアン・ウィルソン(ビーチ・ボーイズ)〜バスローブ姿で店番した心の闇

1969年のある夜、テッド・ノーランという雑誌記者がウェストハリウッドの通りに健康食品店を見つけた。暗い店内には客はおらず、バスローブをはおった奇異な姿の長髪の…

TAP the STORY

ブルース・スプリングスティーンとクラレンス・クレモンズ〜永遠のミッシング・リンク

ブルース・スプリングスティーンの自伝的作品「Tenth Avenue Freeze-Out」(『Born To Run』収録)にはこう歌われている。「ビッグ・マ…

TAP the STORY

ボノ(U2)〜お辞儀とエミューで結ばれた深い絆

「お辞儀っていうのを知ってるかい?」 ジョニー・キャッシュが、ナッシュビルの自宅にU2を初めて招き入れたとき、彼はボノにそう訊いた。 そして、二人は腰を折って挨…

TAP the STORY

ある夜、夢のなかで聴こえていた曲

ボノが27歳の誕生日を迎えてから1か月が過ぎた1987年6月のことだった。 3月に発表された新作『ヨシュア・トゥリー(The Joshua Tree)』は、U2…

TAP the STORY

スティーヴン・タイラーとジョー・ペリー〜運命的な出会い、探し求め合っていた“ミッシングリンク”

「1964年から1970年までに俺が在籍したバンドには、足りないものが一つあった。必須の材料が欠けていたんだ。ジョーがその“ミッシングリンク”だった。ミックとキ…

TAP the STORY

ロッド・スチュワートとロン・ウッド〜ロンドンのパブで語り合った一夜

1964年、当時、ロッド・スチュワートはザ・フーチー・クーチー・メン(イギリスロック創成期を築いた歌手ロング・ジョン・ボルドリーが率いたバンド)で歌っていた。 …

TAP the STORY

ジョン・フォガティ〜南部色の底に潜むアイリッシュの源流

アメリカでアイリッシュが多い街といえば、東海岸のニューヨークやボストンがすぐに思い浮かぶ。しかし、実のところアイリッシュ・アメリカンの人口が最も多い州はカリフォ…

TAP the STORY

エディット・ピアフとマレーネ・ディートリヒの特別な友情

エディット・ピアフが生涯肌身離さなかった十字架のペンダントがあるという。 それは女優マレーネ・ディートリヒがピアフのためにカルティエにオーダーし、特別に作らせた…

TAP the STORY

ジョン・レノンとポール・マッカートニー〜運命的な出会い、最強作曲コンビの誕生

「僕はクオリーメンというバンドを持っていた。僕がボーカルでリーダーだった。ポールに会ったとき、彼をバンドに入れるか入れないか?迷ったんだ。ポールを入れて強力なバ…

TAP the STORY

キース・リチャーズ〜“逃亡先”で生まれた最高傑作

ブライアン・ジョーンズの死やオルタモントの悲劇など、激動の1969年を終えたローリング・ストーンズの次なる試練は、ずばり“金”だった。 驚くべきことにメンバー全…

TAP the STORY

ロンドンに置き去りにされたウェイラーズ~27歳のボブ・マーリィ

27歳のボブ・マーリィが夏でも肌寒いロンドンで、夜の寒さに耐えていたのは1972年のことだった。 ピーター・トッシュとバニー・ウェイラー、そしてボブ・マーリィの…

TAP the STORY

パティ・スミスとロバート・メイプルソープ〜ニューヨークでの下積み生活、 “歌うこと”を意識した運命の一曲

──1967年の夏、パティ・スミス(当時20歳)は幼い頃から育ったニュージャージーの片田舎を後にして単身ニューヨークへと旅立った。 わずかな現金(16ドル)を握…

2 / 1912345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ