「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the STORY

デヴィッド・ボウイとミック・ロンソン〜グラムロック創成期を築いた黄金コンビの出会い

デヴィッド・ボウイがグラムロックに傾倒した70年代、彼の横でGibsonレスポールをかき鳴らす金髪のギタリストがいた。 “ロノ”という愛称で呼ばれていたその男の…

TAP the STORY

ルイ・アームストロングとコルネット〜ジャズの巨人サッチモが初めて手にした楽器

サッチモの愛称で親しまれた20世紀を代表するジャズの巨人、ルイ・アームストロング。 彼の愛器といえば、フランス製セルマーのトランペットだった。 1932年(当時…

TAP the STORY

ウィルコ・ジョンソンとフェンダーテレキャスター〜喉から手が出るほど欲しかった憧れのギターを手に入れるまで

「そのテレキャスターはサウスエンドの楽器屋のショーウィンドウに陳列されていたが、とても手が出ないほどの高価だった。一般的な労働者階級の平均賃金が1週につき15〜…

TAP the STORY

エリック・クラプトンとブラッキー〜ドラッグと酒に溺れた“失われた数年間”から彼を支え続けた相棒

「私はそのギターに“ブラッキー”という愛称をつけた。1956年製の黒のフェンダー・ストラトキャスターだった。デレク&ザ・ドミノスとのツアー中だったある…

TAP the STORY

レスター・ヤング 27歳〜ビリー・ホリデイとの出会い、死が二人を分かつまで続いたプラトニックな関係〜

1937年、レスター・ヤングは27歳の時にビリー・ホリデイ(21歳)と出会う。 彼が当時在籍していた“カウント・ベイシー・オーケストラ”に、彼女もたびたび参加す…

TAP the STORY

ジョン・コルトレーン27歳〜何かを探しあぐねていた無名の下積み時代

モダンジャズ界サックスの巨人、ジョン・コルトレーン。 1950年代の終わりころから一気に花を咲かせて疾風のごとく通り過ぎていってしまった男である。 もう一人の巨…

TAP the STORY

マーヴィン・ゲイとタミー・テレル〜モータウンの看板歌手が出会った理想のデュエットパートナー

「彼女の歌唱スタイルは僕の歌い方に完璧に合っていた。僕たちが成し遂げたことは“マーヴィン=タミー”というキャラクターを作り出したことだった。演劇や小説から飛び出…

TAP the STORY

多忙とスランプと病の中で夢を叶えたフジファブリック志村正彦の27歳

2007年7月10日、27歳を迎えた志村正彦はこれまでにないスランプの中にいた。 2004年にメジャーデビューしたフジファブリックだが、新曲のリリースが全くなか…

TAP the STORY

コートニー・ラヴ27歳〜運命の愛、宿命の死

If you live through this with me, I swear that I will die for you And if you liv…

TAP the STORY

キャロル・キングとジェリー・ゴフィン〜運命の糸に引き寄せられた二人の出会い

キャロル・キングとジェリー・ゴフィンと言えば… 夫婦として、そして作曲家・作詞家として「Will You Love Me Tomorrow」や「(You Mak…

TAP the STORY

ポール・スタンレーとジーン・シモンズ〜出会った瞬間に認め合った互いの才能

1970年、当時18歳だったポール・スタンレーは、商業デザイナーになるため通っていたニューヨークのハイスクール・オブ・ミュージック&アートを卒業する。 その後、…

TAP the STORY

沢田研二27歳〜海外進出、結婚、そしてキャリア最大のヒット曲〜

日本を代表する歌手、沢田研二。 彼はザ・タイガースでデビューした19歳から現在に至るまでの約50年間、毎年欠かすことなくレコーディングし、作品を発表し、ツアーを…

3 / 2012345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ