TAP the STORY

越路吹雪27歳〜“宝塚のシミ”は、洗ってもこすっても簡単に消えるものではなかった〜

“日本のシャンソンの女王”と呼ばれた稀代の歌手、越路吹雪。 彼女は、昭和12年(1937年)に13歳で宝塚歌劇学校に入った。 日中戦争が起き、日本は大陸侵略戦争…

TAP the STORY

ようやく私自身の曲を書く時がきたのよ~ビョークの27歳

ビョークが1stアルバム『デビュー』をリリースしたのは1993年7月のことだ。 このときすでに27歳、デビューが遅かったのはそれまでの彼女の音楽がバンドとともに…

TAP the STORY

ジョニー・キャッシュ〜“本物”を伝え続けた奇跡のTVショー

「俺はここ以外で、やらないよ」 ジョニー・キャッシュは自身の名前がつけられたTVショーの収録会場について話し合っている時、キー局のお偉方にそう言い放った。“ここ…

TAP the STORY

クリス・クリストファーソン〜デビューするために“空から売り込み”をした男

ある日、自宅で昼寝をしていると、ジューンが叫んだ。『ヘリコプターが庭におりてくるわ!』 外に出ると、クリスがヘリコプターから出て来て僕に言ったんだ。『どうしても…

TAP the STORY

ソウルの目覚め~ジェームス・ブラウンの27歳

まったく、1960年という年は、俺のそれまでの苦労がいっきに報われはじめた年だった。(『俺がJBだ!―ジェームズ・ブラウン自叙伝』より) ジェームス・ブラウンは…

TAP the STORY

ある夜、夢のなかで聴こえていた曲

U2のボノが27歳の誕生日を迎えてから1か月が過ぎた1987年6月のある日のこと。 発表されたばかりの新しいアルバム『ヨシュア・トゥリー(The Joshua …

TAP the STORY

黒柳徹子~私達は手をとりあって、よくわからない〈テレビ〉という暗闇の中を進んでいった

黒柳徹子は小学校のときからバレリーナ、幼稚園の保母さん、従軍看護婦、スパイ、競馬の騎手と、なりたいものがいろいろあったが、香蘭女学校を卒業後にはオペラ歌手になる…

TAP the STORY

ビリー・ジョエル27歳〜“特別な街”に戻って紡いだ“特別な一曲”〜

日常のわずらわしさから逃れようと 休暇に出かける人達もいる マイアミビーチからハリウッドへひとっ飛びだ でも俺はグレイハウンドバスに乗り込んで ハドソン川を渡る…

TAP the STORY

エミネム〜魂と引き換えに獲得した栄光

「“8マイル”は、デトロイトにあるシティと郊外を隔てているラインのこと──金持ちと貧乏人、肌の色──デトロイトっていう街が持つ人種のボーダーラインを象徴している…

TAP the STORY

キース・リチャーズ〜“逃亡先”で生まれた最高傑作

ブライアン・ジョーンズの死やオルタモントの悲劇など、激動の1969年を終えたローリング・ストーンズの次なる試練は、ずばり“金”だった。 驚くべきことにメンバー全…

TAP the STORY

レスター・ヤング 27歳〜ビリー・ホリデイとの出会い、死が二人を分かつまで続いたプラトニックな関係〜

1937年、レスター・ヤングは27歳の時にビリー・ホリデイ(21歳)と出会う。 彼が当時在籍していた“カウント・ベイシー・オーケストラ”に、彼女もたびたび参加す…

TAP the STORY

サイモン&ガーファンクル〜世界の頂点、更なる冒険

1968年、サイモン&ガーファンクルは“世界の頂点”にいた。 その年に彼らは映画『卒業』のサントラとアルバム『Bookends』の2枚を全米ナンバーワンにしてい…

TAP the STORY

一本の電話〜最後のレコーディング

奇跡のような最後のレコーディングは、あの一本の電話から始まった。…

TAP the STORY

「ミックはロック、俺はロールさ」~レコードの発明から生まれたローリング・ストーンズのソングライター

ローリング・ストーンズのキース・リチャーズはバンドの相方であり、ソング・ライティングのパートナーでもあるミック・ジャガーについてこう語っている。 「ミックは生涯…

TAP the STORY

ロッド・スチュワート27歳〜True Blueに込めた自信と自嘲〜

1972年、ロッド・スチュワートはフェイセズに加入して3年目を迎えた。 1月10日生まれのロッドは、年明け早々に27歳になった。 当時、フェイセズは2ndアルバ…

TAP the STORY

ドン・ヘンリーとグレン・フライ〜相手に託した成功への歌声

1970年、ウェストハリウッドのクラブ、トルバドゥールのバーには、成功を夢見る若きミュージシャンたちが毎晩たむろしていた。 その中にグレン・フライとドン・ヘンリ…

TAP the STORY

唄を忘れたかなりやだった27歳の西條八十は、忘れた唄を思ひだして詩人となった

唄を忘れた金糸雀(かなりや)は  うしろの山に棄てましょか いえ、いえ、それはなりませぬ。 石鹸製造業で財を成した父親が亡くなったとき、西條家の全財産を相続した…

TAP the STORY

死ぬところを見るために人を撃った

生まれ故郷アーカンソー州ダイエスに職もなく、歌で身をたてようと心に決めたところで兵役にとられた。 1950年7月、おりしも朝鮮戦争で緊迫する冷戦の只中に空軍に徴…

TAP the STORY

ローリング・ストーンズの曲からメロディを借りて絶望をうたったニール・ヤング

1972年の11月12日、ニール・ヤングは27歳の誕生日を迎えていた。 その年2月に発表した『ハーヴェスト(Harvest)』は、ナッシュビルのカントリー系のミ…

TAP the STORY

浅川マキ27歳〜新宿に惹かれた女、新宿が生んだアングラの女王〜

1969年、浅川マキは劇作家・寺山修司によってその才能と存在感を見出され、シングル「夜が明けたら/かもめ」で再デビューを果たす。 それは、彼女が27歳になった年…

スポンサーリンク

5 / 8<<...34567...>>
Pagetop ↑