TAP the CHART

1940〜44年ヒットチャート&アーティスト総括(シングル編)

2018.01.17

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第102回は、1940〜44年のシングルチャートを総括。

【1940〜44年 TOP 10 SINGLES】
*ランキングはBillboardチャートのデータをもとに作成。( )内はチャートピーク年。

❶In The Mood / Glenn Miller(1940)

❷I’ve Heard That Songs Before / Harry James(1943)
❸Frenesi / Artie Shaw(1940)
❹Paper Doll / Mills Brothers(1943)
❺I’ll Never Smile Again / Tommy Dorsey(1940)
❻White Christmas / Bing Crosby(1942)
❼Moonlight Cocktail / Glenn Miller(1942)
❽Amapola(Pretty Little Poppy) / Jimmy Dorsey(1941)
❾Chattanooga Choo Choo / Glenn Miller(1941)
❿Swinging on a Star / Bing Crosby(1944)

【1940〜44年 TOP 10 Artists】
*ヒット曲数のカウントは、チャート初登場時が1939〜44年のものを対象。
*参考/『Billboard POP HITS 1940-1954』

①Glenn Miller
No.1 Hits:10曲/Top10 Hits:39曲

②Bing Crosby
No.1 Hits:10曲/Top10 Hits:24曲

③Tommy Dorsey
No.1 Hits:3曲/Top10 Hits:23曲

④Jimmy Dorsey
No.1 Hits:8曲/Top10 Hits:15曲

⑤Harry James
No.1 Hits:4曲/Top10 Hits:13曲

⑥Kay Kyser
No.1 Hits:1曲/Top10 Hits:15曲

⑦Andrews Sisters
No.1 Hits:3曲/Top10 Hits:10曲

⑧Ink Spots
No.1 Hits:2曲/Top10 Hits:7曲

⑨Benny Goodman
No.1 Hits:1曲/Top10 Hits:8曲

⑩Dinah Shore
No.1 Hits:1曲/Top10 Hits:10曲

【1940年代の年度ごとのヒットチャート&データ、出来事】
ブルーズ・シャウターが活躍した1949年、カントリーはハンク・ウィリアムスの時代到来

ビング・クロスビーが最後のNo.1ヒットを放った1948年、オリオールズの名バラード誕生

ハンク・ウィリアムスがデビューした1947年、Tボーン・ウォーカー屈指の名曲誕生

シナトラが最初のアルバムを発表した1946年、チャーリー・パーカーが伝説のセッション

第二次世界大戦が終結した1945年、ドリス・デイが「センチメンタル・ジャーニー」を歌う

ビング・クロスビーがNo.1ヒットを連発した1944年、グレン・ミラー逝く

シナトラが初のNo.1ヒットを放った1943年、マディ・ウォーターズがシカゴへ向かった

シナトラがソロ歌手に転向した1942年、クロスビーの「ホワイト・クリスマス」が大ヒット

ビッグバンドのブームが続く1941年、ハーレムのクラブではビバップ革命が起きていた

ビッグバンド勢が活躍した1940年、ビルボード最初のNo.1ヒットが誕生した

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑