TAP the CHART

1934年、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースがミュージカル映画で初主演

2018.03.20

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」109回は、1934年を取り上げます。

【1934年のTOP 10 HITS】
❶June in January / Bing Crosby
❷Smoke Gets in Your Eyes / Paul Whiteman
❸Love in Bloom / Bing Crosby
❹Cocktails For Two / Duke Ellington
❺I’ll String Along With You / Ted Fio Rito
❻The Very Thought of You / Ray Noble
❼Let’s Fall in Love / Eddy Duchin
❽Little Dutch Mill / Bing Crosby
❾I Saw Stars / Freddy Martin
❿One Night of Love / Grace Moore

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1934年の主な音楽的出来事】
◯ビング・クロスビーがヒットを連発。


◯フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのコンビ主演第1作『コンチネンタル』(The Gay Divorcee)が公開。コール・ポーターの曲「Night and Day」を歌うシーンが有名。

◯天才子役シャーリー・テンプルが出演作『輝く瞳』で「On The Good Ship Lollipop」を歌う。

◯ジェーン・フローマンが「I Only Have Eyes For You」を録音。

◯ベニー・グッドマン楽団が最初のナンバーワン・ヒット。

◯デューク・エリントン楽団の「Cocktails For Two」がヒット。

◯キャブ・キャロウェイ楽団の「Chinese Rhythm」がヒット。

◯リロイ・カーが「Blues Before Sunrise」を録音。

◯サンズ・オブ・ザ・パイオニアズの「Tumbling Tumbleweeds」がヒット。

◯ファッツ・ウォーラーが「Honeysuckle Rose」を録音。
◯コール・ポーター作詞作曲ミュージカル『エニシング・ゴーズ』がブロードウェイで初演。
◯デッカレコード設立。
◯ジャズ専門誌『DOWNBEAT』創刊。

【1934年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
The Old Spinning Wheel/Ray Noble ③
Smoke Gets in Your Eyes/Paul Whiteman ⑥
Let’s Fall in Love/Eddy Duchin ⑤
My Little Grass shack in Kealakekua,Hawaii/Ted Fio Rito ①
Carioca/Enric Madriguera ②
Wagon Wheels/Paul Whitman ①
Little Dutch Mill/Bing Crosby ⑤
Cocktails For Two/Duke Ellington ⑤
I’ll String Along With You/Ted Fio Rito ⑤
Moonglow/Benny Goodman ①
The Very Thought of You/Ray Noble ⑤
All I Do Is Dream Of You/Jan Garber ②
Love in Bloom/Bing Crosby ⑥
I Saw Stars/Freddy Martin ④
One Night of Love/Grace Moore ④
Continental (You Kiss While You’re Dancing)/Leo Reitman ②
Stars Fell on Alabama/Guy Lombardo ④
June in January/Bing Crosby ⑦
Stay as Sweet as You Are/Jimmie Grier ③
The Object Of My Affection/Jimmie Grier ②

1934年のナンバー1ヒットは20曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑