「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

サッチモの「オール・オブ・ミー」が聞こえた1932年、アステアが「夜も昼も」を歌った

2018.04.11

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」111回は、1932年を取り上げます。

【1932年のTOP 10 HITS】
❶Night & Day / Fred Astaire & Leo Reisman
❷In a Shanty in Old Shanty Town / Ted Lewis
❸Please / Bing Crosby
❹Paradise / Leo Reisman
❺We Just Couldn’t Say Goodbye / Guy Lombardo
❻Paul Whitman / All of Me
❼Paradise / Guy Lombardo
❽All of Me / Louis Armstrong
❾Lullaby of the Leaves / George Olsen
❿Dinah / Bing Crosby & The Mills Brothers

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1932年の主な音楽的出来事】
◯ブロードウェイ・ミュージカル『陽気な離婚』で、フレッド・アステアがコール・ポーターの曲「Night & Day」を歌って大ヒット。


◯ビング・クロスビーとミルス・ブラザーズの「Please」がヒット。

◯ルディ・ヴァリーの「Brother, Can You Spare a Dime?」がヒット。

◯ケイト・スミスとガイ・ロンバード楽団の「River,Stay ‘Way from My Door」がヒット。

◯ルイ・アームストロングの「All of Me」がヒット。

◯デューク・エリントン楽団の「It Don’t Mean a Thing (If It Ain’t Got That Swing)」がヒット。

【1932年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
River, Stay ‘Way from My Door/Guy Lombardo with Kate Smith ②
Dinah/Bing Crosby & The Mills Brothers ②
All of Me/Paul Whitman ③
All of Me/Louis Armstrong ②
Too Many Tears/Guy Lombardo ②
Paradise/Leo Reisman ⑥
Paradise/Guy Lombardo ③
Lullaby of the Leaves/George Olsen ②
In a Shanty in Old Shanty Town/Ted Lewis ⑩
We Just Couldn’t Say Goodbye/Guy Lombardo ⑤
Say it Isn’t So/George Olsen ②
Please/Bing Crosby ⑥
Brother, Can You Spare a Dime?/Bing Crosby ②
Brother, Can You Spare a Dime?/Rudy Vallee ②
Night & Day/Fred Astaire & Leo Reisman ⑩

1932年のナンバー1ヒットは15曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ