TAP the CHART

あの男が「ミニー・ザ・ムーチャー」を放った1931年、ビング・クロスビー登場

2018.04.17

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」112回は、1931年を取り上げます。

【1931年のTOP 10 HITS】
❶The Peanut Vendor(El Manicero) / Don Azpiazu
❷Goodnight Sweetheart / Wayne King
❸Sweet & Lovely/ Gus Arnheim
❹Tiger Rag / The Mills Brothers
❺Dream a Little Dream of Me / Wayne King
❻At Your Command / Bing Crosby
❼By the River St Marie / Guy Lombardo
❽Out of Nowhere / Bing Crosby
❾(There Ought to Be A) Moonlight Savings Time / Guy Lombardo
❿I Found a Million Dollar Baby (In a Five & Dime store) / Fred Waring

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1931年の主な音楽的出来事】
◯ビング・クロスビーがラジオ初出演。ソロ活動に入る。クルーナーとして30〜40年代にかけてナンバーワン・ヒットを連発していく。「ポピュラー・ヴォーカルの父」としてその後の歌手に多大な影響を及ぼした。


◯ドン・アスピアスの「The Peanut Vendor(El Manicure)」(南京豆売り)が大ヒット。ルンバ・ブームが起こる。

◯ケイト・スミスの「When the Moon Comes Over the Mountain」がヒット。

◯キャブ・キャロウェイの看板曲となる「Minnie the Moocher」がヒット。

◯デューク・エリントン楽団の「Mood Indigo」がヒット。

◯ルイ・アームストロングの「Stardust」がヒット。

◯ミルス・ブラザーズがデビュー。「Tiger Rag」がヒット。コーラスグループでの最初のミリオンセラーとなる。

◯女性コーラスグループの草分け、ボズウェル・シスターズの「It’s the Girl」がヒット。

◯ミシシッピ・デルタのブルーズマン、スキップ・ジェイムスが伝説の18曲を録音。この後、牧師となり30年以上「悪魔の音楽」と手を切った。1964年、入院先の病院で「再発見」される。
(こちらもオススメです)
ソウル・オブ・マン〜ヴィム・ヴェンダース監督が捉えた3人の伝説のブルーズマン

【1931年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
The Peanut Vendor(El Manicero)/Don Azpiazu ⑦
Just a Gigolo/Ted Lewis ②
By the River St Marie/Guy Lombardo ③
Minnie the Moocher/Cab Calloway&His Cotton Club Orchestra ①
Stardust/Isham Jones ①
Dream a Little Dream of Me/Wayne King ④
Out of Nowhere/Bing Crosby ③
(There Ought to Be A) Moonlight Savings Time/Guy Lombardo ③
Just One More Chance/Bing Crosby ②
I Found a Million Dollar Baby (In a Five & Dime store)/Fred Waring ③
At Your Command/Bing Crosby ③
Sweet & Lovely/Gus Arnheim ⑥
When the Moon Comes Over the Mountain/Kate Smith ②
Goodnight Sweetheart/Wayne King ⑦
Goodnight Sweetheart/Guy Lombardo ②
Tiger Rag/The Mills Brothers ④

1931年のナンバー1ヒットは16曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑