「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

1926年、ビング・クロスビーがポール・ホワイトマン楽団に歌手として入団

2018.06.14

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」118回は、1926年を取り上げます。

【1926年のTOP 10 HITS】
❶Valencia / Paul Whiteman
❷Who / George Olsen
❸Baby Face / Jan Garber
❹Sleepy Time Gal / Ben Bernie
❺The Birth of the Blues / Paul Whiteman
❻Bye Bye,Blackbird / Gene Austin
❼Always / George Olsen
❽I’m Sitting On Top of the World / Al Jolson
❾Breezin’ Along With the Breeze / Johnny Marvin
❿Always / Vincent Lopez

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1926年の主な音楽的出来事】
◯ビング・クロスビーがポール・ホワイトマン楽団に歌手として入団。初ヒットは翌年の「Muddy Water」。


◯ルース・エッティングが「Lonesome & Sorry」で最初のヒットを飛ばす。

◯ジェリー・ロール・モートンが「Black Bottom Stomp」を録音。

◯歴史的ビッグバンド、フレッチャー・ヘンダーソン楽団が「The Stampede」を録音。

◯ルイ・アームストロングが「Herbie Jeebies」を録音。

◯ブラインド・レモン・ジェファーソンやブラインド・ブレイクなどのカントリー・ブルーズマンが歴史的録音。

◯スティール・ギター奏者のソル・ホオピイがハワイ最初の市販レコードを録音。

【1926年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
Who/George Olsen ⑥
Sleepy Time Gal/Ben Bernie ④
I’m Sitting On Top of the World/Al Jolson ②
Always/George Olsen ③
Five Foot Two, Eyes of Blue/Gene Austin ①
Always/Vincent Lopez ②
Gimme a Little Kiss(Will Ya,Huh?)/Jack Smith ②
Valencia/Paul Whiteman ⑪
Bye Bye,Blackbird/Gene Austin ③
When the Red, Red Robin Comes Bob-Bob-Bobbin’ Along/Al Jolson ②
Baby Face/Jan Garber ⑥
Breezin’ Along With the Breeze/Johnny Marvin ②
The Birth of the Blues/Paul Whiteman ④

1926年のナンバー1ヒットは13曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ