「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

1921年は黒人初のジャズ録音やストライド・ピアノの歴史的録音が行われた

2018.08.02

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」123回は、1921年を取り上げます。

【1921年のTOP 10 HITS】
❶Wang Wang Blues / Paul Whiteman
❷Cherie / Paul Whiteman
❸Wabash Blues / Isham Jones
❹Song of India / Paul Whitman
❺Say it With Music / Paul Whitman
❻Margie / Eddie Cantor
❼My Mammy / Paul Whiteman
❽All By Myself / Ted Lewis
❾O-H-I-O (O-My-O!) / Al Jolson
❿Look For The Silver Lining / Marion Harris

*参考/Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』。ナンバー1ヒットのうち、1位の獲得週が多かったもの順に掲載(同点の場合、チャートに留まった週が多い方を優先)。

【1921年の主な音楽的出来事】
○白人ダンスバンド、ポール・ホワイトマン楽団がNo.1ヒットを連発。


○マリオン・ハリスの「Look For The Silver Lining」がヒット。

○ファニー・ブライスの「Second Hand Rose」がヒット。

○ノラ・ベイズの「Make Believe」がヒット。

○エセル・ウォーターズの「There’ll Be Some Changes Made」がヒット。

○オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドの「Home Again Blues」がヒット。

○キッド・オリーが黒人初のジャズ録音。

○ジェームズ・P・ジョンソンが「Carolina Shout」を録音。

○クラシック・ブルーズ歌手メイミー・スミスが「Dangerous Blues」を録音。

【1921年のナンバー1ヒット】○内数字は獲得した週。
Wang Wang Blues / Paul Whiteman ⑥
Margie / Eddie Cantor ⑤
O-H-I-O (O-My-O!) / Al Jolson ④
Look For The Silver Lining / Marion Harris ③
My Mammy / Paul Whiteman ⑤
Make Believe / Nora Bayes ③
Cherie / Paul Whiteman ⑥
Ain’t We Got Fun / Van & Schenck ②
Song of India / Paul Whitman ⑤
All By Myself / Ted Lewis ④
Say it With Music / Paul Whitman ⑥
Wabash Blues / Isham Jones ⑤

1921年のナンバー1ヒットは12曲。

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ