「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the CHART

1900年代ヒットチャート&アーティスト総括

2019.02.12

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第149回は、1900年代(明治33〜42年)のヒットチャートを総括。

【1900s TOP 20 HITS】
*ランキングはJoel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』をもとに作成。( )内はチャートピーク年。

❶School Days (When We Were a Couple of Kids) / Byron G. Harlan(1907)

❷Put on Your Old Gray Bonnet / Haydn Quartet(1909)
❸The Arkansas Traveler / Len Spencer(1902)
❹The Preacher and the Bear / Arthur Collins(1905)
❺Sweet Adeline (You’re the Flower of My Heart) / Haydn Quartet(1904)
❻The Grand Old Rag / Billy Murray(1906)
❼My Gal Sal / Byron G. Harlan(1907)
❽Wait Till the Sun Shines, Nellie / Byron G. Harlan(1906)
❾Nobody / Bert Williams(1906)
❿Harrigan / Billy Murray(1907)

⓫Shine on Harvest Moon / Miss Walton & Mr.Macdonough(1909)
⓬Meet Me in St.Louis,Louis / Billy Murray(1904)
⓭Yankee Doodle Boy / Billy Murray(1905)
⓮I Wonder Who’s Kissing Her Now / Henry Burr(1909)
⓯Bill Bailey,Won’t You Please Come Home? / Arthur Collins(1902)
⓰When You Were Sweet Sixteen / George J. Gaskin(1900)
⓱Take Me Out To The Ball Game / Haydn Quartet(1908)
⓲In the Shade of the Old Apple Tree / Irving Gillette(1905)
⓳In the Good Old Summer Time / J.W. Myers(1902)
⓴Tell Me Pretty Maiden / Harry MacDonough & Grace Spencer(1901)

【1900s TOP 20 Artists】
*ヒット曲数のカウントは、チャート初登場時が00年代のものを対象。Joel Whitburn監修『Pop Memories 1900-1940』をもとに作成。

①Harry Macdonough
No.1 Hits:9曲/Top10 Hits:69曲

②Billy Murray
No.1 Hits:12曲/Top10 Hits:49曲

③Haydn Quartet
No.1 Hits:11曲/Top10 Hits:40曲

④Byron G. Harlan
No.1 Hits:10曲/Top10 Hits:32曲

⑤Arthur Collins & Byron Harlan
No.1 Hits:4曲/Top10 Hits:33曲

⑥Arthur Collins
No.1 Hits:7曲/Top10 Hits:21曲

⑦Frank C. Stanley
No.1 Hits:2曲/Top10 Hits:37曲

⑧Henry Burr
No.1 Hits:5曲/Top10 Hits:22曲

⑨J.W. Myers
No.1 Hits:4曲/Top10 Hits:22曲

⑩Ada Jones & Billy Murray
No.1 Hits:5曲/Top10 Hits:20曲

⑪Ada Jones
⑫Cal Stewart
⑬Len Spencer
⑭Bob Roberts
⑮Arthur Pryor
⑯Sousa’s Band
⑰Len Spencer & Ada Jones
⑱Less L. Ossman
⑲Corrine Morgan
⑳Dan W. Quinn

【1900年代の年度ごとのヒットチャート&データ、出来事】
1900年、世紀の変わり目の時期にニューオーリンズでジャズが誕生した

1901年はニューオーリンズでルイ・アームストロングが誕生した

1902年はスコット・ジョプリンのラグタイムの名曲「ジ・エンターテイナー」が生まれた

1903年、ミシシッピ州の田舎町の駅のホームでW.C.ハンディが“ブルーズを目撃”した

コーハンが“ミュージカルの原点”を上演した1904年、ビリー・マレイが最初のNo.1ヒット

1905年は最初の女性スター歌手となるエイダ・ジョーンズが登場

1906年は黒人エンターテイナーの草分け、バート・ウィリアムズの「Nobody」がヒット

1907年は豪華なレヴュー「ジーグフェルド・フォーリーズ」が始まった

1908年は「私を野球に連れてって」がヒットした

1909年はフィスク大学の黒人学生グループが「Swing Low, Sweet Chariot」を歴史的録音

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ