TAP the COLOR

復活と再生〜ロジャー・ウォーターズほか

2014.08.06

Pocket
LINEで送る

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド
「TAP the COLOR」連載第41回

1980年代半ばは、プロモーションツールとしてのMTVを通じて続々と新しいアーティストがデビューして話題になる一方で、60年代や70年代から活動を続けるベテラン・アーティストの脱退〜ソロ化や渾身の復活作が目立った時期。ロックの成熟化の始まりでもあった。

あなたの好きな色は?〜TAP the COLORのバックナンバーはこちらから

a18e3470aed5ff01d41e71a0cb0bc405 トミー・ショウ『Girls With Guns』(1984)
「ドモ、アリガト。ミスター・ロボット」でも知られたスティクスを1983年に脱退したギタリスト、トミー・ショウのソロデビュー作。ポップなタイトル曲もヒットしたが、バラードの「Lonely School」が何よりも素晴らしい。トミーは1990年代にはダム・ヤンキースで活動。


7066383000 ロジャー・ウォーターズ『The Pros and Cons of Hitch Hiking』(1984)
1983年の『The Final Cut』はロジャーの私的なアルバムということもあり、バンドに亀裂が生じてロジャーは脱退。本作でソロデビューして、もう一つのピンク・フロイドして歩み始める。名曲「Every Strangers’ Eyes」の泣きのギターはもちろんエリック・クラプトン。

Steve-Winwood-Back-In-the-High-Life スティーヴ・ウィンウッド『Back in the High Life』(1986)
4年ぶりに放ったソロ4作目にして活動の頂点に立った最高傑作。チャカ・カーンをゲストに迎えた「Higher Love」は全米1位を獲得しただけでなく、グラミー賞のレコード・オブ・ジ・イヤーを受賞。最近ではクラプトンとの共演ツアーも記憶に新しい。

run-dmc-raising-hell-front ランDMC『Raising Hell』(1986)
ラップ史上初のプラチナアルバム。この作品でヒップホップがメインストーム化。アディダスもデフ・ジャム・レコーディングスもリック・ルービンも本作で有名になった。そして「Walk This Away」ではエアロスミス再ブレイクのきっかけ作り。今聴いてもまったく古くない。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the COLOR]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑