TAP the COLOR

24時間パーティピープルに捧ぐ〜ニューヨーク・ドールズほか

2014.09.10

Pocket
LINEで送る

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド
「TAP the COLOR」連載第46回

パーティの盛り上がりには何といっても音楽が必需品だ。ライブハウスでのロックンロールパーティ、宮殿ディスコでのダンスパーティ、クラブや野外でのレイヴパーティ、ビーチやプールサイドでのBBQパーティ。間違っても的外れな音源だけは響かせてほしくない瞬間。

あなたの好きな色は?〜TAP the COLORのバックナンバーはこちらから

new-york-dolls-new-york-dolls ニューヨーク・ドールズ『New York Dolls』(1973)
ロックンロール・パーティが生んだ愛すべきバンド。ジャガー&リチャーズに憧れたデヴィッド・ヨハンセンやジョニー・サンダースたちの刹那の宴。遅すぎたグラムロック、早すぎたパンクロック、大都市アンターグラウンドからの叫び。ジョニーは死ぬまでR&Rだった。


Rip-It-Up-cover デッド・オア・アライヴ『Rip it Up』(1987)
ピート・バーンズ率いるダンスバンド。ユーロビートの代名詞的存在として、バブル期の日本ではマハラジャなどの宮殿ディスコで響かない夜はなかった。本作はヒット曲を網羅したリミックス盤。プロデュースチームのストック・エイトキン・ウォーターマンは一時代を築く。

Screen_Shot_2013-10-21_at_15.12.24 ハッピー・マンデーズ『Bummed』(1988)
1980代後半〜1990年代前半の一大ムーヴメント「マッドチェスター」を代表するチンピラ集団。ストーン・ローゼズやインスパイラル・カーペッツと共に御三家と呼ばれた。アシッド・ハウスとギター・ロックが愛し合う狂乱。彼らこそかパーティピープルの精神的支柱だった。

tristanp_tt_a トリスタン・プリティマン『Twentythree』(2005)
2000年代前半、ジャック・ジョンソンから広まったサーフィンとアコギ音楽の世界。アメリカ西海岸出身の彼女もそんな空気を吸い込みながら登場。オーガニックなギターサウンドに、リラックスした女の子の歌が重なる。ビーチパーティやBBQで心地良く響くこと必至。



Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the COLOR]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑