TAP the COLOR

ライヴエイド(米国JFKスタジアム編)〜ホール&オーツ/トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズほか

2017.07.12

Pocket
LINEで送る

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド
「TAP the COLOR」連載第195回

1985年7月13日。ボブ・ゲルドフやミッジ・ユーロが発起人となった、飢饉救済のための大規模なチャリティ・コンサート「ライヴエイド」が開催された。メイン会場となったのは、イギリスはロンドン郊外ウェンブリー・スタジアム、アメリカはフィラデルフィアJFKスタジアム。

ダイアナ妃の登場、ザ・フーの再結成、フィル・コリンズの英米コンコルド移動、レッド・ツェッペリンのステージ、ボブ・ディランとキース・リチャーズの共演など様々な話題を提供したこのイベントは、当時の日本でもTV中継されて大きな話題となった。

JFKスタジアムでの参加アーティストは次の通り(出演順)。
Bernard Watson/Joan Baez/The Hooters/Four Tops/Billy Ocean/Black Sabbath/Run–D.M.C./Rick Springfield/REO Speedwagon/Crosby, Stills and Nash/Judas Priest/Bryan Adams/The Beach Boys/George Thorogood and the Destroyers/Bo Diddley/Albert Collins/Simple Minds/Pretenders/Santana/Pat Metheny/Ashford & Simpson/Teddy Pendergrass/Madonna/Thompson Twins/Nile Rodgers/Tom Petty and the Heartbreakers/Kenny Loggins/The Cars/Neil Young/The Power Station/Eric Clapton/Phil Collins/Led Zeppelin/Crosby, Stills, Nash & Young/Duran Duran/Patti LaBelle/Hall & Oates/Eddie Kendricks /David Ruffin/Mick Jagger/Tina Turner/Bob Dylan/Keith Richards/Ronnie Wood

最後は「We Are the World」で締め括られた。


あなたの好きな色は?〜TAP the COLORのバックナンバーはこちらから

ダリル・ホール&ジョン・オーツ『H2O』(1982)
80年代前半にNo.1ヒットを連発した人気デュオ。本作は人気ピーク時にリリースされてダブル・プラチナムを獲得。「Maneater」「One On One」など3曲のシングルヒットを収録。ライヴエイドでは自分たちのアイドルであるテンプテーションズのエディ・ケンドリックスやデヴィッド・ラフィンと共演した。


トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ『Long After Dark』(1982)
当時、アメリカンバンドとして非常に高い人気のあった彼ら。ライヴエイドでは本作からのナンバーは演奏されず、「American Girl」や「Refugee」など4曲が披露された。あれから30年。トム・ペティやマイク・キャンベルは、数多くのミュージシャンからリスペクトされている。


ザ・カーズ『Greatest Hits』(1985)
5枚のアルバムすべてがプラチナム・ディスクを獲得。本作はそれらのシングルヒットと新曲で構成されたベスト盤で、現在までにアメリカだけで600万枚以上をセールス。リック・オケイセック、ベンジャミン・オールらによるポップワールド。ライヴエイドでは大ヒットした「You Might Think」や名曲「Drive」を披露した。


パワー・ステーション『The Power Station』(1985)
デュラン・デュランのアンディ・テイラーとジョン・テイラー、シックのトニー・トンプソン、そしてロバート・パーマーによるスーパーグループの一つ。「Some Like It Hot」やマーク・ボランの「Get It On」がヒット。ライヴエイドではツアーを固辞したパーマーの代わりに、マイケル・デ・バレスがヴォーカルを担当。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the COLOR]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑