TAP the COLOR

ウッドストック①〜ジェファーソン・エアプレイン/ジョニー・ウィンターほか

2017.08.16

Pocket
LINEで送る

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド
「TAP the COLOR」連載第201回〜BLUE〜

1969年8月15〜17日の3日間(正確には18日の午前まで)。ニューヨーク郊外のサリバン郡ベセルで大規模な野外コンサート「ウッドストック・ミュージック・アンド・アート・フェスティバル」が開催された。フォーク系からロック系まで30組以上が出演(このコンサートで人気の出たアーティストも)。前売券の約19万枚を遥かに上回る40万人が来場した。


多くの人々がフェンスを破って詰めかけた結果、急遽無料コンサートと化した。交通渋滞や食料不足などの混乱もあったが、最悪な暴動事件は起こらずに音楽に耳を傾ける人々が多かったことから、「愛と平和と音楽の祭典」として語り継がれることになった。

フェス自体は大赤字になるものの、レコード化や映画化でプラス収支に。映画は翌年に公開され、今もあの激動の60年代の象徴であり続ける。リアルタイムで体験した世代はこれから減っていくが、現在の野外フェスに与えた影響は計り知れない。まさにロックが生んだ歴史的なイベント。出演アーティストは以下の通り。

●8月15日
Richie Havens/Swami Satchidananda/Sweetwater/Bert Sommer/Tim Hardin/Ravi Shankar/Melanie/Arlo Guthrie/Joan Baez
●8月16日
Quill/Country Joe McDonald/Santana/John Sebastian/Keef Hartley Band/The Incredible String Band/ Canned Heat/Mountain/Grateful Dead/Creedence Clearwater Revival/Janis Joplin with The Kozmic Blues Band/Sly and the Family Stone/The Who/Jefferson Airplane
●8月17日
Joe Cocker and The Grease Band/Country Joe and the Fish/Ten Years After/The Band/Johnny Winter/Blood, Sweat & Tears/Crosby, Stills, Nash & Young/Paul Butterfield Blues Band/Sha Na Na/Jimi Hendrix


あなたの好きな色は?〜TAP the COLORのバックナンバーはこちらから

サウンドトラック『Woodstock』(1970)
愛と平和の3日間。時代を記録した重要作。伝説となったジミ・ヘンドリックスの「アメリカ合衆国国歌」も収録。全米1位。ジャケット写真がすべてを物語っている。


クロスビー、スティルス&ナッシュ『Crosby, Stills & Nash』(1969)
ウッドストック、ヒッピー、カウンターカルチャー……時代と世代の象徴となった彼ら。デヴィッド・クロスビー、スティーヴン・スティルス、グラハム・ナッシュ、のちにニール・ヤングも加わったスーパーグループ。本作は最初のアルバム。アコースティック・サウンドとヴォーカル・ハーモニーに耳を傾ければ、今でもあの時代の風景や空気が漂ってきそうだ。ウッドストックでの主役は彼らだったのかもしれない。

ジェファーソン・エアプレイン『Jefferson Airplane Takes Off』(1966)
こちらも60年代カウンターカルチャー領域のど真ん中から出てきたバンド。マーティ・バリンとポール・カントナーが中心となってヒッピーの約束の地、サンフランシスコで結成。本作は後に続く彼らの長い旅路への記念すべき離陸作。商業的な成功はしなかったが、当時の雰囲気が聴こえてくるフォーク・ロックの佳作。グレース・スリックを加えたサイケデリック・ロックの名盤『Surrealistic Pillow』は次作で誕生する。

ジョニー・ウィンター『Second Winter』(1969)
「100万ドルのブルーズ・ギタリスト」としてその名を広めたメジャーデビュー作。そのわずか4か月後にリリースされたのがこのセカンド。LP時代は変則的な2枚組で4面には音源は入っていなかった。チャック・ベリーやボブ・ディランの曲をカバー。ブルーズ一辺倒だった前作に比べて、弟エドガーのサックスやピアノも加わって音楽性が豊かな印象。だが、録音物でもライヴでも、やはりジョニーのスライドギターが聴きもの。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the COLOR]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑