bob-dylan-carnegie-chapter-hall11

TAP the DAY

〈吐きすて〉の歌の原点=11月4日、ボブ・ディランの初コンサートには53人の客しかいなかった

2013.11.04

ボブ・ディランの初コンサートが行われたのは1961年の11月4日、場所はニューヨークのマンハッタン7番街と57丁目の一角を占めるカーネギー・ホールだ。

ただしカーネギー・ホールとは言っても、音楽の殿堂として知られている大ホールではなく、リハーサル・ルームのひとつ、チャプター・ホールが会場だった。

客席100のホールには53人の客しか入ってなかったとも言われるが、ディランは会場に客が少ないことなどで気落ちするようなことはなかった。

メジャーのレコード会社、COLUMBIAとの契約にこぎつけた10日後だった。

その夜の貴重なコンサートの音源は録音されていて、後に「Carnegie Chapter Hall」としてブートレッグで出回ることになる。



全14曲の内訳はオリジナルが4曲、ウッディ・ガスリーのカヴァーカバーが2曲、さらにフォークとブルースのトラディショナル2曲を取り混ぜた内容だったが、独特の言葉を吐きすてるような唱法は、すでにアルバム・デビュー前から完成していたのがわかる。

「Song to Woody」/ボブ・ディラン

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the DAY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑