「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the DAY

奇妙な宇宙船に乗って旅立っていった男〜ジャズ界の鬼才エリック・ドルフィーを偲んで

2020.06.29

Pocket
LINEで送る



今日は、ロサンゼルス生まれのジャズ・サックス奏者エリック・ドルフィー(享年36)の命日です。
卓越した技巧と独特のアドリブフレーズで知られるサックス演奏の他に、フルートやクラシックにおいて使用されるのが主だったバスクラリネットをジャズの独奏楽器として用いたことで、後のジャズ奏者に多大な影響を与えた男である。
1958年、長い“下積み生活”を経てきた彼は30歳にしてチコ・ハミルトン楽団に参加。
程なくして、あのジャズ界の巨人ルイ・アームストロングのバンドのベーシストとして活躍していたチャールズ・ミンガスの楽団に加わる。
同時期にソロ活動も開始。
1961年にはトランペット奏者ブッカー・リトルとの双頭コンボを組むも、同年10月のリトルの急逝で頓挫。
1961年~62年まで、ジョン・コルトレーンのグループに参加し、1964年には再びミンガス楽団に加わった。
そして同年、ミンガス楽団のヨーロッパツアーに参加中、糖尿病による心臓発作のためベルリンにて他界。
遺品となったバスクラリネットとフルートは、ドルフィーの両親からコルトレーンに贈られたという…。

20100410122858f16
彼が32歳の時に発表したアルバム『Out There』(1960年)のジャケットには、サルバドール・ダリ風の奇妙な絵が描かれている。
空中に浮かんだコントラバスの船にドルフィーが乗って、なんだか難しい顔でサックスを吹いている。
船の帆はチェロ、屋根はシンバル、側壁からはホーンが突き出ており、船底にはフルートがへばりついている。
航跡には楽譜が漂い、丘の上には灯台のかわりにメトロノームが立っている。
それはまるで“宇宙の場末”を彷徨いつづける心を表現しているかのようだ。
また、このジャケットの裏にはドルフィー自身による、こんな言葉が書き記されている。

何か新しいことが起きようとしているんだ。
それが何であるか僕にはわからない。
でもそれは新しいものであり、優れたものなんだ。
そして、それは今まさに起ころうとしている。そのまっただ中に、ここニューヨークにいられるというのは本当に素晴らしいことだよ。


このアルバムは録音されたのは1960年の8月。
保守的な50年代もようやく終りを告げ、ジョン・F・ケネディが大統領に選出される少し前のことである。
長年に渡って薄暗い場所で下積み生活を余儀なくされていた彼にも、この頃からスポットライトがあたりはじめ、音楽的にも大きな飛躍を遂げるのだ。
しかし、彼がその才能をフルに発揮できた期間はあまりにも短かった。
1964年6月29日、彼はあの奇妙な船に乗って…宇宙の果てへと旅立っていった。
36年の生涯を一気に駆け抜けていった彼が遺した旋律は、ジャズファンの心の中で永遠に生きつづけている。

『Out There (1960)』/エリック・ドルフィー


20100410122858f16

エリック・ドルフィー『Out There』

(1960/Prestige)



こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。


新作ミニアルバム『You』のタイトルナンバー「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。

「どんなに離れていても 何度生まれ変わっても 僕らは巡り逢う」

2020年4月22日リリース!!!
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12572525158.html

唄うたい佐々木モトアキの新曲「You」、山善の秀作「一本の赤い薔薇」のカヴァーを含む珠玉の作品集。
遠く離れて暮らす大切な人、男の友情、忘れられない場面、誰かの溜め息、出逢えた奇蹟、長く曲がりくねった道、喜びと悲しみ…どうしようもないこと。
7篇の歌物語に心を重ねて、あなたの大切な人(You)の名前を呼んでみてください。




【佐々木モトアキ独り唄いTOUR“歌ものがたり2020”春夏】

■5月15日(金)久留米 農と音  
■6月26日(金)京都 Bar USAGI
■6月27日(土)和歌山 OLD TIME 
■7月3日(金) 久留米 農と音  
■7月4日(土)行橋 Rock ‘n Roll Bar Memphis
■7月5日(日)熊本(八代) bar 7th chord 
■7月18日(土)岩手(二戸) HOUSE OF PICNIC
■7月19日(日)秋田(能代) ハックルベリー 
■8月1日(土)群馬(渋川) Casa Midori
■8月22日(土)大阪 新世界ヤンチャーズ
■8月23日(日)徳島 デラシネ 
■8月24日(月)東広島 pasta amare
■8月28日(金)福岡 Bar KINGBEE
■8月29日(土)大牟田 陽炎
■8月30日(日)佐賀 417〜Que Sera ,Sera Vol.3〜

↓チケットご予約&公演詳細はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12576468028.html


Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the DAY]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ