TAP the DAY

サミー・デイヴィスJr.を偲んで②〜“史上最高のエンターテイナー”がステージで歌い続けた落ちぶれたダンサーの歌〜

2016.05.16

Pocket
LINEで送る

歌、ダンス、モノマネ、巧みなトーク、そしてトランペット、ドラム、ビブラフォンの演奏、映画やテレビでの演技など、様々な“芸”を極め「Mr.エンターテインメント」と称されたサミー・デイヴィスJr.。
そんな彼が40代からこの世を去るまでの約20年間、ステージで大切に歌った“一曲”がある。
その曲の名は『Mr.ボー・ジャングルス』。
ドサまわりをし、刑務所に入っていることも多く、ダンスのギャラとして酒と少しばかりのチップをねだる…歌いながらそんな老ダンサーの姿を演じてみせる彼のステージはまさに“至芸”と呼ぶにふさわしいものだった。
ファンの間では“十八番”として知られているのだが、実は彼がこの歌を避けていた時期もあったのだという。
人気スターとして“落ちぶれた老ダンサー”を演じながら歌い踊っているうちは良いが、50歳を迎えた頃に体力的な衰えを感じるようになった彼は「今、自分が病気や事故にあって長いこと仕事を休むようになったなら、豪邸のローンなどでたちまち破産し、この老ダンサーのような境遇になってしまうだろう…」という恐怖にとらわれていたというのだ。
そのため、しばらくは出来るだけこの曲を歌わずにすますようにしていたという。
逆に言えば、彼はそれほどこの曲に打ち込み、歌に出てくる老ダンサーと一体化するほど感情移入していたのかもしれない。


ボージャングルという男に会ったことがある
ボロ靴で踊ってくれた
白髪まじりの髪
破れたシャツ
ダブダブのズボン
とても高く高くジャンプして
軽ろやかに着地したんだ

ボージャングルさん
ボージャングルさん
ボージャングルさん
踊っておくれ!

ニューオーリンズの監房で彼に会ったとき
僕はひどく落込んでいた
僕を年老いた目つきで見て話し始めた
彼の人生の話を そう人生の話を…
彼は笑って膝を打ってステップを踏んだ

名前はボージャングルだって言ってた
それから監房を滑るように横切り踊った
姿勢を正してからズボンを掴んで
高く跳んで靴のかかとを鳴らす
そして乱れた服をなおすと彼は高らかに笑った

ボージャングルさん
ボージャングルさん
ボージャングルさん
踊っておくれ!

客のためにミンストレルショーで踊り南部中を回った
彼は涙しながら15年間の話をしてくれた
彼と愛犬がどんな旅をしてのか
その犬が死んでしまって20年…
彼は哀しみ続けているんだ

彼は言った「俺は今どんな時でも機会があれば踊るぜ!」と
酔っ払い相手の安酒場で…はした金でも
でもほとんどは刑務所暮らし
彼は言った「ちょっと呑み過ぎるからな…」
頭を振りながら…
そして彼が首を横に振ったとき誰かが言った「お願いだから!」

ボージャングルさん
ボージャングルさん
ボージャングルさん
もう一度踊っておくれ!


この歌に出てくるMr.ボー・ジャングルスとは一体誰のことなのだろう?
そもそもこの“ボージャングルス”というのはアメリカのスラングで、”happy-go-lucky=のんきな・運まかせの”という意味を持つ言葉らしく、悪く言えば“無計画な”という意味もあるのだという。
芸に生きて、気ままに過ごし、人生の儚い晩年を迎えたボードビリアンの心情を見事に描いたこの歌詞を、作者はどんな風にして紡ぎ出したのだろう?
この曲は、ジェリー・ジェフ・ウォーカーというシンガーソングライターが作詞作曲し1968年に自身のアルバムで発表したのが初出である。
作曲する4年程前にジェリーがニューオリンズで酒に酔ってトラブルを犯し、監獄に収監された際に、そこで知り合った年老いた無名のボードビリアンを題材にして作ったものだという。
また、この歌はサミー・デイヴィス・ジュニアの他にもこれまで多くの歌手たちがカヴァーしてきた。





最後に…サミー・デイヴィス・ジュニアが、亡くなる前年(1989年)に来日しTokyo Bay NK Hallステージで披露した最高のパフォーマンスをご紹介します。

「今日は会場の皆様に一つ謝らなければならない事があります。僕はマイケル・ジャクソンじゃないんだ。」

そう前置きした上で、マイケルの「Bad」のダンスと歌の真似を始める。
しかし、「やっぱり歳だ…」と言ってすぐにやめてしまい、老人のようによろよろ歩いてみせて笑わせる。

「やるのは楽しいけど、やっぱり若者向きの曲だね。」
「次の曲は僕向きに作られた曲です。」


そう語ると、彼はおもむろに黒いハットをかぶり歌い始めるのだ。
年老いたダンサーを描いた歌へと繋ぐ、珠玉の演出といえるだろう。



↓こちらも併せて是非お読み下さい♪
【サミー・デイヴィスJr.を偲んで①〜片目を失った“史上最高のエンターテイナー”の生い立ちと、成功への軽やかなステップ〜】
http://www.tapthepop.net/day/45579

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the DAY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑