TAP the DAY

I Gotta Find Peace of Mind〜ローリン・ヒルが“一度死んで”手にしたものとは?〜

2017.05.26

Pocket
LINEで送る

ローリン・ヒル。
現在のアメリカ音楽シーンにおいて、その一挙手一投足が注目される最重要人物である。
90年代を代表するヒップホップ・グループのひとつ、フージーズ(The Fugees)としての活動や、映画『天使にラブ・ソングを2』の出演などで知られる彼女。
ソロアーティストとしてリリースした名作『The Miseducation of Lauryn Hill』(1998年)を全世界で1200万枚売り上げる快挙を記録し、女性として史上最多のグラミー5部門を受賞するなど、今なおカリスマ的存在として不動の人気を誇っている。
私生活では既に1男1女の母で、夫はボブ・マーリィの息子ローアン・マーリィである。
日本では、人気歌手の安室奈美恵がその音楽性やファッションをお手本にしていることでも知られている。


ニュージャージー州に生まれ、母は教師、父はコンピューター・アナリストという中流家庭に育った彼女は、幼い頃から教会で歌い、テレビやドラマなどに出演したりもしていたという。
ハイスクール時代にプラズとワイクリフというハイチ系移民の少年たちと出会い、89年にフージーズを結成。
もともとはオーソドックスなR&Bを指向していた彼女が、デビュー時になぜラップを選んだのだろう?
あるインタビューでこんな風に語っている。

「80年代後半のR&Bはセクシャルな歌ばかりで中身は空っぽ。言葉をもっと真剣に受け止めてほしくて、必然的にラップを選んだのよ。」


彼女の歌には、有色人種として、また女性としてのメッセージが常に込められている。自分の意志をしっかり持った毅然とした姿勢が、若い女性の共感を呼ぶのだという。
そんな彼女がグラミー受賞の1999年以降、約2年もの間“音楽業界の行方不明者リスト”の筆頭にあったという。
二十代前半にしてスターダムの頂点に立ち、世界中の注目を集めていた彼女に一体何があったとうのだろう?
2001年の夏、26歳となった彼女はMTVの番組『Unplugged』の収録のため久々に姿を現した。
ステージに登場した彼女は、集まったファンとカメラに向かって意外な言葉を放った。

「本当のローリン・ヒルをみんなに紹介するわ!」


それまで世界中の音楽ファンが知っていたローリン・ヒルは“本当の彼女”ではなく、偽りだったというのだ。
行方不明だった間に、彼女は“本当の自分”をみつけたというのだ。

「今日、あなたたちはローリン・ヒルを観にやってきたのよね。みんなローリン・ヒルを知っているつもりね?でも実はこれが初対面なの。私自身、自分を知り始めたばかりなのよ。」


“最も才能ある将来有望なアーティスト”だった彼女は、数年前までの自分を振り返り「幸せではなかった」と言い切る。
望んでいたものをすべて手に入れた途端に、自分がそれまで間違った方向に走り続けていたことに気づいたと言うのだ。
人々に認められたい、愛されたい、という欲求のあまり、外見やイメージにとらわれてしまい自分を枠に押し込んだまま“虚像(公衆が求めるローリン・ヒル)”を演じていたとカミングアウトしたのだ。
ビジネスとしてのローリン・ヒルが巨大化するに従い、自分にとって最も大切なクリエイティビティが蝕まれつつあったという。
そんな自分自身の“歪み”を正すべく、彼女は「一度死んで」神の意を探るために聖書を勉強し直すことを決心する。
良きアドバイザーの下で約一年間、聖書の言葉をむさぼるように吸収する。
もっとも彼女の信仰心は急に芽生えたわけではなく、フージーズや大ヒットした前作アルバムでも、聖書からの引用はメタファーを探せば数限りない。
誤解してはいけないのは、彼女が“宗教に目覚めた”のではなく、あくまで“聖書に導かれて真の自分に目覚めた”ということだ。
ステージ上で彼女は、まるで自宅に友達を迎え入れて話すようにMCを続ける。

「昔は観客のみんなのためによく着飾っていたものだけど、今はもうそういうことはしないの。ごめんなさいね。そんなエネルギーがもうなくて(笑)新しい私を是非観て。」


彼女の新曲が披露されたこの『Unplugged』は、翌2002年にライブアルバム『MTV Unplugged No. 2.0』となって音源化されることなる。
ボブ・マーリィの「So Much Things to Say」など、カヴァーを含む全13曲をガットギター1本で弾き語る彼女の歌声は潔く底知れぬエネルギーに満ちあふれている。


「今日やる曲は、まだほとんどの人が聴いたことのない新曲で、それらの曲は今までに私が経験してきたことに基づいているの。とても貴重な人生のレッスンを幾つも学んだし、それらがなぜ私にとって必要だったのかという理由を知った時には、一層大きな喜びを感じたわ。だから言葉に耳を傾けてもらうことがとても大切なの。聴こえづらかったりしたら手をあげてね。以前、私はパフォーマーだったけど、今はそうは思ってないのよ。与えられた音楽を皆さんと分かち合っているだけなのよ。」


その日披露された楽曲の中でも「I Gotta Find Peace of Mind」は圧巻だ。
そこに至るまでの彼女の壮絶な葛藤と内なる叫びが綴られた内容で…それはラブソングでもあり、ある意味ではゴスペル(感謝の祈り)にも聴こえる。


あなたの愛から逃げるなんて 私はなんてことをしていたのかしら?
あなたの愛を避けるなんて 私はなんてことをしていたのかしら?
あなたは心を落ち着かせてくれる 今までの私はもう過去
あなたは心を落ち着かせてくれる 今までの私はもう過去

彼は心の安らぎ 生きるってなんて素晴らしいことなのかしら
もう一度チャンスを与えたれ 毎日が新しいチャンス
今度こそ上手くやりたい 毎日が新しいチャンス
Ohなんて情け深い…情け深い神様
情け深い…素晴らしい…情け深い…素晴らしい



<引用・参考文献 CD『MTV Unplugged No. 2.0』ライナーノーツより/新谷洋子(著)・安城ヒース(歌詞対訳)SONY>


Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the DAY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑