TAP the DAY

「音楽が死んだ日」の悲劇から生まれたドン・マクリーンの「アメリカン・パイ(American Pie)」

2017.02.03

Pocket
LINEで送る

1959年2月3日の未明、悪天候の中を強引に飛び立った小型飛行機が離陸して間もなく、吹雪のために方向を失ってアイオワ州セロ・ゴード郡のトウモロコシ畑に墜落した。
翌朝になって発見されたものの、パイロットと乗客の全員がすでに死亡していた。

命を落とした乗客はエルヴィス・プレスリーにつぐロックンロール・ヒーローだったバディ・ホリー、メキシコの民謡をロックンロール調にアレンジした「ラ・バンバ(La Bamba)」の大ヒットで知られるリッチー・ヴァレンス、そして“ビッグ・ボッパー”の名で知られたJ.P.リチャードソンの3人である。

この痛ましい犠牲者たちはバディが22歳、ビッグ・ボッパーが28歳、リッチーにいたっては17歳という若さだった。

ニューヨーク州ニューロチェールで新聞配達のアルバイトをしていた13歳の少年ドン・マクリーンは、憧れのアイドルでだったバディ・ホリーの死を、自分が配達する新聞で知って大きな衝撃を受けた。

それから12年の歳月が流れてシンガー・ソングライターになっていたドンは、この悲劇を題材にした大作「アメリカン・パイ(American Pie)」を発表する。



ずっとずっと昔のこと
音楽が人を笑顔にしてくれるものだった頃のことを 
ぼくは今でもよく覚えている


歌詞の中にたくさんの曲名やバンド、スターの名前が織り込まれた8分32秒にも及ぶ異例の大作は、シングル盤のレコード片面には収まらず、A面とB面に分割されて発売になった。

そこには比喩と暗喩が散りばめられて、ドンは曲中で飛行機が墜落した日のことを「音楽が死んだ日」(The Day the Music Died)と、繰り返し歌っている。

そしてぼくらは暗闇で葬送の歌を歌っていた
あの音楽が死んだ日に


ビルボード誌では1972年1月15日より4週連続で第1位を獲得、年間ランキングでも第3位となつ大ヒットになった。

「音楽が死んだ日」からちょうど13年後の2月3日、そのことを歌った曲が全米チャートで1位に輝いていたのは、出来すぎのようだが本当の話である。


(注)このコラムは2014年2月3日に公開された『2月3日 音楽が死んだ日から生まれた曲、「アメリカン・パイ(American Pie)」』を加筆し、改題しました。

Don McLean『American Pie』
Capitol

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the DAY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑