TAP the DAY

Alison〜ウディ・アレンの映画のような傑作ラブソング

2017.08.25

Pocket
LINEで送る


63歳を迎えたエルヴィス・コステロ。
彼の本名はデクラン・パトリック・アロイシャス・マクマナスという。
1954年8月25日、ロンドンで生まれた彼のステージネームは、憧れのエルヴィス・プレスリーと父方の祖母の旧姓に由来している。
彼の血統(ルーツ)でもあるコステロの姓は、アイルランド系に多い苗字。
ミュージシャンだった父親がもらってくる大量の試聴用レコードに囲まれて育った彼は、幼少から音楽に慣れ親しんでいたという。
1977年、当時23歳だった彼はアルバム『マイ・エイム・イズ・トゥルー(My Aim Is True)』でデビューを果たす。
そのアルバムジャケットには“KING ELVIS”という文字が市松模様の中に小さく散りばめられている。
当時のコステロは“怒れる若者の代表”として音楽シーンに姿を現し、小気味いいビートと良質なメロディーで、パンク全盛期を迎えようとしていたロンドンに新風を吹かせたのだ。


君と再会するなんて可笑しいね
ずいぶん久しぶりじゃないか
僕にはわかるよ…君は何とも思っていないってね
でも聞いたよ…あいつが君のパーティードレスを脱がしたんだってね
君が誰を愛しているかなんて知ったことじゃないさ
僕は未練がましい元恋人のように感傷的になったりはしない
だって、君が誰かを愛しているとしても…
それが僕じゃないってことだけははっきりしてるからね

アリスン…僕にはわかってるよ
この世界が君を押しつぶそうとしてることを
アリスン…僕は真実を求めているだけだ


そんな彼のデビューアルバムに収録された曲の中でも“白眉”と言われているのが「アリソン(Alison)」というラブソングである。
その歌詞の中には、アルバムタイトルでもある“My Aim Is True(僕は真実を求めているだけだ)”というフレーズがくり返し使われている。
一部のファンの間では「ダブルミーニングなどが含まれていて詞が難解だ」と言われるが…その真相は謎のままである。
コステロの歌詞は、日常を生きる人たちの“ある情景”を切りとったものが多い。
この「アリソン」は、ある男がパーティ会場のような場所でばったり昔の恋人に再会した場面からはじまる。
彼女は彼と別れた後(よりによって)彼の友人とくっつき…結婚をする。
一方、彼の方は未練タラタラで、久しぶりの再会なのにネチネチと嫌みを言いはじめる…。
どうしょうもなく情けない男と、そんな彼にうんざりしている元恋人との寸劇はまるでウディ・アレンの映画の一場面のようで…ある意味“良質なコメディー”の台詞ようにも聴こえてくる。

ああ、君に夫がいることは僕もわかってるよ
あいつが君の指をウェディングケーキの中へ入れたんだよな
そして君は彼に抱きついていたんだよね
あいつは手に入れられるものすべてを手にしたんだ
君がそんなくだらないことを言うのを聞くと
そのお喋りを止めさせられたらって思うよ
誰かこの光をかき消してくれれば良いのに
だって、もう耐えられないよ…
こんなふうに君の姿が見えるのは

アリスン…僕にはわかってるよ
この世界が君を押しつぶそうとしてることを
アリスン…僕は真実を求めているだけだ




Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the DAY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑