「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the DAY

Yesterday Once More〜ドラム演奏の実力が発揮されたレコーディングエピソード

2021.09.11

Pocket
LINEで送る


若い頃は好きな曲を待ちながら
よくラジオを聴いていたわ
その曲がかかると一緒に歌ったりして
笑顔になれたの


1983年2月4日、カレン・カーペンターは32歳でこの世を去った。
死因は摂食障害がもたらした心不全だった。
カーペンターズといえば、彼らが活躍した1970年代当時、ホワイトハウスやディズニーランドでの演奏を許された唯一のミュージシャンだった。
ビートルズのポール・マッカートニーは、彼女の歌声とカーペンターズの音楽についてこう賛美している。

「世界で最高の女声であり、旋律が美しく、豊かで、そして独特だ。」

この「Yesterday Once More」は、カーペンターズの12枚目のシングルとして1973年に発表されたもので、彼らの楽曲の中でも最もセールス的に成功した曲と言われている。
本国アメリカではビルボードチャートの2位にまで駆け上がり、日本ではオリコン洋楽チャートで約半年間1位をキープするという“異例のロングセラー”を記録した曲として知られている。
彼らの代表曲「Top of the World」と同じく、作詞はジョン・ベティス、作曲はリチャード・カーペンターが担当したオリジナル曲である。
レコーディングではカレン・カーペンターがドラム演奏を担当しているのだが…その録音にまつわるちょっと面白い裏話があるという。
レコーディングの当日、ベストな演奏でテイクを録り終えたメンバーに対してリチャードがある要求を出したという。

「今のテイクの後半部分を残したままで、前半だけを録り直したいんだ!」

デジタル技術が進化したの現在の録音とは違い、当時は部分的に録り直すためにはテープの切り貼りをするしか手段がなかった。
つまり前半を録り直すには、前に録音したテイクの正確な演奏時間と、それを再現して後半に結びつけるリズムキープが必要であり…リチャードの要求に対してスタッフは「それはちょっと無謀じゃないか?」と躊躇したという。
しかし、カレンが叩くドラムの正確なリズムキープによって、揺れのない演奏が再現され、録り直しは見事成功!
この件に関して、生前カレンはこんな言葉で振り返っている。

「今聴いてもどこに繋ぎ目があるのか?私ですら判らないわ(笑)」

その美しい歌声でも高く評価されていた彼女だったが、ドラムの技術(リズム感)も相当なものだったということがわかるエピソードだ。




こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。






【佐々木モトアキ独り唄いTOUR“歌ものがたり2021”秋冬】


9月11日(土)金沢JealousGuy
9月12日(日)富山(高岡)GOOD FELLOWS
9月17日(金)北海道(恵庭)Mojo Hand
9月18日(土)北海道(札幌)SALINAS
9月19日(日)北海道(苫小牧)M’s Garden
9月22日(水)北海道(札幌)LOG  
10月2日(土)茨城(古河)三和ふるさとの森
10月3日(日)新潟Live Bar Mush
10月8日(金)東広島pasta amare
10月9日(土)山口(下関)T-Gumbo
10月10日(日)福岡(雑餉隈)@-yaya GARAGE
10月16日(土)茨城(古河)Live studio音出事
10月23日(土)吉祥寺Rock Joint GB
10月30日(土)福岡Public Bar Bassic.
10月31日(日)熊本(八代)bar 7th chord
11月3日(水・祝)行橋Rock ‘n Roll Bar Memphis
11月7日(日)徳島 デラシネ
11月12日(金)小倉Bar Disa
11月13日(土)広島OK鉄板
11月14日(日)大分(宇佐)音小屋REBOOT
11月19日(金)仙台 ホームラン酒場
11月20日(土)二戸FREED
11月21日(日)八戸FLAT 
11月22日(月)青森 Be on space222トラスト
11月23日(火・祝)秋田カウンターアクション
11月27日(土)下北沢ニュー風知空知
12月3日(金)名古屋ローリングマン
12月4日(土)岡山Desperado
12月5日(日)大阪 大きな輪
12月11日(土)福岡NIKAI 
12月12日(日)大牟田 陽炎
12月18日(土)所沢 MOJO


↓チケットご予約&公演詳細・共演者情報はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12692844619.html




新作ミニアルバム『You』のタイトルナンバー「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。





佐々木モトアキ
執筆、動画編集、音楽・食・商品・街(地域)に関わるPRなどなど…様々なお仕事承ります。

例えば執筆・編集のお仕事として、、、
「ロック」「ジャズ」「ブルース」「R&B」「シャンソン」「カントリーミュージック」「フォークソング」「歌謡曲」「日本の古い歌」など、ほぼオールジャンルのページ企画・特集に対応いたします。
ライブイベントの紹介・宣伝文や、アーティストの紹介文なども対応できます。
音楽以外のライティングとして、WEBページの作成・リニューアル、各種パンフレット作成に伴う「店舗のご紹介」「メニューご紹介」「企業・会社のご紹介」「商品のご紹介」などなど様々なPRに関わるお仕事も承ります。


音楽、人、食、商品、街(地域)…私たちが関わるものすべてには“ものがたり”があります。
あらゆるものに存在する、ルーツや“人の想い”を伝えながら「誰が読んでもわかりすい読み物」をお作りいたします✒︎
お気軽にご依頼のご相談・ご連絡ください♪
sasa@barubora.jp
090-2669-2666

【佐々木モトアキ プロフィール】
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12648985123.html

【TAP the POP佐々木モトアキ執筆記事】
http://www.tapthepop.net/author/sasaki






Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the DAY]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ