TAP the DAY

アメリカで最も有名な冤罪事件から生まれた「勝利の讃歌(Here’s To You)」

2014.04.09

Pocket
LINEで送る

アメリカに「赤狩り」が吹き荒れて、共産主義並びに自由思想を糾弾し、人種偏見と差別が増長していた1920年代に起きた、サッコ=ヴァンゼッティ事件を映画化したのが、『死刑台のメロディ』(原題:Sacco and Vanzetti)である。

イタリアから大量にやって来た移民の労働問題で揺れるボストンで、靴屋のニコラ・サッコと、魚の行商をやっていたバルトロメオ・ヴァンゼッティが逮捕された。
二人は自由の国アメリカに渡って真面目に働いていたが、白人の中でも下層のイタリア移民に向けられる差別の中で、アメリカのために戦争へ行くのはいやだと徴兵反対のグループに入った。

「戦争はごめんだ。我々はなぜ殺し合うんだ?」

密告によってとらえられた二人は、まったく身に覚えがないにも関わらず、次々と提示される証言や証拠によって、現金強盗殺人犯として裁判にかけられ、有罪の判決が下された……。

二人は裁判で無実を訴えて、この事件には世界中から関心が集まり、裁判所やマサチューセッツ州政府に抗議が殺到した。しかし、裁判で無実を訴えて泣き叫んでも判定は覆らなかった。

なぜならば「赤狩り」には、生けにえが必要だったからだ。1927年4月9日、二人に死刑判決が下った。

「へたに社会運動などに足を突っ込むと、こういう目に遭うぞ・・・」

生けにえに選ばれたサッコとバンゼッティは100日後に、電気椅子に送られて死亡した。

アメリカの裁判史上での汚点と呼ばれる冤罪事件を、怒りを込めて描き出したこの映画で音楽を担当したのは、イタリアが生んだエンニオ・モリコーネである。
その主題歌「勝利の讃歌(Here’s To You)」をアメリカのフォーク・シンガー、ジョーン・バエズが、生前に二人が遺した声明文の語句を引用して歌った。

あなた方を祝福しよう、ニコラとバート
わたしたちの心の中で永遠のやすらぎを
最後の最期の瞬間はあなたたちのものです
受難があなたたちの勝利となるとに!


1977年7月19日、マサチューセッツ州のマイケル・デュカキス州知事は、2人への裁判は偏見に基づいたものであったと2人の冤罪を認めて無罪を宣告し、処刑された8月23日を「サッコとバンゼッティの日」と宣言した。

ジョーン・バエズが歌う


エンニオ・モリコーネ 指揮 ローマ・シンフォニエッタ・オーケストラ ラ・フェニーチェ・ヴェネチア合唱団 2007年 ヴェニス、サンマルコ広場

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

    関連記事が見つかりません

[TAP the DAY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑