「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the DAY

P.F.スローンを偲んで〜60年代に活躍した若きソングライターの光と影

2018.11.15

Pocket
LINEで送る

2015年11月15日、シンガーソングライターのP.F.スローンがロサンゼルスの自宅で息をひきとった。
70歳で他界するわずか数週間前に膵臓癌と診断されていたという。
60年代、アメリカのポップスシーンにおいて“優秀なソングライター”として功績を残した彼。
その代表作と言えばバリー・マクガイアが歌った「Eve of Destruction(明日なき世界)」と、ジョニー・リヴァースの「Secret Agent Man(秘密諜報員)」だろう。
彼と同様に60年〜70年代に活躍したソングライターの中には、レオン・ラッセルやキャロル・キングのように自らパフォーマーとして表舞台に立って脚光を浴びたアーティストもいる。
しかし…P.F.スローンは彼らのようにステージでスポットライトを浴びることはなかった。

ずっとP.F.スローンを探している
彼の行方を知る者はいない
彼の歌を聴いた者もいない


作詞・作曲・オーケストレーションと三つの部門でグラミー賞を受賞した唯一の人物ジミー・ウェッブは、スローンのことを「僕が音楽家になろうと試みた時に憧れた人」と尊敬し、自身の1stアルバム『Words And Music』(1970年発表)に「P.F.スローン」というオマージュソングを収録している。


1945年ニューヨーク生まれロサンゼルスで育った彼は、13歳でアラディンレコードと契約を結び、1959年に“フリップ・スローン”の名義でレコードデビューを果たす。
エルヴィス・プレスリーに憧れて歌手デビューしたものの…売れない日々をしばらく経験した後、1961年(当時16歳)、アメリカの映画製作会社『スクリーン・ジェムズ』にソングライターとして採用される。
その後、少なくとも7つの名義でソロ作品をリリースしたが、いずれも商業的成功を収めることはなかった。
『スクリーン・ジェムズ』の西海岸責任者が、スローンを同じニューヨーク出身で彼と同じく歌手として成功を得られずにいたスティーヴ・バリと組むことを提案。
以降、バリとのコンビで能天気なサーフミュージックを書いていたが、60年代半ばになるとボブ・ディランの影響もありシリアスなフォークロックを量産するようになる。
この頃スローンが単独で作詞作曲し、バリー・マクガイアに提供した「Eve Of Destruction(明日なき世界)」(1965年発表)が全米No.1のヒットを記録し、後に彼の代表曲となる。




こうしてスローンは1965年(当時20歳)以降、再びソロアーティストとしてキャリアを重ねてゆくこととなる。
しかし、彼はソングライター/プロデューサーとしての仕事が忙しく…ソロアーティストとしてアルバムは出すもののステージに立てないなどのレコード会社との制約の中で鬱々とした日々を送ることとなる。
彼は裏方の仕事を辞めてソロアーティストに専念することを望んでいた。
しかし、レコード会社は彼の希望に難色を示し「退社するのであれば、これまで我が社で書いた楽曲の印税を放棄せよ」という厳しい条件を押しつけてくる。
これは売れっ子作家の独立を翻意させる為に会社側が出した条件だったが…なんと彼はこの条件を受け入れて、これまでの楽曲の権利を放棄して独立したのだ。
ところが、ようやく自由を手に入れた彼に悲運が襲いかかる。
彼の心は鬱病と緊張病に蝕まれてしまっていたのだ。
以降、ソロ名義でアルバムを2枚ほどリリースするが、売り上げは芳しくなく、しだいに生活は困窮し…彼は長年暮したロサンゼルスを離れ、生まれ故郷のニューヨークに戻ることとなる。
契約条件的にも身体的にも思うように活動ができなくなった彼は、70年代に入ると音楽シーンから姿を消す。


長い闘病生活を経て、彼は1985年(当時40歳)にようやく復活を果たす。
その後は小規模のクラブでのステージ活動を中心に、何枚かインディーズからアルバムを出しながら、地道に活動を展開していたという…

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

    関連記事が見つかりません

[TAP the DAY]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ