Extra便

TAP the POP厳選! 2015夏フェス必見ライブアクト〜サマソニ編〜

2015.08.08

Pocket
LINEで送る

夏フェスの季節、真っ盛り! 例年にないほどの酷暑も影響して、今年のフェスはさらに熱いステージが期待できそう。そこで、TAP the POPが厳選するフェス必見・必聴の洋楽アーティストを、2回にわけてご紹介します。
前回のフジロック編に続き、今回は8月15・16日の2日間、千葉県・幕張と大阪・舞洲で開幕される『SUMMER SONIC 2015』出演アーティストの中から選りすぐった面々を取り上げて行きます。

特集「TAP the POP FESTIVAL」はコチラ。


ザ・スクリプト
8/15 大阪 OCEAN STAGE
8/16 東京 MARINE STAGE


アイルランド・ダブリン出身のスリーピース・バンド。2008年発表のデビュー・アルバムがUKとアイルランドで1位を記録し、世界各国でプラチナ・アルバムに。アメリカではポール・マッカートニー、U2らのライブでサポートを務め、UKでもエリザベス女王がBBC〈Radio 1〉に出演した際に、女王直々の指名で演奏を披露するなど、その高い人気を誇る。アイリッシュの血を感じさせる美しいメロディと、壮大かつ骨太なサウンド。スタジアムの大きさに見合った充実のアクトに期待がかる。



マジック!
8/15 大阪 OCEAN STAGE
8/16 東京 MARINE STAGE


2012年に結成された、カナダ出身の4人組。レゲエ風味のアレンジがキャッチーなデビュー・シングル「ルード」が、本国はもとより豪州でも大ヒット。翌年にはアメリカにも人気は飛び火し、ビルボード・チャートで1位を記録した。またボーカルのナスリ・アトウェは人気プロデューサー・チーム〈The Messengers〉のメンバーとしても活躍。クリス・ブラウン、ジャスティン・ビーバー、ピットブルなどの楽曲を手がけている。マジック!のポップで軽快なサウンドが、真夏の都市型フェスに爽やかな風を吹き込む。


マーモゼッツ
8/15 東京 MOUNTAIN STAGE
8/16 大阪 MOUNTAIN STAGE


紅一点のボーカル、ベッカ・マッキンタイアを中心に2組の兄弟によって結成された、ウェスト・ヨークシャー出身の5人組バンド。2011年にデビューし、平均年齢18歳の若さでグラストンベリーなど名だたるフェスに出演を果たした。ハードコアやグランジの匂いを感じさせるヘヴィなバンド・サウンドと、存在感抜群の声と美貌を持つベッカのカリスマ性を前面に打ち出したパフォーマンスで魅了する、ブリティッシュ・ロックの新星だ。


ウォーク・ザ・ムーン
8/15 東京 MOUNTAIN STAGE
8/16 大阪 MOUNTAIN STAGE


オハイオ州出身の4人組バンド。精力的なツアーで知名度を広げてきた彼らは、アニマル・コレクティヴなどで知られるベン H.アレンがプロデュースを手掛けたメジャー・デビュー・アルバムを2012年に発表。シンセが印象的な80年代のエッセンスが散りばめられたポップなサウンドがクセになる。2014年にはセカンド・アルバム『Talking Is Hard』をリリース。収録曲「Shut Up And Dance」が全米シングル・チャートで4位を記録するなど、勢いを感じさせるバンドだ。


ベスト・コースト
8/15・16 東京 SONIC STAGE


カリフォルニア出身の男女2人組。2010年にアルバム『Crazy For You』でデビュー。サーフ、ガレージの影響を感じさせるサウンドは人気を博し、『SPIN』『NME』『Pitchfork』などで年間ベストアルバムに選出された。2015年には、サード・アルバム『California Nights』をリリース。ニュー・オーダー、ミューズなどを手がけたワリー・ガゲルをプロデュースに迎え、サイケデリックな色合いを強めた、美しくも激しいバンド・サウンドが印象的だ。


クリーン・バンディット
8/15 大阪 SONIC STAGE
8/16 東京 SONIC STAGE


ケンブリッジ大学で出会ったメンバーを中心に、2009年に結成。クラシック音楽とダンス・ミュージックをミクスチャーしたようなユニークなサウンドが魅力のバンドだ。2014年1月にリリースされたシングル「Rather Be」は全英シングル・チャート初登場1位に輝き、4週に渡って首位をキープ。日本で撮影されたMVも話題となった。


ソウル・レベルズ
8/16 東京 BEACH STAGE


1991年にニューオーリンズで結成された、大所帯のブラスバンド。ジャズ、ヒップホップ、ロック、レゲエなどを縦横無尽にミクスチャーし生まれる無二のサウンドとグルーヴ。年間250本ものステージをこなすという彼らの圧倒的なパフォーマンス力で、絶対的に楽しませてくれることだろう。


バイオ
8/15 東京 HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER


ミッドナイト・ソニックにてオールナイトで開催される〈HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER〉。トム・ヨークやハーバード、F.F.S (フランツ・フェルディナンド&スパークス)など注目のステージが目白押し。その中でも期待は、ヴァンパイア・ウィークエンドのベーシスト、クリス・バイオによるソロ・プロジェクト。デヴィッド・ボウイやブライアン・フェリーを連想させる歌と、テクノが融合したロマンティックな音世界をみせてくれる。


モザイク
8/16 東京 ISLAND STAGE


サマソニは例年、アジアの注目アーティストを集めたステージを展開している(東京のみ)。今年も6ヶ国14組のバンドが集結する。
モザイクは、成都で2008年に結成された4人組。2009年にリリースした「Dancing Girl」が話題となり、様々なフェスへの出演やツアーを展開するなど、精力的なライブ活動を展開し、中国国内でも新世代バンドとして注目を集めている。


ザ・チャンチュッターズ
8/15 東京 ISLAND STAGE


インドネシアはバントンからやってきた5人組のロック・バンド。2008年に結成され、翌年のインドネシア音楽賞で最優秀新人賞を獲得したという彼らのサウンドは、ガレージ、R&B、GS、スカなど多様な音楽性をソリッドなアンサンブルでロックンロールに爆発させていく。インパクトありまくりなフロントマンTriaのステージ・パフォーマンスも必見だ。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[Extra便]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑