Extra便

【追悼・レナード・コーエン】遺作で繰り返される「Hineni」という言葉

2016.11.12

Pocket
LINEで送る

レナード・コーエンが82歳でこの世を去っていたことが発表された。
その最後の置き土産として残されたのが、10月26日にリリースされたばかりの遺作、『You Want It Darker』だ。

youwantitdarker

レコーディングの時にはもう、レナード・コーエンは医療用の車椅子に座っていたという。身体もだいぶやせ細っていた。彼自身、癌の末期であることは自覚していた。
そんな彼のレコーディングをプロデュースしたのは、彼の息子、アダムだった。

最後となった9月のインタビューで、レナードは若くして死に別れた父親との思い出を語っている。
父親の死後、レナードは父親のクローゼットを開け、そこにボウ・タイを見つけ出す。

私はそのボウ・タイを手に取り、何がしかのメッセージを書いた。そしてそれを庭に埋めたんだ。それは私にとって、ある種の礼拝だった。


レナード・コーエンはそう語っている。

そして遺作となった最新作、『You Want It Darker』で彼は、ある古いヘブライ語を散りばめた。

Hineni

神に対する返答であるその言葉は、

私はここにいる

光溢れているはずのこの世を暗くするのは人間自身である。
そんな意味を含めたアルバムに書き込んだメッセージと共に、レナード・コーエンは自らを埋葬しようとしたのだろう。



Leonard Cohen『You Want It Darker』
SMJ

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[Extra便]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑