Extra便

ジョージ・ハリスンが「ルーシー」という女性名をつけた伝説のギターの身代金

2017.09.29

Pocket
LINEで送る

ビンテージギターの第一人者として知られるノーマン・ハリスが書き下ろした自伝には、エリック・クラプトンがビートルズの「While My Guitar Gently Weeps」で弾いたギターにまつわるエピソードも登場する。

1973年のある朝、ノーマンはユニバーシティーミュージックを経営する友人、デール・ロスマンからレス・ポールが盗難にあって代替品を探している重要な顧客が店に来ているという電話を、自宅のアパートで受けた。
もう少し詳しく状況を聞こうとすると、「つべこべ言わずにここへ来い、しかも急いでだぞ!」と強引な口調で催促された。
それに対してむっとしていると電話の向こうで、ビートルズの曲名を持ち出してデールがこう言った。

「ドント・レット・ミー・ダウン(僕を失望させないでくれよ)、ノーム。
君に会わせようとしているのはあのジョージ・ハリスンだぞ‥‥ 」




ノーマンは期待と不安が入り混じった心境のまま、ユニバーシティーミュージックまで車を飛ばした。
だが、店に着いてみると、そこにはデールが一人いるだけだった。
その瞬間、ノーマンは手の込んだいたずらに引っかかったのだと思ったという。

そこで私は尋ねた。「ジョージ・ハリスン様はどこにいるんだ?」
「隣へピザを食べに行ってるよ」デールは表情を変えずに答えた。


その言葉とほぼ同時に店の正面入り口が開いて、ジョージと、ビートルズのロードマネージャーだった、マル・エヴンスが入ってきた。

ビンテージギターの鑑定に関しては、ひと目見てそれが本物か偽物か見分けがつくノーマンだったが、その時は目の前のジョージを凝視し続けて、「そっくりさんに違いない」と自分に言い聞かせたという。
「本物のジョージ・ハリスンが、こんなところにいるわけないじゃないか」と思い込もうとしたのだ。

ところが彼は本物だった。
目の前の現実が信じられないまま、ノーマンが詳しく話を聞いてみると、エリック・クラプトンから贈られた赤のレス・ポール・スタンダードが盗まれて、非常に困っているという事情がわかった。

ビートルズの『ホワイト・アルバム』のセッションで活躍したそのレス・ポールにジョージは、「ルーシー」という女性の名を付けて愛用していた。
そしてジョージの代表曲となった「While My Guitar Gently Weeps」では、そのギターでクラプトンがソロを弾いてくれたことによって伝説にもなった。
そもそも「ルーシー」はクラプトンがニューヨークで購入したギターで、それをジョージにプレゼントしてくれたものだが、ビートルズの「レヴォリューション(Revolution)」のPVで見ることができる。




ギター泥棒はすでにハリウッドの楽器店に「ルーシー」を売却し、それがたまたま仕事でカリフォルニアへ出てきたメキシコに住むミュージシャンによって購入されていた。

そこまで突き止めたジョージとマルは購入者と連絡を取り、大切なギターを買い戻させてほしいと打診した。
すると購入者からは、ジョージの手に大切なギターを戻すのはやぶさかではないが、できれば同等の品質の代替品が欲しいという返事があったという。

そこで50年代後半のレス・ポール・スタンダードを1本、新たに手に入れるために二人はデールの店を訪れたのである。
そしてデールはノーマンが50年代後半に製造されたサンバーストのレス・ポール・スタンダードを、3本も持っていることを知っていた。

ノーマンはジョージとマルと対面して協力することにし、自宅に保管しているギターの現物を見てもらうために、二人を自分の車に乗せて慎ましいアパートへ戻ることにした。

アパートの地下駐車場に車を停めた私は、ジョージとマルを連れて建物の中庭を抜け、階段を上り始めた。階段の途中で何人かの住人が私と一緒に歩いているジョージに気づき、ビックリして固まっているのが見えた。


部屋のドアを開けると、夫人のマーリーンがバスローブ姿のままで掃除していた。
「ジョージ・ハリスンをお招きしたのだ」と告げても、本気にしてもらえなかったという。

ノーマンが所持していた1959年のギブソン・レス・ポール・フレイム・トップを見初めたジョージは、それこそは「ルーシー」との取引にふさわしいと決めた。
また、ゴージャスでネックの細い1960年のフレイム・トップとも恋に落ちて、自分用に購入したいという意向を伝えてきた。

ノーマンは2本のレスポールの希望売却価格として、それぞれ1,500ドルを提示した。
それに対してジョージはノーマンが所持していた1956年のフェンダー・ストラトキャスターも気に入ったので、プラス750ドルで折り合うならそれも買い取りたいと言ってきた。
そして交渉は無事に成立した。

ノーマンは自伝で商売抜きの取引だったことについて、こう述懐している。

当時にしても安過ぎる価格で売却してしまったことは認識していたが、私は自分がジョージ・ハリスンに楽器を売っているのだという事実をまだ信じられずにいた。私の内なるミュージシャン魂が、ぜひ彼に優れた楽器を所有し、そこから素晴らしい音楽を生み出してほしいと望んでいたのだ。


それからもいくつかの段階を経て、最終的に「ルーシー」はジョージの手元へ戻ってきた。
大切なギターと再会してジョージは幸福に満たされたようだったと、ノーマン記したうえでこう結んでいた。

亡くなるまで彼女と共に過ごした彼は、事ある毎にルーシーは誘拐されたと主張した。それがもし本当なら、私は彼女の身代金を払うのを手伝ったことになる。




ちなみにジョージがレス・ポール・スタンダードに「ルーシー」と名付けたのはボディが赤くペイントされていたからで、赤毛の有名なコメディアン、女優のルシル・ボールにあやかったからだという。

それから40年後、ギブソンから「ルーシー」を甦らせたモデル「George Harrison/Eric Clapton 1957 Les Paul Standard “LUCY”」が発売になっている。
製造は全世界で100本、価格は税抜きで1,941,000円だった。






ノーマン・ハリス 『ビンテージ・ギターをビジネスにした男 ノーマン・ハリス自伝』(単行本)
リットーミュージック

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

    関連記事が見つかりません

[Extra便]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑