TAP the LIVE

3大ギタリスト勢ぞろいのご機嫌な一夜

2014.08.05

Pocket
LINEで送る

エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジのいわゆる“3大ギタリスト”が一堂に会したのは1983年9月のこと。

きっかけは元スモール・フェイセズのベーシスト、ロニー・レインによる呼びかけだった。
多発性脳脊髄硬化症という難病に冒されたロニーは、自身の高額な治療費とARMS(多発性硬化症の研究機関)の研究費のためにチャリティー・コンサートを企画する。

9月20日、ロイヤル・アルバート・ホールで催されたARMSコンサートには先述の3人の他に、ブラインド・フェイスやトラフィックを経てソロになったギタリストのスティーヴ・ウィンウッド、そしてローリング・ストーンズからはビル・ワイマンとチャーリー・ワッツなど、錚々たる面々が集まった。

しかし、一番の注目はやはりクラプトン、ベック、ペイジの3人による共演だった。
彼らは1960年代に活動していたバンド、ヤードバーズの歴代ギタリストを務めていたという共通点があり、特にペイジは1980年にレッド・ツェッペリンが解散して以来初めてのステージということもあって世間の関心を集めた。

コンサートはクラプトン、ベック、ペイジの順に登場し、最後に出演者全員による「Tulsa Time」「Layla」「Goodnight, Irene」が演奏された。
クラプトンはこの日のことをこう振り返っている。

「コンサートは素晴らしい雰囲気で、大成功に終わった。我々がこの顔合わせで一緒に演奏するのはこれが初めてだったが、金というよりロニーのためにしていたことだから、最初からエゴを捨てていたので実に楽しかった。」

(「エリック・クラプトン自伝」より)

コンサートに満足した出演者たちはARMSのためにもっと演奏しようということでアメリカ・ツアーを計画し、ダラス、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨークの4都市をツアーで回ることとなる。

Photo by Rock Paper Photo(http://rockpaperphoto.jp/




アームズ・コンサート ~三大ギタリスト夢の競演~ [DVD]
バップ

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the LIVE]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑