TAP the LIVE

ブルース・スプリングスティーンの「天国への扉」を聴いてディランに蘇った原風景

2015.02.24

Pocket
LINEで送る

2015年2月6日。
グラミー賞の2日前となるこの日、ロサンゼルスのコンベンション・センターではボブ・ディランのトリビュート・コンサートが催されていた。

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤーは、グラミー賞を主催するNARAS(ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス)が、芸術的功績と慈善活動の両方に貢献したミュージシャンに送る賞で、2015年はボブ・ディランが受賞したのだ。

ベックによる「ヒョウ皮のふちなし帽 (Leopard skin Pillbox Hat)」で幕を上げたコンサートは、アラニス・モリセットやウィリー・ネルソン、トム・ジョーンズ、ノラ・ジョーンズ、CS&N、ボニー・レイット、ブルース・スプリングスティーン、ニール・ヤングなど、ボブ・ディランの歌に縁がある豪華アーティストたちが次々に出演し、思い思いの気持ちを込めて歌を披露した。

当初予定していた20分を大幅に超えたスピーチも話題となった。ディランは40分にわたるスピーチの中で、自身のキャリアを振り返って支えてくれた人物や影響を受けた人物に感謝を述べ、音楽のルーツに触れながら歌ったり演奏したりするときに最も重要なことを語った。
ボブ・ディラン MusiCares Person Of The Year スピーチ全文


ディランは自身のサイトで後日、スピーチを振り返ってのインタビューを掲載した。その中でブルースとトム・モレロらによって演奏された「天国への扉」について、こう語っている。

ブルースは今まで誰もやらなかったような形で、あの曲からパワーとスピリチュアル性と美しさをすべて引き出したんだ。
アルバムのヴァージョンに本当に忠実だった。明らかに、あのヴァージョンをやりたかったんだろうね。
私はノスタルジックな方じゃないけれど、一瞬すべてが蘇ったよ。
(サム・)ペキンパー(映画監督)、スリム・ピケンズ(俳優)、ケティ・フラド(女 優)、ジェームズ・コバーン(俳優)、デュランゴ(コロラド州)の埃っぽい無法地帯、最初の妻、小さかった頃の子供たち…一瞬蘇ったんだ。それほどパワー を感じた。


Bruce+Springsteen+2015+MusiCares+Person+Year+nOJfIWRVujCl

「天国への扉」は1973年に公開されたサム・ペキンパー監督の映画、『パット・ギャレット&ビリー・ザ・キッド(ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』』の挿入歌として作られた。
西部劇のヒーローとして知られるビリー・ザ・キッドを演じたのはクリス・クリストファーソン、そしてディランも出演している。

pat-garrett-and-billy-the-kid

「天国への扉」が流れるのは物語の中盤だ。
ジェームズ・コバーン扮する保安官のパット・ギャレットは、旧友のビリー・ザ・キッドの行方を探す。
保安官という立場上、町の治安を乱すビリーの存在を野放しにしておくわけにはいかなかったのだ。
パットとスリム・ピケンズ扮するベテラン保安官のベイカー、その夫人との3人でビリーとつながりがあるギャングを訪ねると、激しい銃撃戦になってベイカーが腹部に銃弾による致命傷を負う。
死を悟ったベイカーはおぼつかない足で川に向かって歩き出し、その姿を見た夫人が慌てて後を追う。

マム、このバッジを外してくれないか
もう、必要なくなってしまったんだ
どんどん暗くなってきて、何も見えなくなってきたよ
まるで天国への扉を叩いているみたいだ


バックで流れる「天国への扉」とともに、ベイカー保安官の最期は同映画の中でももっとも印象的なシーンとなった。



ディランがその光景を忘れていたのは映画から切り離されて、「天国への扉」がひとつの歌として多くの人々に愛されてきたからだろう。
数多くのミュージシャンたちにもカヴァーされてきたし、ディラン自身もまた歌詞や歌い方を変えながら歌ってきた。「天国への扉」は時代とともに、形を変えていったのである。
それゆえにオリジナルを意識したブルースの歌が、ディランの記憶を呼び覚まして原風景を蘇らさせるほどの衝撃をもたらしたのだろう。

ブルースはとてもひたむきな男だ。その証拠があのパフォーマンスにはあったよ。みんなの心に、私の心に訴えかけるものがあるんだ。




1995年にはドイツのミュージシャン、ウォルフガング・ニーデッケンとともに「天国への扉」を歌っている



<引用元>
ミュージケアーズでのスピーチの後のインタビューでディラン語る。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the LIVE]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑