TAP the LIVE

炎に包まれて終わりを迎えたキャロルの衝撃的なラスト・コンサート

2016.04.19

Pocket
LINEで送る

人気絶頂にあったロックバンドのキャロルが、解散を発表したのは1974年12月30日のことだった。

矢沢永吉、ジョニー大倉、内海利勝らによって1972年の6月に結成されたキャロルは無名のアマチュアバンドだったが、フジテレビの人気番組『リブ・ヤング』への出演を果たすと一気に注目を集めて人気ロック・バンドになった。

彼らが前面に押し出していたのはデビュー前のビートルズがドイツで巡業していた頃のファッション、すなわちリーゼントと革ジャンだ。

beatles_hamburg

吉田拓郎を筆頭にフォークが市民権を持って若者の人気を集めて、ロックがすっかり息を潜めていた時代に彼らの登場は異質であり、きわめて鮮烈だった。

carol_1st

ところが『リブ・ヤング』出演からわずか2年で、バンドは解散の岐路に立たされることとなる。
メンバーのモチベーションや考え方、やりたいことなどがバラバラになってきている、そう感じた矢沢はメンバーに問いかけた。

「解散するか、もういちど、フンドシしめてやるか、どっちかしかないと思うんだ。しばらく、ひとりひとりが考えてみようぜ」


後日、他の3人はそれぞれ「解散したい」という答えを出した。
これが決定打となって、キャロルは解散発表に至ったのである。

1975年3月16日から始まった「グッドバイ・キャロル」全国ツアーは、解散を惜しむファンが駆けつけてどこも超満員となった。
それまで応援してきてくれたファンの気持ちに応えるために、メンバーは全力を尽くしたがそう簡単に納得してはもらえなかった。
アンコールが止むことはなく、ステージに駆け上がる観客も現れ、終演後はファンに追いかけられるという日々が続いた。

そして4月13日、ツアーは最終日を迎えた。
前日には神田共立講堂でかぐや姫の解散コンサートがあり、涙に包まれたセンチメンタルな幕引きとなった。
だがキャロルのほうは良くも悪くも、まったく対照的なものとなる。
 
雨の降り注ぐ日比谷公会堂には定員をはるかに超えて、およそ7000人ものファンが詰めかけていた。
キャロルが登場するとステージに観客が押し寄せて両者の間には最低限の距離しかないという状況の中、「最後までノッていけよ!」という矢沢の声とともに最後のコンサートの幕が開いた。
メンバーは雨に濡れながら渾身のパフォーマンスを披露し、会場は異様な熱気に包まれていった。

事件が起きたのは最後の曲「ルイジアンナ」が終わった直後だ。
突如爆竹の音が無数に鳴り響いたかと思うと、ステージが燃え始めたのだ。

ファンの一部は演出だと思ったようだが、これは完全に想定外のトラブルだった。
本来ならば爆竹による演出ともにセットが倒れるはずだったのだが、予定通りにセットが倒れなかったために爆竹の熱で燃えてしまった。

ステージが火に包まれるという衝撃的な光景とともに、キャロルの歴史は幕を閉じたのだった。



参考文献:
『暴力青春 キャロル-最後の言葉』キャロル著(KKベストセラーズ)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the LIVE]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑