「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the LIVE

ジミ・ヘンドリックスが初めてギターを燃やした日

2016.03.31

Pocket
LINEで送る

歯でギターを弾いたり背面でギターを弾いたりと、数多くの衝撃的なパフォーマンスを生み出したジミ・ヘンドリックス。
中でも有名なギターを燃やすパフォーマンスが生まれたのは1967年3月31日のことだ。

その日、ロンドンのとあるライブハウスでは、ウォーカー・ブラザーズの解散ツアーが初日を迎えていた。
前座として出演するバンドの中には、ジミ・ヘンドリックス&エクスペリエンスの名も連なっていた。

jimihendrix900x450

アメリカ北西部のワシントン州で育ったジミは当時から、すでに誰も寄せ付けない神業的なギターの腕前だった。
だが、黒人差別が根強く残っていたアメリカよりも、イギリスのほうが受け入れられやすいだろうという理由から、前年の9月に活動の拠点をニュヨークからロンドンに移していた。

この日はエンゲルベルト・フンパーディンクとキャット・スティーヴンスという、名のあるアーティストたちだった。


(写真は左からジミ・ヘンドリックス、キャット・スティーヴンス、げいりー・ウォーカー、エンゲルベルト・フンパーディンク)

まだ無名だったジミはどうすればライブをもっと盛り上げられるかと、出番を待つ合間にスタッフと楽屋で話し合っていた。

「もしジミがギターに火を点けたらどうなるだろうね(笑)」


ジミの広報を担当していたキース・アルサムは冗談のつもりで言ったのだが、「それは悪くない」ということでジミは早速、スタッフにライターを買いに行かせたという。

その日の夜、ジミのライブは「Foxy Lady」から始まり、「Can You See Me」、「Hey Joe」、「Purple Haze(紫の煙)」と続いた。
そして最後の曲、その名も「Fire」で伝説のパフォーマンスは生まれた。

俺が熱望するものはたった一つ

お前の火で卒倒させてくれ


曲が終わろうというところで、ついにジミはギターに火を点けた。
前代未聞のパフォーマンスを目の当たりにして、観客が唖然としたのは言うまでもない。
このとき手に軽い火傷を負ったジミは出番が終わると、すぐに病院に向かったという。

この事件によってジミの名はさらに広まり、6月にはポール・マッカートニーの推薦もあってアメリカ最大のフェス、モンタレー・ポップ・フェスティバルに出演することになる。

そこで圧倒的なライブ・パフォーマンスを披露するとともに、再びギターに火を点けたことによってジミ・ヘンドリックスは伝説になっていくのである。


(2013年11月19日に公開/2015年3月31日に改訂)

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the LIVE]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ