街の歌

オー・シャンゼリゼ〜ロンドンで誕生したメロディーが辿った運命、そもそもフレンチポップでもシャンソンでもなかった!?〜

2016.11.06

Pocket
LINEで送る


「Les Champs-Élysées 」/フランス語訳:ピエール・ドラノエ

僕は通りを散歩した
知らない人に心を開き
「こんにちは」と言いたかったんだ
誰にでもね
だからたまたま君にもあいさつしたってわけさ
君と適当な話題でおしゃべりしたね
僕達が知り合うにはそれで充分だったんだ

シャンゼリゼ通りにて…
晴れの日も、雨の日も、昼間も、真夜中も
欲しいものはみんなシャンゼリゼ通りにあるのさ

君は僕に言った
「地下室でちょっとおかしな人達と約束があるの」
「夕方から朝までずっとギターを弾いてる人達なんだけど」
だから僕は君について行ったよ
みんなで歌って踊って
キスをすることすら忘れてしまうくらいだった

シャンゼリゼ通りにて…
晴れの日も、雨の日も、昼間も、真夜中も
欲しいものはみんなシャンゼリゼ通りにあるのさ

きのうの夜は見知らぬ二人だったのに
今朝は通りで浮かれた気分で過ごしている恋人同士
長かった夜のせいだね
エトワール広場からコンコルド広場まで
千の弦のオーケストラのように
夜明けに鳥たちがそろって愛の歌を歌うのさ

シャンゼリゼ通りにて…
晴れの日も、雨の日も、昼間も、真夜中も
欲しいものはみんなシャンゼリゼ通りにあるのさ



誰もが一度は耳にしたことがあるだろう、このポップなメロディー。
「オー・シャンゼリゼ(原題:Les Champs-Élysées)」は、パリのシャンゼリゼ通りをモチーフとした歌曲として広く知られている。
1969年にニューヨーク生まれ人気歌手ジョー・ダッサンが大ヒットさせて世の中に定着した。
日本では、1971年に“歌うフランス人形”として売り出されたモロッコ生まれのフランス人歌手ダニエル・ビダルが唄ったバージョンが大ヒットを記録する。
この歌の日本語訳では安井かずみのものが有名だが、当時シャンソン歌手として人気絶頂だった越路吹雪が歌った岩谷時子の訳詞もまた秀逸である。
最近では、人気シンガーソングライターの奇妙礼太郎が、スズキ自動車“ショコラ”のCMで歌ったバージョンが注目を集めた。



この歌の誕生のきっかけを紐解いてゆくと…なんと!?そもそも歌詞の舞台はパリでもなければ、フランスで産まれた曲でもないというのだ。
一体この歌はどんな風にして誕生し、どんな運命を辿ってきたのだろう?


──それは1968年の出来事だった。
イギリスのロンドンにJason Crest(ジェイソン・クレスト)というバンドがいた。
サイケデリック路線で売り出そうとしてはいたものの…今ひとつ方向性を見出せないまま燻っていた。
当時、そんな“鳴かず飛ばず”のバンドのプロデューサーを担当していたのが、フリッツ・フライヤーという男だった。
彼は後にモーター・ヘッドなどのプロデューサーとして名を馳せた人物でもある。
ある日、フリッツはジェイソン・クレストの作曲能力に限界を感じ、かつて自分が在籍していたバンドThe Four Pennies(ザ・フォー・ペニーズ)のメンバーだったマイク・ウィルシュと、ミュージシャン仲間のマイク・ディーガンの二人に楽曲を発注した。
そこで出来上がってきた「Waterloo Road」という楽曲が、ジェイソン・クレストの4thシングルとして発表された。


「Waterloo Road」/作詞作曲:マイク・ウィルシュ&マイク・ディーガン

今日通りを歩いていたら
女の子を見かけたんだ
どこに行くのか訪ねたら
「一緒に来たら?」と誘ってくれた
そうしてこの大通りを歩いて来たら
彼女の友達と会ったのさ
僕らはちょっと立ち止まって話をして
そうして時間をつぶしたんだ

ウォータールー通りをぶらつくと… 
金曜の夜でも、土曜でも、夜でも、昼でも
君が探しているものが見つかるよ

地下室を降りたところで
陽気な連中と出会ったのさ
一晩中ギターでケーキウォーク(※)を演奏してね
引っかくような弾き方だけど
彼の作り出す音はイカしてたんだ
だから僕達は一晩中彼と一緒にこの歌を唄ったのさ

ウォータールー通りをぶらつくと… 
金曜の夜でも、土曜でも、夜でも、昼でも
君が探しているものが見つかるよ

小鳥達がピーピー鳴いて
僕達はちょっと眠たくなった
夜明けが近づいて月は空から消えていった
でもまだ気分は昨日の騒ぎから抜け切れない
歌声が耳に残っている
大通りを歩きながらこの歌をうたうのさ

ウォータールー通りをぶらつくと… 
金曜の夜でも、土曜でも、夜でも、昼でも
君が探しているものが見つかるよ

(※「ケークウォーク」とは、19世紀末にアメリカ合衆国南部で生まれた黒人ダンスの一種)


この曲がイギリスでリリースされた当時、ジョー・ダッサンというニューヨーク生まれのフランス人歌手がロンドンに滞在していた。
ジョー・ダッサンは、たまたま耳にしたこの曲を気に入って、自分が歌うためにフランスのシャンソン作詞家ピエール・ドラノエに訳詞を発注した。
ピエールはロンドンの“ウォータールー通り”を舞台として書かれていた歌詞を、パリの“シャンゼリゼ通り”に差し換えて「オー・シャンゼリゼ」というタイトルをつけた。
1969年、そっくりそのままのメロディーにのせたフランス語歌詞でジョー・ダッサンが発表したところ、全仏でNo.1になる大ヒットを記録する。
原曲を歌ったジェイソン・クレストも、これを機にチャンスを掴めると思いきや…「オー・シャンゼリゼ」がヒットした後も表舞台に立つことなくあえなく解散。

──ロンドンの売れないバンドが歌ったメロディーを、ニューヨーク生まれの人気歌手がフランス人の訳詞家による仏語バージョンを唄って大ヒットさせる。
日本ではモロッコ生まれのフランス人アイドル歌手や和製シャンソン歌手が唄って広めた。
ひとつのメロディーが辿った不思議な巡り合わせから、あらためて“歌のチカラ”を知ることとなった。


Aux Champs-Élysées
Aux Champs-Élysées
Au soleil, sous la pluie
À midi ou à minuit
Il y a tout ce que vous voulez
Aux Champs-Élysées*

シャンゼリゼ通りにて…
晴れの日も、雨の日も、昼間も、真夜中も
欲しいものはみんなシャンゼリゼ通りにあるのさ


ちなみにサビで連呼される「オー」の部分は英語の「Oh!」と思われがちだが、実はフランス語でAux Chanps-Elysées と書いて「シャンゼリゼ通りにて」を意味するà + les 「〜にて」の縮約auxのことだという。


「オー・シャンゼリゼ」/日本語訳:岩谷時子

ひとりで街をブラブラしながら 
話しかけたいな「こんにちは」
相手は誰でも あなたでもいい 
私のとりこにしてみたいな

オー・シャンゼリゼ 
オー・シャンゼリゼ
欲しいものが昼も夜中も 
ここにはあるよ オー・シャンゼリゼ

頭のおかしい男がギターを 
弾いてる店など いいじゃない
踊って 歌って それも飽きたら 
穴倉のバーへ出かけよう

オー・シャンゼリゼ 
オー・シャンゼリゼ
欲しいものが昼も夜中も 
ここにはあるよ オー・シャンゼリゼ

きのうは顔も知らない二人が 
ぼんやりしてる街の朝
早起き雀が高い屋根から 
恋人たちに愛を歌う

オー・シャンゼリゼ 
オー・シャンゼリゼ
欲しいものが昼も夜中も 
ここにはあるよ オー・シャンゼリゼ



Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[街の歌]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑