「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

街の歌

東京の歌〜社会派シンガーソングライターの目に映ったTOKYOの風景

2020.07.15

Pocket
LINEで送る

♪「Tokyo 」/ブルース・コバーン

ブルース・コバーン(Bruce Cockburn)というシンガー・ソングライター/ギタリストを知っているだろうか?
誠実で美しい歌を作り続けているカナダの偉才で、そのキャリアは40年以上となる。
1970年のデビューから10年ほどは、自然の美しさを描きながら“精神的な旅”や“哲学的な思索”をテーマにした曲を書いていた。
80年代に入ってからは政治社会問題を取り上げ、世の不正を告発するメッセージを放つようになる。
環境破壊問題や放置・残留地雷問題を解決するための活動にも精力的に取り組み、モザンビーク、ベトナム、アパルトヘイト時代の南アフリカ、そしてニカラグア紛争地帯にまで実際に足を運んで作品を発表している孤高のアーティストだ。

そんな彼が今から37年前の1979年、二度目の来日ツアーで東京を訪れた。
そして帰国の飛行機の中で、滞在時のスナップ写真を整理するような感覚で一曲の新曲を書いたという。
歌詞を綴ったノートの端には“Tokyo, September 15/79”と記されていた。
それは、ちょうど自身の作風に大きな変化が起き初めていた頃の出来事だった。
彼の目に映った「Tokyo」は“こんな街”として綴られた。

川のような車の流れ
騒音と煙とコンクリート
パチンコのジングル
コミック本の暴力描写
吹き出す蒸気
壁に立ちションしているサラリーマン
排気ガスでハイになってるドライバー
詐欺師のキツネ
エネルギーと忍耐と金の力


CockburnBruce003
この曲が書かれた1979年、日本の若者達が熱狂していた歌といえば…西城秀樹の「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」、サザンオールスターズの「いとしのエリー」、ゴダイゴの「ガンダーラ」、山口百恵の「いい日旅立ち」、甲斐バンド「HERO(ヒーローになる時、それは今)」などなど。

そんな時代から時が流れ…
経済優先社会の光と影。
次世代に引き渡す日本の未来。
解決しなければならないことは山積みだ。

20080514200031 のコピー

ブルース・コバーン『Anything Anytime Anywhere(Singles 1979-2002)』
2002/True North





こちらのコラムの「書き手」である佐々木モトアキの音楽活動情報です♪
宜しくお願い致します。


新作ミニアルバム『You』のタイトルナンバー「You」のミュージックビデオです♪
映像編集、ポートレート(写真)撮影共に、佐々木モトアキ本人が手掛けております。
とてもシンプルな技法ですが、何よりも登場する皆さんの表情が素敵です✨
人が“目を閉じている”表情。
その“瞼(まぶた)に浮かんでいる”誰かの顔。
繋がってゆく“一人ひとりの想い”が、100通りの、いや1000通りのドラマを描いてくれています。

「どんなに離れていても 何度生まれ変わっても 僕らは巡り逢う」

2020年4月22日リリース!!!
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12572525158.html

唄うたい佐々木モトアキの新曲「You」、山善の秀作「一本の赤い薔薇」のカヴァーを含む珠玉の作品集。
遠く離れて暮らす大切な人、男の友情、忘れられない場面、誰かの溜め息、出逢えた奇蹟、長く曲がりくねった道、喜びと悲しみ…どうしようもないこと。
7篇の歌物語に心を重ねて、あなたの大切な人(You)の名前を呼んでみてください。




【佐々木モトアキ独り唄いTOUR“歌ものがたり2020”春夏】

■7月18日(土)岩手(二戸) HOUSE OF PICNIC
■7月19日(日)秋田(能代) ハックルベリー 
■8月1日(土)群馬(渋川) Casa Midori
■8月22日(土)大阪 新世界ヤンチャーズ
■8月23日(日)徳島 デラシネ 
■8月24日(月)東広島 pasta amare
■8月28日(金)福岡 Bar KINGBEE
■8月29日(土)大牟田 陽炎
■8月30日(日)佐賀 RAG-G〜Que Sera ,Sera Vol.3〜

↓チケットご予約&公演詳細はこちら
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12576468028.html

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[街の歌]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ