TAP the NEWS

Desperado〜あなたを諭してくれる歌〜

2014.06.22

Pocket
LINEで送る

リンダ・ロンシュタット、パーキンソン病にかかり「もう歌えない」と発表(rockin’on RO69より)

♪「Desperado(ならず者)」/リンダ・ロンシュタット


デスペラード どうして目を覚まさないの?
ずいぶんと長い間フェンスに座ったままで
頑固な人ね
あなたなりの理由があると思うけど
あなたのやっていることが
時にはあなた自身を傷つけてしまうことだってあるんだから


1971年のこと。
日本では、小柳ルミ子の「わたしの城下町」がNo.1ヒット曲として流行していた頃。
当時、アメリカ西海岸で新星歌手として注目を集めていたリンダ・ロンシュタットのバックバンド(Linda Ronstadt & Her Band )編成のために腕利きのミュージシャン達が集められた。
数ヶ月後、彼らは“イーグルス”としてデビューを果たし、翌年には、いきなりシングルヒットを記録する。
そして1973年、彼らは“珠玉のバラード”を世に放った。
その歌は後に、多くのミュージシャン達に歌い継がれてゆくこととなる。

♪「Desperado(ならず者)」/イーグルス


リンダ・ロンシュタットは、その名曲「Desperado(ならず者)」を誰よりも早く自身のアルバムに収録して発表した。
この頃、リンダはジョニー・キャッシュの刑務所慰問コンサートで歌うようになっていた。
まだ二十代の彼女が、この歌を優しく諭ように囚人たちに捧げたのだ。

ダイヤのクイーンなんて引いちゃだめよ、あなたには荷が重すぎるから
ハートのクイーンが一番だってことは知っているんでしょ?
テーブルに並んでいるものが私には一番に見えるけど
あなたが欲しがるものは手に入らないカードばかり


Poker gambling cards
トランプの絵柄でダイヤは“貨幣”、そしてハートは“聖杯”もしくは“愛”の象徴と云われている。
「お金より大事なものがあるのよ」
そんなメッセージと共に、彼女の歌声は今も色褪せることなく…
曲の誕生から約40年後の“いま”を生きる私達を諭してくれているようにも聴こえる。
同曲はジョニー・キャッシュも晩年にレコーディングし、素晴らしいテイクを遺している。



さて、今週は「あなたを諭してくれる歌」「大事なことに気づかせてくれる一曲」を紹介して下さい♪
皆様からのコメント欄への投稿をお待ちしております。
洋楽・邦楽・性別・世代を超えて“音楽と出逢う”歓びを、皆さんで分かち合いませんか?
「私ならこの一曲!」
YouTube動画のURLをコメント欄に貼付けて、歌詞の内容や選曲理由と共に「一曲」聴かせて下さい。
投稿方法がわからない方は、直接メッセージでご返信(メール投稿)下さい。
曲名/アーティスト名と選曲理由だけの投稿でもかまいません。
info@tapthepop.net
コメント欄の方へ代理投稿させていただきます。
宜しくお願い致します。


Linda+Ronstadt+-+Don't+Cry+Now+-+LP+RECORD-347448
リンダ・ロンシュタット
『Don’t Cry Now』
(1973/ Asylum Records)

c66e0be5
イーグルス『Desperado』
(1973/ Asylum Records)

Johnny Cash『American 4: The Man Comes Around』
(2002/Lost Highway)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEWS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑