TAP the NEWS

愛に溢れた歌〜First Day Of My Life〜

2014.08.24

Pocket
LINEで送る

♪「First Day Of My Life」/ブライト・アイズ


これは僕にとって“人生の最初の日”
神様に誓うよ
僕は玄関で生まれたんだよ
雨の中に飛び出していってビーチでブランケットを広げていたら
突然何もかもが一変したんだ


君は僕が最初に目にした人なんだ
君に会うまで僕はきっと何も見えていなかったんだよ
自分がどこにいるのかわからないし
今まで何をしてきたのかさえ分からなくなったけど
僕は自分がどうしたいのかは分かるんだ


ブルース・スプリングスティーンも認め“ネクスト・ボブ・ディラン”と賞賛されたアメリカの若手アーティストが25歳の時に紡いだ名曲をご紹介します。
この曲のミュージックビデオは、伝説のロックミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の原案者でもあるジョン・キャメロン・ ミッチェル監督が手掛けたもの。

若者、中年、老人、同性愛者。
様々なカップル達、様々な人種、家族、親子。
新しい命を授かった妊婦、飼い主を想う犬、亡くした相手を想う人…。
この映像のすべてに愛が溢れている。
この歌をヘッドフォンやイヤフォンで聴いていると、ミュージックビデオの登場人物の一人になったような体験ができます♪
思わず涙してしまいそうな“愛に溢れた歌”を、あなたなら誰と聴きたいですか?

ConorArticle
「その歌声は傷ついた天使のようだ」とイギリスのNME誌で評された美しく繊細なメロディと詞と歌唱でボブ・ディランやニール・ヤングら、偉大なソングライターの後継者として注目を集めるブライト・アイズ
1995年からコナー・オバースト(現在34歳)のソロプロジェクトとして活動をスタートさせ、フォーク・カントリー主体のシンプルなサウンドを“売り”としてきた彼等。
2011年からは音楽プロデューサーでもあるマイク・モギス、ネイト・ウォルコットを正式なバンドメンバーとして迎え入れて、その音楽性をさらに進化させている。

And so I thought I’d let you know
That these things take forever
I especially am slow
But I realized that I need you
And I wondered if I could come home

だから君に知って欲しかったんだ
ずっとこういった事が続くってことを
僕は本当にのろまだけど
でも、僕には君が必要だってことに気づいたんだ
そして僕は家まで帰れるのかな…


bright_eyes1
ネブラスカ州オマハで生まれたコナーは、13歳のときから音楽制作を始めた。
若者特有の震えるような歌声と、難解な絵画を描くような歌詞で紡がれる物語は彼の非凡な才能を証明するのに十分であり、それゆえに中期のボブ・ディランを彷彿とさせるが、それはよくあるモノマネや亜流とは全く一線を画する。
彼の創作意欲は尽きることなく、近年ではエレクトロニクスを使った実験的な側面も見せているという。


一晩中車を走らせていた時のことを覚えてる?
ただ僕に朝会いに来るためにね
「何もかもが一変したわ」って、君も言ってたね
僕は少し不思議に思ったけど
君も目覚めたような感じだったんだよね
そして君はこうも言ったんだ
「これは私にとって人生の最初の日なの」
君と逢うまで死ななくて本当によかったと思う
でも今は不思議だとは思わないよ
君と一緒なら僕は何処にいたってきっと幸せなはず


もしも君が僕と一緒にいたいなら
何も言葉にする必要なんてないよ
じっと待ってどうなるか確かめればいいんだ
だけど僕は宝くじで当たるのを待つよりも
給料のために仕事を優先するだろう
それにもしかすると、また状況が変わってくるのかもしれないしね
僕が本当に言いたいことは…
「君って僕のことが好きなんだね♡」



bright-eyes-128-l

ブライト・アイズ
『I’m Wide Awake,It’s Morning』

(2005/Saddle Creek)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the NEWS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑